田村英里子一覧

【田村英里子】に関するニュースを集めたページです。

グラドル必携アイテム「ニット」 注目の着用グラドル
グラドル必携アイテム「ニット」 注目の着用グラドル
 ニット衣装は水着とともに、今やグラドルのイメージDVDに欠かせないアイテムとなっている。アダルトメディア研究家の安田理央氏は、巨乳アナとして知られる古瀬絵理と柴田倫代らの名を挙げ「彼女たちは知名度もあり、現在の着衣巨乳・ニット乳の元祖といえます。そこで人々は隠されているのに巨乳が目立ってしまうニットの魔力に気付いたんでしょうね」と語る。 スタイリストたちはいかに奇抜でセクシーなニットを用意するかを競い合っており、そのバリエーションは豊富だ。注目すべきニットを着用するグラドルを編集部で選んでみた。 ノースリーブ部門では、Kカップグラドル・AKOのニット巨乳を選出した。タイトなノースリーブニットに、はち切れんばかりの110cm爆乳の組み合わせはインパクト絶大だ。 続いてはカーディガン部門。元AKB48の板野友美の妹、成美が選ばれた。「実際に恋人になって一緒に過ごしたら、こんな姿が見られるかも……というリアル感のある妄想の具現化ですね」(アイドルウォッチャー・北川昌弘氏) 同じくカーディガンから派生したニットとして、伏美亜里紗が着用した衣装が目を引いた。リアリティよりもインパクト重視な衣装が多かったのも、この部門の特徴であった。 古くは田村英里子がカレンダーで着用して話題になった、背中が大きく開いたワンピースセーターは2016年頃から注目され、グラビア界では人気の高い衣装となっている。キャラにかかわらずセクシーさを醸し出せるのが支持されている大きな理由だ。手束真知子と星野めいが上手に着こなしている。 透けニット部門では、バスト100cm超の爆乳を持つ、ふわみんの白ニット姿を推す。女子大生風の露出を抑えた私服のイメージながら、豊満なバストがクッキリと透けて見える姿は、男の妄想を最大限に掻き立てる着衣エロの醍醐味と言えるであろう。 胸あきニット部門は“はみ乳クイーン”と称される松川悠菜。「こちらの衣装も良いですが、イベントで取材した時の方がもっとインパクトがありました。巨乳という武器を見せるのが控えめのように思えます」(北川氏) イベントに参加すれば、グラドルのニット巨乳を直に拝める可能性も高い。今後もグラビア界の「ニット熱」は高まりそうだ。※週刊ポスト2019年11月1日号
2019.10.23 16:00
週刊ポスト
松田聖子や酒井法子を輩出した事務所が人気者を量産できた理由
松田聖子や酒井法子を輩出した事務所が人気者を量産できた理由
 11月27日、50周年を迎える芸能事務所・サンミュージックの第一号タレントとなった森田健作は、創業時から事務所を支え、故・相澤秀禎会長とともに同社を立ち上げた福田時雄名誉顧問が見出し、外交官志望だった彼を熱心に説得したデビューにこぎ着けた。その後、数多くの歌手やタレントを送り出し、なかでも桜田淳子、香坂みゆき、松田聖子など人気アイドルを次々と“量産”し続けている。福田氏が、人気アイドルたちのデビュー当時を振り返る──。 1980年4月に松田聖子がデビュー、2曲目の『青い珊瑚礁』が大ヒットし「ポスト山口百恵」の座を射止めたが、事務所は手を緩めず、1982年の早見優、1984年の岡田有希子、1987年には酒井法子と人気者を育て、女性アイドル王国を築いた。「売れる子は、名台詞を残していますね。早見優のデビューの年は本当に新人豊作の年で、暮れの賞レースも熾烈でした。優も様々な新人賞をいただいていましたが、横浜音楽祭では落選してしまった。当然スタッフも含めて取れるものと思っていました。終了後、優を励まそうとレコード会社のスタッフと一緒に食事に行った時に、優が『挨拶したい』と言ったんです。『今日私は新人賞を取れると思っていたので、悔しくてトイレで泣きました。でも鏡に映った顔を見て、自分が思い上がっていることに気づきました。心を入れかえて、頑張ります』と。これは燃えましたね。日本レコード大賞新人賞に必ず入れると。 有希子はレコード会社の挨拶回りをした時、『恋人のいらっしゃる方は半分、奥様のいらっしゃる方は3分の1で結構です。私に愛情をください』と言ったんですよ。すると、一人の男性社員が『僕は女房も恋人もいないから100%注ぎます!』と叫んで大いに盛り上がりました」 1989年、清水美砂は知り合いの娘で、「芸能界は甘くないと説教して」と頼まれていたのに、会ったら、綺麗な娘で思わずスカウトしてしまった。NHK連続テレビ小説『青春家族』でヒロインに抜擢された際には、最終選考で「自分の一番良いところを見せてください」というお題に対し、髪を束ねて後ろを向いてから振り返り、「見返り美人です」とアドリブを繰り出した。「機転の利く子でしたね。この頃から音楽祭の視聴率が下がってきて、歌番組も姿を消していった。歌手中心の事務所だから、苦しかった。でも、ウチは不思議と救世主が現われるんですよ」 同年には田村英里子がデビュー。翌年、大胆なショットのカレンダーで話題になった。「茨城の勝田に出向いて、反対する親を何とか説得しました。彼女は『一生忘れません』と感謝してくれました。度胸もあるし、感性が優れた子でしたね」 テレビ界の流れに沿うように、1990年代は女優に活路を見出していった。桜井幸子は1990年に歌手デビューしたが、女優業にシフトすると『高校教師』『未成年』などがヒット。安達祐実は『家なき子』で一世を風靡し、酒井法子は『星の金貨』でアイドルから女優への転換を果たした。「事務所がピンチになっても、相澤は『福ちゃんね、失敗したらさ、また最初から2人でやろうや』とよく言っていた。『平気だよ』が口癖でしたね。肝が据わっていた。それに、タレントのことを本当に愛していましたね。松田聖子がアメリカ進出したいと言ったら英会話を学び始め、酒井法子の中国公演が決まると中国語を習い出していた」◆相澤会長が最後に見つけたベッキーという原石 2000年代に入ると、バラエティタレントが事務所を支える。その中心的存在となったのが、相澤が最後にスカウトしたタレントであるベッキーだ。1998年、下着メーカーのオーディションに出場すると、審査員をしていた相澤と福田の目に留まり、「サンミュージック賞」を授与した。「終了後の控え室でコーヒーが出された時、『飲む習慣がないので、申し訳ありません』と丁重に断わったんですよ。普通、中学生がそんな言い方しないですよ。聖子にしても、売れる子は親のしつけがきちんとしていますね」 2013年5月、相澤が逝去する2日前、1971年にデビューするも鳴かず飛ばずに終わった中森重樹が病院を訪ねてきた。相澤はか細い声で「俺と出会って幸せだったか」と尋ねた。中森は「幸せだから、ここにいるんですよ」と手を握りしめた。「40数年前、無理やり佐渡から連れてきてたことを最後まで気にしていたんだなと……。普通は恨むのに、重樹は毎年正月、相澤に挨拶しに行っていたそうです」 デビューの頃、中森は相澤の手首に巻かれたロレックスを見て「俺も欲しいな」と呟いた。すると、「若造のする時計じゃない。男が一生懸命働いて、ご褒美に買うものだ。毎月貯金をして50過ぎたらにしろ」と説かれた。 その日、中森が「52歳で買いました」と高級品を見せると、ベッドに横たわる相澤は笑顔で頷き、再び眠りについた。 サンミュージック──戦後芸能史に残る名物事務所の半世紀には、タレントとスタッフの絆を示す知られざるエピソードが隠されていた。取材・文■岡野誠※週刊ポスト2018年11月30日号
2018.11.22 07:00
週刊ポスト
2018年のグラビアニュース1位は
2017年重大ニュース【グラビア】田村英里子の伝説が甦る
 2017年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2017年の「重大ニュース」を厳選した。 ここでは【グラビア】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)●グラビア編1~3位【1位】■田村英里子ロス発インタビュー、伝説カレンダーを振り返る(7月)「インターネットに掲載された情報の大部分はここ15年ほどの出来事ですが、田村英里子さんが活躍していたのはそれ以前のこと。ネットにはそれほど情報がないまでも、一時代を築いた人にまつわる情報というのは、これからも出していきたいものだ、と改めて思うほどたくさんアクセスされた記事となりました」【2位】■橋本マナミ、19歳時の未公開フォト発掘に「恥ずかしい…」(4月)「30代になり、アンニュイさと大人の色気を体全体から醸し出している橋本さんですが、健康的かつ明るい雰囲気に満ちた写真を4枚紹介しています。雰囲気は異なるものの、当時から美人であることには変わらないな、と思う方も多いでしょう」【3位】■本当はスゴイ? 女子アナ「隠れ巨乳」列伝、局アナ編(10月)「このような企画が成立する理由は、“女子アナの胸は小さいもの”という世間の思い込みがあるからではないでしょうか。これは“高学歴女性なのに胸が大きい”的な話にも繋がってきて、若干世間の偏った目も感じてしまうところがあります。ネットでは過去に“美人すぎる海女”や“美人過ぎる市議”などが話題になりましたが、職業に対する偏った見方も残っているのでしょうね……」【4位】■ベルフィー女子の憧れ キャンディちゃんが美の極意を語る(11月)【5位】■バスト100cm超グラドル4人「胸が大きいゆえの悩み」まとめ(6月)【6位】■上原さくら、衝撃の美ボディ披露 「Age means nothing!」(4月)【7位】■古瀬絵理が語る「手ブラの撮影でニップレスはするのか」(11月)【8位】■乃木坂・西野七瀬×生田絵梨花 映画『あさひなぐ』撮影秘話(9月)【9位】■“カープ女子”菜乃花 Iカップを見せつけ「かわいいじゃろ?」(8月)【10位】■美人雀士5人のビキニ姿まとめ(3月)
2017.12.30 16:00
NEWSポストセブン
田村英里子 10代の時の「ハイレグ」撮影を振り返る
田村英里子 10代の時の「ハイレグ」撮影を振り返る
 アイドル絶頂時の10代の時に、鋭いVラインの写真を披露して話題になった田村英里子。現在は米・ロサンゼルスに住む彼女が、その当時を振り返る。 * * * 撮影当時、「ハイレグ」という言葉を知らずに着ていたので、後で「あんなハイレグを着て」と言われて、「そうなんだ、気をつけなくちゃ」と思ったことを覚えています。私自身は、ハイレグの水着を着ているという認識が正直ありませんでした。それよりも撮影場所の海が綺麗なことが印象に残っています。10代の子供でしたし、恥ずかしいといった思いもありませんでした。 今もプールで泳ぐ時は、当然水着になります! 水泳をするのに抵抗の少ないシンプルなデザインのものが多いですね。プールだけじゃなく、ロサンゼルスのビーチをティちゃん(ヨークシャーテリア、9歳)とお散歩する時も、水着の上にビーチウェアを羽織っています。日本と違って普段着としてビーチウェアを着る機会があるので、今の方がむしろ、10代の頃より身体のラインは気にしているかもしれません。 そういえば、先日、ハワイで洋服のまま海に飛び込んでしまいました。ティちゃんが海を見て突然飛び込んだので、ママである私も一緒に飛び込むことになったからです(笑い)。波が高くて全身ずぶ濡れになりましたが、もう諦めて、ティちゃんと泳ぎを楽しみました。●たむら・えりこ/1月16日、茨城県生まれ、幼少期をヨーロッパ・ドイツで過ごす。帰国後、東映『花の降る午後』で映画デビュー。16歳で日本レコード大賞新人賞など多数受賞する。NHK大河ドラマ『秀吉』、東映『首領を殺った男』などで女優としても活躍後、2000年に単身渡米。2007年ドラマ『HEROES』ではヤエコ役を好演し全米で注目を浴びる。2009年映画『DRAGONBALL EVOLUTION』、ドラマ『REAPER』で活躍。米国ロサンゼルス在住。今回掲載の写真は『IMPRESSION』(1991年、音楽専科社刊)から厳選したもの。◆撮影/野村誠一※週刊ポスト2017年11月24日号
2017.11.15 07:00
週刊ポスト
田村英里子ロス発インタビュー、伝説カレンダーを振り返る
田村英里子ロス発インタビュー、伝説カレンダーを振り返る
 女性アイドルの写真集やグラビアが話題になることはあっても、カレンダーがこれほど話題になったことはないだろう。アイドル絶頂期の1991年にカレンダーで半裸姿を披露した田村英里子が、伝説の仰天ショットについて振り返る。 * * * デビューのきっかけになったラジオ番組『決定!全日本歌謡選抜』(文化放送)のオーディション企画「スターは君だ!」でグランプリをいただいた時は本当に驚きました。後で「他の子が優勝するはずだった」と聞いて、「優勝する人って、決まっているんだ」と子供ながらに思ったものです。 このカレンダーがなぜ大きな話題になったか、今でも正直わかりません。私は2人姉妹だったせいか、いまだに男性の心理がよくわからないのです。当時は毎日仕事が夜中まであって、休みも取れず疲れ切っていました。それでも、このカレンダーがきっかけで人気番組に呼んでいただく機会が増えて、大人の女性として扱われることへの戸惑いを感じながら、その期待に応えようと一生懸命でした。 ハリウッドでの経験は『ハリウッド・ドリーム』という本に書きました。あの本を出した時点で私の中で一つの区切りがついたというのが実感です。今はヨークシャーテリアの愛犬ティファニーとロスでゆったりした生活を送っています。クッシング症候群の疾患を持つ“ティちゃん”のために、食事はすべて手作り。ティちゃんのために生きていると言っても過言ではありません(笑い)。【プロフィール】たむら・えりこ/1月16日、茨城県生まれ、幼少期をヨーロッパ・ドイツで過ごす。帰国後、東映『花の降る午後』で映画デビュー。16歳で日本レコード大賞新人賞など多数受賞する。NHK大河ドラマ『秀吉』、東映『首領を殺った男』などで女優としても活躍後、2000年に単身渡米。2007年ドラマ『HEROES』ではヤエコ役を好演し全米で注目を浴びる。2009年映画『DRAGONBALL  EVOLUTION』、ドラマ『REAPER』で活躍。米国ロスアンゼルス在住。撮影■野村誠一※週刊ポスト2017年7月14日号
2017.07.04 07:00
週刊ポスト

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン