田中邦衛一覧/3ページ

【田中邦衛】に関するニュースを集めたページです。

ものまねが美顔効果ありと注目のコロッケ
コロッケのものまね 美顔効果があると女性から注目集まる
 55才になった今も第一線で活躍を続けているコロッケ。ものまね一筋何十年、最近、注目され始めたのはものまねの意外な効果だった。コラムニストのペリー荻野さんが連載「ちゃんねる道中」で綴る。 * * * ものまね界にも続々と新人が増えているが、やっぱり「すごい」と思えるのがベテラン陣。中でもコロッケのものまねが、美顔に効果があると評判だ。 なにしろ口角の上げ下げだけで、軽く5センチは動く柔軟な表情筋の持ち主。本人いわく「年間1000回以上は動かしているのでエクササイズはバッチリ」で、55歳にしては首のしわがほとんどない。私も何度かご本人にインタビューしたことがあったが、確かに首も含めて、全体にしわがなく、頬はふっくら、眉毛もくっきり。画面で見る以上に顔全体に立体感があるのだ。その立体感は「彫りが深い顔」というのとは微妙に違うのがミソ。おそらく、顔の筋肉を日々鍛えたことによる「表情筋マッチョ」なのだと思う。  コロッケは昨年、長年の経験をまとめた『ものまね表情筋エステ』(双葉社)という本を出版。その効果が若い女性にも注目され、女性ファッション雑誌でも紹介されている。「ひょっとこ田中邦衛顔」などとイラスト入りで解説されていたが、お洒落なファッション誌にひょっとこ田中邦衛が登場するとは。すごい時代である。 先日はフジテレビ『ノンストップ!』でもコロッケ本人がビデオ出演でものまね美顔のコツを伝授していた。それによれば、「首しわやたれ目に効く岩崎宏美顔」は「アゴを前に出して笑顔になり、目を上に向ける」「ここで五秒キープ」など、本格的なエクササイズである。 さっそく番組出演者の設楽統や西川史子、千原せいじらが岩崎宏美顔や「顔のたるみ、二重あご防止には五木ひろし顔」「ほうれい線予防には北島三郎顔」など挑戦。どう見ても「酸っぱい顔」「困った顔」にしか見えないが「思った以上に力がいる」「面白がりながらできる」と好評だった。続ければ「55歳にして四十代前半」と言われるコロッケの顔にきっと近づけることだろう。しかし、よく考えたら、ものまねをされている田中邦衛本人にはかなりしわがあったはず。力を込めてしわを作って田中邦衛に近づきながら、しわを消す。これがものまねエクササイズの極意なのか。なかなか奥が深い。 そこで思い出したのが、コロッケが300以上あるというものまねの中から、厳選された10作品を披露する番組の中で、突如としてスタジオに登場したのが岩崎宏美。ちょうど「岩崎宏美早送り」のネタで、超高速の『シンデレラハネムーン』をものまねしていた最中だった。コロッケのものまねのおかげで岩崎本人は「絶対歌わない」とこの曲を封印したという。 スタジオには緊迫感が。そんな中、岩崎は厳しい顔で「これ(早送り)はないよね!」とぴしりと一言。しかし、コロッケのものまねは「悔しいけど似てると思った」「でも、私はこんなにアゴをあげてない」「反面教師としてアゴをあげないようにしている」ときっぱり言い切ったのだった。反面教師って。さすがデビュー40周年の歌姫である。いやいや、アゴは上げたほうがしわにはいいんですよ!とご本人にコロッケが言える日は…たぶん永遠に来ない。
2015.06.10 07:00
NEWSポストセブン
中国人 高倉健風は褒め言葉で横路敬二(田中邦衛)は蔑称
中国人 高倉健風は褒め言葉で横路敬二(田中邦衛)は蔑称
 高倉健が亡くなった昨年11月、中国のメディアでは、まるで土砂降りのような大量の追悼報道が、およそ一週間以上にわたって続いた。高倉健という俳優が中国で深く愛された理由のひとつは、主演映画『君よ憤怒の河を渉れ』(以後「君よ』)」が、1978年に公開されたことだ。トウ小平が「改革開放」に踏み切った、中国にとって極めて重要な意味を持つ年に、「自由」を描くこの作品の内容がかぶったこともあるからだという。ジャーナリストの三好健一氏が高倉健と中国の関係を紐解く。 * * * トウ小平は経済発展のモデルを日本に求めた。1978年、日本と中国は「日中平和友好条約」を締結する。日本人はそれまでは抗日映画の悪人のイメージが支配的だったため、日本との関係強化には対日感情の緩和が欠かせない。そんな時代の要請のもと、「君よ」を皮切りに数多くの日本の映画が中国に持ち込まれたのである。 そのため、高倉健以外にも、当時第一線で活躍していた日本の俳優が中国社会で広く知られるようになった。 山口百恵、栗原小巻、三浦友和、田中邦衛、田中絹代、中野良子、松坂慶子、吉永小百合、田中裕子などは、特に50歳以上の中国人で名前を知らない人はいない。中国人は当時、同じ映画をむさぼるように5回、10回と映画館に通って見続けたからだ。 ただ、そのなかでも高倉健の知名度や影響力は格別だった。高倉健に続くのは「赤い疑惑」が中国で大受けした山口百恵だろうが、社会現象になって中国人の価値観を変えたという点では、高倉健の右に出る日本人はいない。「君よ」のあとも、高倉健映画は「幸福の黄色いハンカチ」「八甲田山」などが次々と上映され、1980年代は高倉健が最大のアイドルになった。 筆者が1980年代末に中国を貧乏旅行したとき、筆談で中国人と交流していると、必ずと言っていいほど相手は紙に中国語で「高(厄のがんだれをひとやねに)健」と書いてにっこりと笑ったものだった。 当時の人々の間では「高倉健を探せ」という言葉が合言葉になり、高倉健に似ている男性を見つけては、雑誌や新聞で紹介されることもあった。「あなた、高倉健風だね」というのが男性への褒め言葉になり、逆に「君よ」の悪役だった「横路敬二」(田中邦衛)は他人を馬鹿にする言葉として使われたという。 高倉健自身が回想しているのだが、1980年代に吉永小百合と田中邦衛とお忍びで上海に行ったことがあった。夜、町を歩いていると、自転車に乗った中国人に見つかり、すぐに大勢の群衆に取り囲まれた。言葉は通じなかったが、中国人たちは高倉健たちに向かって「君よ」の日本語の主題歌を合唱したという。※SAPIO2015年6月号
2015.05.15 07:00
SAPIO
草刈正雄「とにかく『二枚目』と言われるのが嫌だった」過去
草刈正雄「とにかく『二枚目』と言われるのが嫌だった」過去
 モデルから俳優に転向した草分け的存在の草刈正雄。正統派二枚目の代名詞的存在だったが、とにかくそう言われるのが嫌だったと語る草刈の言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏が解説する。 * * * 資生堂の男性用化粧品「MG5」のテレビCMで端正な容姿が人気を博した後、草刈は1974年に篠田正浩監督の映画『卑弥呼』で岩下志麻の相手役に抜擢されて本格的に俳優としての道をスタートした。 映画デビュー後の草刈は『神田川』『青葉繁れる』『沖田総司』『エスパイ』と、東宝の映画作品に次々と主演、瞬く間にトップスターになっていった。そして、1977年のテレビシリーズ『華麗なる刑事』での田中邦衛との刑事コンビや1979年の映画『病院坂の首縊りの家』での石坂浩二扮する金田一耕助の助手役でコミカルな魅力を発揮している。「デビューしてからずっと正統派の二枚目を演じてきたのですが、それに対する抵抗がありました。ちょっと崩した役をやりたい欲求が湧き出てきたんです。勝(新太郎)さんやショーケン(萩原健一)さんの芝居に憧れまして。とにかく『二枚目』と言われるのが嫌で、崩したかった。 そんな時に映画『火の鳥』に出た際、市川崑監督から『君はコミカルな役が向いているんじゃないか』と言われました。それで『病院坂~』で僕のために原作にない役を作ってくれて。こちらも思い切ってやれました。『華麗なる刑事』も、最初は僕がロス帰りのエリート刑事で邦衛さんは鹿児島出身のイモっぽい刑事という設定だったんですが、僕が段々と邦さん寄りのダサい刑事になっていきましてね。プロデューサーは泣いていたと思います。二人で面白いことをやろうとしているうちに、自然とそうなっていきました。 邦さんには僕の方から『こうしませんか』と提案していきました。あの大俳優が顔色一つ変えずに一緒にやってくれたことには今でも感謝しています。あまりズレていた時は『おい、正雄。これは違うんじゃないか』と言われる時もありましたが」(草刈)※草刈正雄氏は11月28日より、ミュージカル『クリスマス・キャロル』に出演。東京・シアター1010、神戸・新神戸オリエンタル劇場など全国で公演予定。文■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』(PHP新書)ほか。※週刊ポスト2013年11月1日号
2013.10.26 16:00
週刊ポスト

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン