長島三奈一覧

【長島三奈】に関するニュースを集めたページです。

一進一退が続く長嶋茂雄氏 一茂は見舞いに行かずハワイへ
一進一退が続く長嶋茂雄氏 一茂は見舞いに行かずハワイへ
 7月上旬に高熱を腹痛を訴え入院した長嶋茂雄さん(82才)。胆のうの調子が悪く、8月上旬の段階では面会謝絶の状態だったという。現在は、長嶋さんの次女であるフリーキャスターの長島三奈(50才)や長嶋さんの現役時代から運転手を務める80才になる男性Aさんが懸命の看病を続けている。 ミスターの本当の容体はいかなるものか。関係者は「一進一退が続いている」と明かす。「お盆のあたりは少し体調を持ち直し、ゼリーやおかゆが食べられるようになりました。もともと長嶋さんは食欲が旺盛でしたが、入院後はほとんど食べられなくなり“体力が落ちる”と不安でした。少しでも食欲が回復したので周囲は安堵していました」(球団関係者) だが、お盆を過ぎた18日の夜、小康を保っていた長嶋さんの状態が急激に悪化し、関係者は凍りついたという。「どうやら胆のうが悪くなったのではなく、併発した病気が原因で容体が悪化したそうです。内科だけではなく脳外科の先生も治療に加わったようで、脳に何らかの異変が生じた可能性もあります。その夜、情報を入手したスポーツ紙の巨人担当記者が大手町の読売新聞社にある巨人の球団本部に続々と集まり、何か発表があるのではと待ち構えた。しかし、実際には発表はなかった。それ以降、スポーツ紙の記者たちは“本当の回復状況を調べなくては”と、水面下で関係各所への取材に奔走しています」(テレビ局関係者) 事態が静かに進行するなか、注目されるのは長男・長嶋一茂(52才)の行動だ。一茂は、長嶋さんが危機の中、ハワイに飛び立った。「一茂さんは長嶋さんの見舞いに訪れておらず、容体については旧知の球団関係者から聞いているそうです。三奈さんから直接、聞ければ細かな病状がわかるのですが、脳梗塞で倒れて以来、長嶋さんの復帰時期などをめぐって一茂さんと三奈さんに芽生えた意見の食い違いが今も解消されていないので聞きづらいようです。リアルタイムで情報が入ってこないので、一茂さんとしては“回復の兆しがあるから日本を離れても大丈夫”という判断をしたのでは」(長嶋家の知人) 病床の父を残しハワイに向かうことについて、留守を預かる一茂の妻に話を聞くと、「主人は出張中です。(長嶋さんの)入院の連絡はいただいていると思いますが、ご存じの通り、忙しいので。主人のスケジュールは全部管理していないので、お見舞いに行ったかどうか私にはわかりません」と語るのみだった。 国民的ヒーローの容体は重大な局面を迎えている。関係者の祈りが届き、長嶋さんならきっと形勢逆転のホームランを放ってくれるはずだ。※女性セブン2018年9月6日号
2018.08.24 16:00
女性セブン
容体芳しくない長嶋茂雄氏、懸命の看病を続ける三奈と運転手
容体芳しくない長嶋茂雄氏、懸命の看病を続ける三奈と運転手
 8月中旬、猛暑がやわらぎ、涼しさが秋の到来を感じさせる週末の夕方。東京都心にある大学病院の廊下を小走りで急ぐ女性がいた。服装はグレーのジャージーと迷彩色のロングスカート。目元まで隠れるような大きなマスクをしている。 女性は病院内の売店でお茶とサンドイッチを購入すると、エレベーターホールの椅子にちょこんと座り、簡単な食事をとった。マスクを外した顔には緊張と疲労が入り交じる。 わずか5分ほどで食事を終えると、女性は最愛の父親が横たわる病室へと、またも小走りで駆け戻って行った。 フリーキャスターの長島三奈(50才)。彼女がつきっきりで看病するのは、父の長嶋茂雄さん(82才)だ。「どうも入院中の長嶋さんの容体が芳しくないようです。悪化と小康の繰り返しで病状が安定せず、いつなんどき、何が起こってもおかしくない状態だそうです。看病する三奈さんも家に帰らず、時には泊まることもあるようで、気が休まらない日が続いていて、少しやつれた感じがします」(長嶋家の知人) 本誌・女性セブンは前号(8月23・30日号)で、ベールに包まれた長嶋さんの病状を詳報した。「7月上旬、高熱と激しい腹痛を訴えた長嶋さんが極秘入院しました。肌や目が黄色くなる『黄疸』の症状が出ていて、検査で肝臓のすぐ近くにある『胆のう』の調子が悪いことがわかったそうです。その後、検査数値もなかなか回復しないので、命にかかわる肝不全や胆管炎になる恐れもありました。8月上旬の段階で病状は一進一退の繰り返しで、面会謝絶の状態が続きました」(前出・長嶋家の知人) 国民的英雄の病状については箝口令が敷かれ、ごく一部の関係者にしか情報は伝えられなかった。だから、本誌の「ミスター緊急入院」の一報は世間に大きな衝撃を与えた。長嶋さんが終身名誉監督を務める読売巨人軍は「長嶋氏のコメント」を発表した。《大変ご心配をお掛けしました。おかげさまで回復しています。昼は高校野球、夜は巨人戦を観戦しています。山口俊投手のノーヒット・ノーランには心が震えました。内海、吉川光、メルセデスの左腕3投手による対DeNA戦3連勝には元気をもらいました》 この唐突とも思えるコメント発表に疑問の声も上がった。「わざわざ選手の具体名に言及し、ちゃんと野球が見られる状態にあるとアピールしているようにも見えた。逆に“何かあるのではないか”と勘ぐってしまいました」(スポーツ紙記者) コメント後、“回復”したはずの長嶋さんの退院どころか、容体さえ具体的に報じたメディアはなく、病床のミスターは隠されたままだ。とくに長嶋さんにとって身内であるはずの読売新聞から何の報道もないことに違和感もある。◆何とかして日程調整をする 不安ばかりが増す状態のなか、懸命の看病を続けているのが三奈だ。「例年、この時期の三奈さんは甲子園で高校野球を取材していますが、今年は大会序盤の取材をキャンセルして、緊急入院した長嶋さんに付き添っていたそうです。長嶋さんの病状が報じられてから彼女は甲子園にも姿を見せ、“心配はいりません”と気丈に笑顔を見せたそうですが、今も病院通いは欠かしていません。地方出張の際には何とかして日帰りできるよう日程調整して、病院に足を運んでいます。院内では病室と売店の往復の繰り返しのようです」(前出・長嶋家の知人) 三奈のほかにももう1人、全身全霊でミスターを看病する人がいる。それは、長嶋さんの現役時代から運転手を務める、80才になる男性のAさんだ。「長嶋さんが現役時代、帰宅後の深夜に素振りをする姿や、監督時代に負けた悔しさで運転席を蹴っ飛ばされるなど、間近で長嶋さんの素顔を見てきました。国民的英雄のプライベートな部分を最も知る人物です」(前出・スポーツ紙記者) 2004年に長嶋さんが脳梗塞になって田園調布の自宅で倒れた時、第一発見者となったのがAさんだった。「Aさんはその時のことを、“すぐに救急車を呼ばず、自分の対応が遅れたから長嶋さんにマヒが残ってしまった”と今でも悔やんでいて、それ以降はより長嶋さんのリハビリや日常生活の世話を精力的に行っています。それこそ24時間つきっきりで、長嶋さんからの信頼も厚い。今回の入院でも、三奈さんが病院にいる時でも一緒に病室に泊まり込むなど、自宅と病院を往復して24時間体制で看病を続けています」(前出・長嶋家の知人) 決して表舞台に立つことのないAさんと長嶋さんの関係について、Aさんの息子が言葉少なに語る。「父はもう50年以上も献身的に長嶋さんのそばにいて、今は病院に泊まったり自宅に戻ったりの毎日です。最も心が知れているのが父かもしれませんから、献身的にするのが父の務め。(長嶋さんの容体について)強いかたですから、大丈夫だと思います…」 本誌はAさんに長嶋さんの病状を聞いたが、「ぼくの口からは言えません」と返された。※女性セブン2018年9月6日号
2018.08.23 16:00
女性セブン
長島三奈 入院中の父・茂雄氏を看病する悲壮な写真5枚
長島三奈 入院中の父・茂雄氏を看病する悲壮な写真5枚
 胆のうの調子が悪いことから7月上旬、緊急入院したことが明らかになった長嶋茂雄さん(82才)。容態は芳しくなく、悪化と小康の繰り返しで病状は安定してないという。 そんなミスターをつきっきりで看病しているのが長女で、フリーキャスターの長島三奈(50才)だ。時には家に帰らず、病院に泊まることもあるそうだ。 8月中旬、東京都心にある大学病院にいた三奈は、グレーのジャージーと迷彩色のロングスカートという服装、目元まで隠れるような大きなマスクをしている。 食事も簡単に済ませているようで、病院内の売店で買ったお茶とサンドイッチをエレベーターホールの椅子に座って食べていた。マスクを外した顔には緊張と疲労が見て取れた。食事を終えると、三奈は病室へと、小走りで駆け戻って行った。 例年この時期、三奈は甲子園で高校野球を取材しているが、今年は大会序盤の取材をキャンセルして、長嶋さんに付き添ったという。長嶋さんの病状が報じられてからは甲子園に姿を見せ、「心配はいりません」と気丈に笑顔を見せたそうだが、今も病院通いは欠かしていないという。
2018.08.23 15:55
NEWSポストセブン
朝ドラ『あぐり』や『英語であそぼ』の子役が今は女子アナに
朝ドラ『あぐり』や『英語であそぼ』の子役が今は女子アナに
 地方テレビ局の女子アナの中には、意外な過去を持つ女性も多い。今回は、かつて子役としてデビューしていた女子アナ2人を本人のコメントとともに紹介する。●小倉星羅アナ(千葉テレビ放送)/NHK朝ドラ『あぐり』(1997年)に出演 幼い頃から続けた芸能活動のお陰で、いろんな方と臆せず話せる度胸が身につきました。いまは高校野球を担当しており、「千葉の長島三奈さん」を目指して日々奮闘中です。【プロフィール】1986年生まれ、神奈川県出身。フェリス女学院大卒。『NEWSチバ』『高校野球ダイジェスト』などを担当。●ハードキャッスル・エリザベスアナ(山梨放送)/NHK『英語であそぼ』(2001~2003年)に出演『英語であそぼ』の終了後、「オファーがない」という挫折を味わいました。それがきっかけで「仕事は与えられるものじゃない」と知りました。今後も自ら山梨の良さを伝えていきたいです!【プロフィール】1992年生まれ、東京都出身。成城大卒。『ててて!TV』中継などを担当。※週刊ポスト2018年7月20・27日号
2018.07.20 16:00
週刊ポスト

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン