GAO一覧

【GAO】に関するニュースを集めたページです。

転んでもタダでは起きない(EPA=時事)
崖っ淵の文在寅大統領 GSOMIAは維持か、破棄か、留保か
 11月23日の午前0時までに、韓国の文在寅大統領は重大な決断を迫られる。その時刻をもってGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)が失効するからだ。 韓国政府がGSOMIAの破棄を決定したのは8月22日。日本による半導体素材輸出管理強化と、「ホワイト国除外」への対抗措置として“対日カード”を切ったのである。 だが、破棄直後に米国防総省が「強い懸念と失望」を示し、北朝鮮が弾道ミサイルを日本海に撃ち込むと、賛否が二分されていた韓国世論も「GSOMIA破棄の見直し」に傾き始める。 曹国(チョ・グク)・前法相のスキャンダルも追い打ちをかけ、文大統領の支持率は10月中旬までに、就任以降、最低となる39%まで下落した。「韓国の建国記念日である10月3日には、朴槿恵前大統領の時を上回る30万人規模の『文在寅退陣要求デモ』がソウル市内で行なわれました。また、韓国の保守系弁護士団体がGAOMIAの破棄を巡り違憲訴訟を起こしたり、韓国国防相が『GAOMIA維持』を公然と訴えるなど、文大統領は崖っぷちに追い込まれている」(韓国紙記者) 今月6日にはスティルウェル米国務次官補が韓国に乗り込み“最後通牒”を突きつけたが、文大統領はどう出るつもりなのか。産経新聞ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘氏はこう見る。「日本が経済問題で譲歩しない限り、大統領府のロジックとしては破棄するしかない。ただし、米国から厳しい突き上げがあるので、23日の段階では破棄を留保、凍結する可能性も残されています。そうなれば、国民にも米国に対しても一応の名分は立つという考え方はできますからね」 大騒ぎした上で“現状維持”に落ち着くという見立てだが、破棄を強行する可能性も残される。朝鮮半島情勢に詳しいジャーナリストの河鐘基氏が指摘する。「そうなった場合、今度はどこかのタイミングでGSOMIAの再締結、ないしは同等の枠組みを提案し、新たな対日交渉カードにする可能性があります。韓国側が“譲歩”したと演出し、輸出規制解除や歴史問題の清算を迫ると思われます」 日韓関係の雪溶けはまだ先が見えない。※週刊ポスト2019年11月22日号
2019.11.12 11:00
週刊ポスト
GAO 『サヨナラ』は「歌う人の本質が投影される曲」
GAO 『サヨナラ』は「歌う人の本質が投影される曲」
 中性的な容姿とハスキーボイスでファンを魅了し、1990年代、セカンドシングル『サヨナラ』がミリオンヒットとなった歌手のGAO。今年デビュー25周年を迎えた彼女の近況や、音楽への熱い胸中を語ってもらった。――今年でデビュー25周年、一番力を入れていることは?GAO:今はインディペンデントな立場で、音楽制作やGAO主催のイベントをしています。月に2、3日くらいはライブをしています。 私が音楽を始めたのは中学生の頃です。姉たちが使わなくなったアコースティックギターを引っ張り出して、弾き語りを練習したのが、初めての音楽活動でした。その頃の心境に戻って作った即興ソングをTwitterにアップしています。即興なので、どんなメロディーが出てくるのか、自分でもわからないんですけど、自分の中にしみついているルーツみたいなものが出て、おもしろいですね。 真夜中に部屋で弾くこともあって、囁くように歌っていたりします。聴いた方からは「部屋の中にGAOさんがいて、隣りで弾き語りをしている感じがする」という感想をよくもらいます。即興ソングが好評だったので、臨場感をそのままにCDにして、その曲のライブを行いました。――プライベートではまっていることは?GAO:音楽づくめですね。ずっとアコギを弾いていたので、今年は指先にまめができました。まめができるまでは痛いんですけど、できてしまえば痛くないんですよね。 ここ数年、はまっているのは筋トレです。筋肉は死ぬまで発達するものだそうで、大人になっても成長するものがあるんだって、すごく惹かれて。今では、腕はアスリート並みの筋肉量になりました(笑い)。――テレビではデニム愛を熱く語るなど、楽しい人柄でしたが、キャラクター変更をした?GAO:いえ、普段はあんな感じですよ。みなさん、プロモーションビデオのイメージが定着しているんでしょうね。デビューして数年はクールなイメージで作っていたので、写真を撮るときは、笑わないことが多かったんです。―― 一時、ヒップホップをしていましたね。GAO:それは自然な流れなんです。レコーディングのためにニューヨークに行っていたんですけど、1990年代の初めはヒップホップ全盛期。打ち込みとかサンプリング音楽とか、そういうものが主流になりつつあった時期なんです。 ニューヨークのクラブで、その頃のヒップホップを聞いたりしているうちに、自分で作ってみたいと思って、REAL Gとして活動したんです。――それで改名したんですね。GAO:ヒップホップらしい一面を表現して、これも自分だという音楽活動でした。だから改名というよりも、名義が違うだけですね。区別したいので、GAOの活動をしている時はREAL Gで活動をしない。予定はありませんが、もしREAL Gの活動をすることになったら、GAOは休止したいと思っています。――代表曲の『サヨナラ』は、最近では柴咲コウさんなど、たくさん人がカバーしています。GAO:歌ってみたいと思ってくださったり、影響を受けてくださった曲だと聞くと、すごく嬉しいです。あの曲は難しい曲だと思います。指一本で弾けるようなシンプルなメロディーだからこそ、いかに個性を入れるかというのを試される気がします。歌う人の本質がそのまま投影される曲だと思いますね。――即興ソングのライブや弾き語りの公開ライブレコーディングなど、GAOさんは新たなライブの形を開拓しているように感じます。GAO:自分のやり方を築くことに、ここ何年か意識を置いているんです。音楽業界は、CDがメディアとして必要とされていない時期が来ています。かといって、一時期盛り上がった音楽配信も下火になって、曲に値段が付けられない時代になってきました。 この時代に音楽家はどういう活動をすればいいのかと考えた時、参考にさせていただこうと思ったのは、マドンナや亡くなったプリンスが大手メジャーを辞めて、自分のやり方を模索していたことでした。日本でも誰かが、自分のペースで、長くアーティスト活動を続けていくさまを残して行かないと、音楽活動をする若い人たちが、夢を持てないんじゃないかなと思うんです。 音楽はYouTubeやSNSで、ただで聞ける時代です。だけど、ライブで聞いた時に受ける衝撃や感動って、また違うものがあると思うんです。だからみなさんにそれを味わってほしい。SNSではなく、音楽を通じて人が顔と顔を合わせて出会うことは、ライブでないと経験できないと思うんですよね。――最後に、今後の目標は?GAO:ほぼ手作り状態で活動しているのですが、それを大きくしていきたいと思っています。仲間を増やして、ライブの規模を大きくしたり、プロジェクトを立ち上げたりして。音楽業界がもっと元気になるようなイベントを、自分で企画したいと思っています。【GAO(がお)】9月14日生まれ。山口県出身。1990年、NHK『全日本勝ち抜きロック選手権 BSヤングバトル』にバンド・GAOとして出場し優勝。翌年、ソロシンガーとしてメジャーデビュー。1992年4月、セカンドシングル『サヨナラ』が累計123.6万枚のミリオンセラーに。1996年3月GAOの活動を休止、2000年よりギャングスタラッパー・REAL Gと名前を変えて活動。2009年、GAOとしての活動を再開。撮影■黒石あみ
2016.10.02 07:00
NEWSポストセブン
『サヨナラ』ヒットのGAO 今でも男性に間違われると明かす
『サヨナラ』ヒットのGAO 今でも男性に間違われると明かす
 年齢・性別不詳、独特のハスキーボイスで鮮烈なデビューを果たし1990年代、『サヨナラ』で120万枚を超えるヒットを記録した女性シンガーのGAO。『サヨナラ』の秘話や、意外なプライベートの素顔についても迫った。――1991年、年齢・性別不詳でデビューされたのが印象的でした。GAO:バンドの勝ち抜きコンテストでデビューしたんですけど、そこで出会ったレコード会社のディレクターが、「男か女かわからない、何才かわからない」ボーカリストを探していたんです。そこで「性別も年齢も不詳にしたらどうでしょう」と私から提案したんです。 元々音楽は、年齢とか性別を知って聞くものではないと思っています。どんな人が聞いても、自分のことだと受け止めることが多いと思うんです。私もそういう音楽の聞き方をしてきましたし、この年齢の人が歌っているから、この年齢の人が聞かなきゃいけない、という先入観を持たずに聞いてほしいと思っています。――それが、今でも生年月日を明かしていない理由?GAO:そうですね。音楽に年齢は関係ないと思います。たとえば、13才の頃に作ったメロディーを元に作った曲を、Twitterにアップしています。13才の時に感じた詩に、今メロディーをつけたらこんな感じだろう、続きをつけたらこんな感じだろうというのが新鮮だったんです。何十年も前の自分とコラボレーションをしたような経験をしました。――年齢は今でも明かされていませんが、女性だというのは公になりました。GAO:デビューした後にショップに行くと、あまりにも男性ボーカリストの棚にCDが並んでいるので、「女性ボーカルの棚に置いて下さい」と言って回りましたから(笑い)。――今でも男性と間違われる?GAO:そうですね。公衆のトイレですれ違うと、振り返られることがあります。昔は、「なに、あなた!」ってトイレの清掃員のかたに囲まれたことがありますよ(苦笑)。20代の頃、デビュー前に銭湯に行っていたのですが、「こっちは女風呂です」と何回も言われました。髪がベリーショートだったせいもあるんでしょうね(笑い)。 GAOの活動を休止していた頃は、結べるくらいに髪を伸ばして金髪にしたんですけど、ハードロックをしている男性に間違われました。 あと実は、ワンピースを着てライブしたことがあるんです。男装だとか宝塚みたいだとあまりにも言われるので、スカート姿でライブをしたんですけど、お客さんの反応はイマイチでした(苦笑)。――GAOさんが女性と知って、泣きだしたファンもいたそうですね。GAO:私は山口県出身なので、そのころ一人称は「わし」を使っていたんですけど、デビュー前のライブのMCで「わしも一応女性なので、男性のお客さんも応援してください」と言ったんです。すると、会場の空気が止まったんですよ。ライブが終わった後に何人か女性が来て、「GAOさんって女性なんですか?」と聞かれたから「そうだよ」って答えたら、泣きながら走り去ってしまいました。 デビューしてから、たくさん手紙をもらったんですけど、性別と年齢を不詳にしていたので、だいたい1行目に「ごめんなさい」と書いてあったんです。男性と間違えてごめんなさい、という意味なんですけど(笑い)。これは勘違いされ過ぎだな、女性だと言わなきゃいけないと思いました。――男性からも女性からも、モテモテなんでしょうね。GAO:全然モテないですよ。音楽をやっている人ってちょっと変わってるので、人気者になることはありますが、それほどモテないんです。たとえばギターリストは1日何時間もギターの練習をしているんですよ。それって、恋人は耐えられますか? 私はボーカルですから、発声の研究でいつ大きな声を出すかわかりません。部屋にいても「あー!」って突然声を出したり歌い出すので、友達が驚きます。街を歩いていても、突然声を出しますから。いかに自分の出したい声に近づけるかで、いつも頭がいっぱいですからね。――『サヨナラ』は切ない失恋ソングですが、歌詞は実体験?GAO:あの歌詞を書いたころは失恋をしたことがなかったんです。恋愛的な失恋にはなっていますけど、そのほかに大切な人との別れとか、身内の別れがあって、そういうものに喪失感とか切ない思いを感じていたんです。そこからもう一歩前に、生きている人間は進んでいかなきゃいけないという思いを込めて書いた曲です。――経験を経て、歌い方は変わった?GAO:変わりましたね。1990年代に作った曲は自分の経験というよりも、想像や人の話、本を読んで作るものが多かったんです。こうして年齢を重ねてきて、いろんな経験をすると、リアルに感じてくる部分はあります。自分の書いた詩で、今まで響いたことがない言葉に、泣きそうになることもあります。 たとえば、『LOVE』という曲があるんですけど、母にプレゼントした曲なんです。結婚がテーマになっていますが、運命的な出会いなどを歌っています。母は数年前に亡くなったのですが、その曲を歌うと、思い出がよみがえってきます。 その曲に、「誕生日にいつかくれたギターで やっとふさわしい歌を届けよう」という歌詞があります。私が歌手になりたいと言った時、一番の応援者は母でした。母は「いいギターで弾いた方がうまくなるから」と言って、中学生の私に高いギターを買ってくれました。やっとふさわしい曲でお返しができるという、母への気持ちを込めた歌なんです。【GAO(がお)】9月14日生まれ。山口県出身。1990年、NHK『全日本勝ち抜きロック選手権 BSヤングバトル』にバンド・GAOとして出場し優勝。翌年、ソロシンガーとしてメジャーデビュー。1992年4月、セカンドシングル『サヨナラ』が累計123.6万枚のミリオンセラーに。1996年3月GAOの活動を休止、2000年よりギャングスタラッパー・REAL Gと名前を変えて活動。2008年、GAOとしての活動を再開。2016年09月25日、池袋・アブソルートブルーにて『ギター・ツイッター・ライブ』開催。撮影■黒石あみ
2016.09.24 07:00
NEWSポストセブン
買ったつもりで賃貸に住めば貯蓄もできる
今あえて「持ち家」より「賃貸」がいい、これだけの理由
 夏休みが終わり、9月に入ると繁忙期を迎えるのがマンション販売。企業の決算期や人事異動、転勤などで住み替えが進むからだという。折しも住宅ローンは史上空前の低金利を更新し、マイホーム購入を検討している人にとっては“追い風”が吹いているかに見える。 しかし、「買わないで賃貸に引っ越す選択肢もしっかりと比較検討すべき」と話すのは、建築検査のプロで総合検査株式会社代表取締役の船津欣弘氏だ。その根拠とは──。 * * * 横浜のマンション問題を契機に『新築マンションは9割が欠陥』(幻冬舎新書)という、少し刺激的なタイトルの著作を出版させていただきましたが、〈第二章、新築信仰が貴方を不幸にする〉の中で新築マンション購入と賃貸の場合のコスト比較をしています。 新築マンションを購入し、万が一、大きな欠陥や施工不備があった場合のリスクは、かなり大きな問題です。現実問題として、出版後、全国各地のマンション管理組合の方からお問い合わせを頂きました。 つい先日(8月17日)、明らかに施工瑕疵があり、デベロッパー・ゼネコンと10年以上も争っている案件の管理組合の方々のお話をお伺いしましたが、大きく報道されることはないものの、潜在的に問題となっている事実を改めて認識しました。 大きな欠陥や施工不備が「ない」と仮定したとしても、やはり一般の方々の大きな関心は「購入か賃貸か」という、ある意味根源的なところにあるとの編集担当者さんからのリクエストにより著した第二章でしたが、ここでは、「購入か賃貸か」の部分をクローズアップします。 まず「購入」の場合ですが、購入時に必要なコスト(イニシャルコスト)は物件価格以外に、不動産取得税や登記費用などの租税公課や修繕積立基金などの「諸費用」が必要になってきますが、目安はおおよそ物件価格の4%程度と言われています。 そして入居後必要なコスト(ランニングコスト)は月々のローン以外に、管理費・修繕積立金など毎月支払いが必要な費用と、固定資産税や火災保険など年払いの費用があります。 対して「賃貸」の場合は、「敷金」と呼ばれる保証金のようなものと「礼金」とよばれる家主に対して支払うお金、そして仲介業者に支払う手数料や火災保険などがあります。関西方面では敷金の代わりに「保証金」とされる場合が多いようです。敷金制は退去の際の修繕費用を差し引き返還、保証金制は最初から敷引きとして○万円差し引くと決められていることがほとんどです。 首都圏の分譲マンション販売価格は一例として2016年7月調べで1戸あたり5656万円、平米単価は80.6万円という調査結果(株式会社不動産経済研究所調べ、同社公開資料及び平成28年8月17日付日本経済新聞記事より)がでています。 一般的なファミリータイプである3LDKの場合、約75平米として計算すると6045万円になります。この価格はバブルの頃以上ともいわれていますし、一般のサラリーマンには到底手が出せる金額ではありません。 首都圏では販売戸数も月間契約率も下落傾向にあるようですが、それはさておき、私がいいたいのは「購入」と「賃貸」を損得で考えるのではなく、あくまでこれからの生活を金銭的に管理しましょうということです。 著作の中で4300万円のマンションを購入した場合と、同程度の立地条件や広さのマンションを賃貸した場合の比較を行いました。要点を再掲すると【購入】・物件価格/4300万円・頭金/500万円、借入金/3800万円・諸費用/172万円(物件価格の4%と仮定)、・借入期間/25年、固定金利1.55%・管理費1万8000円、修繕積立金8000円・月々支払額/17万8900円(管理費・修繕積立金込、総支払額約:4587万円)【賃貸】・賃料/15万円(共益費込み)・更新費用引当(2年毎に1ヶ月分)15万円÷24ヶ月=6250円・月々15万6250円 購入した場合との差額が、月あたり2万2650円あります。賃貸の場合、これを毎月すべて貯蓄に回したとすると1年で27万1800円、25年で679万5000円です。これに購入時の頭金500万円から賃貸時の敷金・礼金(敷金3ヶ月、礼金1ヶ月と仮定)を差し引く金額(500-(15×4)=440万円)を加えると1119万5000円になります。 貯金したとして現在の利率はあってないようなものですが、マイナスになることはありません。25年後にこれだけの「貯金」があることになります。 購入の場合は毎年必要な固定資産税が加わりますが、所得税減税があるので、紙面の都合上ほぼ相殺できると仮定し、著作では考慮から省きました。ただ、所得税減税は10年間ですので本来はしっかりと計算に入れる必要があります。また火災保険等も必要です。もちろん賃貸であっても火災保険は必要ですが、掛け金の額は当然違いますので、ここもしっかりと比較する必要があります。 また、金利動向や頭金の金額、つまりローン借入額(月々の返済額)や支払い年数によっても変動します。現在はマイナス金利の影響で固定金利のほうが変動金利より利率が低いという逆転現象も発生していますが、総支払額は変動することを考慮に入れる必要があります。その結果、賃貸より購入のほうが総支払額が低いことも考えられます。 よって単純に比較することは無理があると思いますが、大事な事は前に述べたように「これからの生活を金銭的に管理する」という視点で考えることの重要性を感じて頂きたいと思っています。 転勤や家族構成の変化つまりライフプランの変化は必ずあると言ってよいと思います。また、失職などの支払い不能リスクも絶対にないとは言い切れないはずです。賃貸であれば、状況に応じて柔軟に対応できる自由度が高いのも魅力です。家族が増えたらより広い物件に引っ越すこともできますし、逆のパターンも考えられるでしょう。 現在私は首都圏の賃貸マンション暮らしです。マンションであれ戸建てであれ首都圏での取得費用は、大阪圏や名古屋圏とは大きく異なります。子供も高校生と中学生で、今後教育費も増えていきます。子供たちが就職したら夫婦2人だけの生活がずっと続くかもしれません。 仮に現状の家族構成でマンションを購入したとしても持て余す可能性があるということになりますし、ローンを支払い終わっても固定資産税はずっと発生します。修繕積立金が不足した場合、臨時の出費も考えられます。著作に詳しく書きましたが、毎月の修繕積立金が十分足りているという物件はほとんどないといっても過言ではないのです。 万が一、自分の身に何かあったとしても残された家族に、せめて「住まい」だけは残してあげたい(または残してほしい)という思いもわかりますし、私もそう考えることもあります。しかし、生命保険で子供たちが成人するまでの学費を含めた生活費をカバーできるかもしれません。 重要な事は、人生で一番大きな額の買い物ともいえるマイホームについても、子供の学校や自分の仕事など自分や家族にとって重要なことと同様にしっかりと比較検討し決定すべきだと私は考えますが、読者の皆様はどう思われますか?●ふなつ・よしひろ/1965年福岡県生まれ。2001年GAO建築工房設立。阪神・淡路大震災の被災経験から2003年より欠陥住宅問題に取り組み始め、構造計算偽装事件をきっかけに建築検査業務を専業に。2011年4月、総合検査株式会社代表取締役に就任し、現在に至る。
2016.08.21 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン