• TOP
  • 徳川吉宗

徳川吉宗一覧

【徳川吉宗】に関するニュースを集めたページです。

山本耕史はストーカー?

山本耕史、演技で存在感 「カッコよさ」をコントロール?

 ドラマや舞台で最近、存在感を発揮しているのが山本耕史だ。「カッコよさをコントロールする」という変幻自在の演技についてコラムニスト…

2019.03.20 16:00  NEWSポストセブン

山本耕史が演じる“暴れん坊将軍”が「驚きの連続」の理由

山本耕史が演じる“暴れん坊将軍”が「驚きの連続」の理由

 時代劇『暴れん坊将軍』の主人公・徳川吉宗役で、おなじみの役者といえば松平健だ。その吉宗を、山本耕史が演じることになった。山本の吉…

2019.02.06 07:00  NEWSポストセブン

母子手帳ならぬ、「父子手帳」がある!どこでもらえるの?

母子手帳ならぬ、「父子手帳」がある!どこでもらえるの?

妊娠した女性なら誰もが手にできる母子手帳ですが、最近は、全国の各自治体から父親向けの父子手帳なるものが登場しています。共働き家庭が…

2018.10.28 12:00  たまGoo!

徳川吉宗の「隠し子騒動」 心当たりが多すぎて大騒ぎに

徳川吉宗の「隠し子騒動」 心当たりが多すぎて大騒ぎに

 大河ドラマや映画、小説の題材となる武将や将軍、維新志士たちがみな「聖人君子」だったかというと、さにあらず。人間臭く、あるいはだら…

2018.04.13 16:00  週刊ポスト

【書評】徳川吉宗は年収1294億円、労働が収入に直結した時代

【書評】徳川吉宗は年収1294億円、労働が収入に直結した…

【書評】『江戸の長者番付』/菅野俊輔・著/青春新書/890円+税【評者】森永卓郎(経済アナリスト) 高額納税者番付の公表が取り止められ…

2017.05.06 16:00  週刊ポスト

松平健 暴れん坊将軍はなぜ斬らずに「峰打ち」なのか

松平健 暴れん坊将軍はなぜ斬らずに「峰打ち」なのか

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、役者・松平健の代名詞ともなった時代劇…

2016.12.02 16:00  週刊ポスト

『モデルが訪ねる 髪にご利益スポット』第5回 関神社(東京都)

『モデルが訪ねる 髪にご利益スポット』第5回 関神社(…

「髪にご利益がある!」と噂のスポットをモデルが訪ねるこのコーナー。前回に引き続き東京都内を訪れました。今回は東京都北区王子の「関神…

2016.11.10 12:00  ポストセブンラボ 育毛研究室

"純三年子滝野川大長牛蒡"という名前の野菜をご存知?

“純三年子滝野川大長牛蒡”という名前の野菜…

 ウナギと共に出てくることの多い”サンショウ”。なぜウナギと一緒に出されるのか、その理由をご存知でしょうか。 サンショウの辛みの原因…

2015.12.17 07:30  BOOK STAND

歌舞伎の題材にもなる“紅葉狩り”。江戸っ子が好んだ理由は?

歌舞伎の題材にもなる“紅葉狩り”。江戸っ子が好んだ理由…

秋の行楽といえば、紅葉狩り。これは、今も江戸時代も同じこと。江戸時代にも紅葉の名所があちこちにあり、浮世絵にも数多く描かれている。…

2015.10.09 07:00  SUUMOジャーナル

プロレス界の"お手盛り"と重なる気がしないでもない時代劇コメディ『超高速!参勤交代』

プロレス界の”お手盛り”と重なる気がしない…

 プロレスを含めイベント興行には招待客がつきもの。関係取引先、芸能界筋に観て貰って次回以降のイベントの宣伝やイメージアップに繋げた…

2015.02.24 09:40  BOOK STAND

韓国で大成功の歴史時代劇 背景に歴史塗り替え願望史観あり

韓国で大成功の歴史時代劇 背景に歴史塗り替え願望史観…

 日本では時代劇の衰退が言われて久しいが、韓国では大成功を収めている。ところが、その韓国ドラマの時代劇は歴史的にデタラメだと批判も…

2014.09.06 16:00  週刊ポスト

花見が行楽として定着したのは、江戸時代のヨシムネミクスから

花見が行楽として定着したのは、江戸時代のヨシムネミク…

連載【江戸の知恵に学ぶ街と暮らし】落語・歌舞伎好きの住宅ジャーナリストが、江戸時代の知恵を参考に、現代の街や暮らしについて考えよう…

2014.04.03 07:00  SUUMOジャーナル

大学入試の超難問 予備校関係者「甚兵衛レベル」の命名理由

大学入試の超難問 予備校関係者「甚兵衛レベル」の命名…

 偏差値偏重の是正と、大学の序列化解消を目指して1990年にスタートしたのが、現在に続く「大学入試センター試験」である。高卒レベルの学…

2014.01.26 16:00  週刊ポスト

「5日以内に参勤しないと藩潰す…」 スリリングな時代小説

「5日以内に参勤しないと藩潰す…」 スリリングな時代小説

【書評】『超高速! 参勤交代』土橋章宏/講談社/1449円【評者】内山はるか(SHIBUYA TSUTAYA) そろそろ書店員が選ぶ文芸賞『本屋大賞』…

2013.12.06 07:00  女性セブン

徳川綱吉 教科書記述一変、生類憐みの令は慈愛の政治と評価

徳川綱吉 教科書記述一変、生類憐みの令は慈愛の政治と…

 いま使われている歴史の教科書では聖徳太子の事績や実在に疑問がつけられたり、鎌倉幕府の成立が1192年ではなくなっている。「いいくに作…

2013.04.14 07:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォローまたはプッシュ通知を受け取る

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
  • プッシュ通知

トピックス