マツコ&有吉の怒り新党一覧

【マツコ&有吉の怒り新党】に関するニュースを集めたページです。

進化したマツコの素人イジリ 「今や大物司会者の域」の声も
進化したマツコの素人イジリ 「今や大物司会者の域」の声も
 多くのバラエティー番組でレギュラーを持つ超売れっ子のマツコ・デラックス。10月から始まった新冠番組『マツコ会議』(日本テレビ系)では、絶妙の素人イジリを見せている。その姿に、テレビ解説者の木村隆志さんはマツコの進化を感じたという。木村さんが語る「マツコ論」とは――。 * * * ここにきてマツコさんのトーク内容がマイナーチェンジしている気がします。きっかけになったと思われるのは、今年4月から放送されている『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)と、10月スタートの『マツコ会議』。ともにマツコさんと素人のトークを楽しむ番組であり、夜の街で気さくに声をかけたり、話題のスポットにいる人と会話を交わしたり、フレンドリーな姿が目立ちます。 マツコさんがテレビに出はじめたのは、2005年に『5時に夢中!』(TOKYO MX)のレギュラーになってからですが、それから全国区になる2010年ごろまでは、巨体のインパクトと毒舌のユニークさを期待されたポジションに過ぎませんでした。 その後、2011年スタートの『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)と『マツコの知らない世界』(TBS系)、2012年スタートの『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、素人に近い感覚を持つタレントとして、さまざまなことに「だから〇〇なのよ」「〇〇は絶対ダメ」「これはいい!」と物申すポジションに進化しました。 そして現在はさらに一歩進んで、大物司会者のような素人イジリの上手さを見せはじめています。たとえば『マツコ会議』では、97歳でネイルサロンに来たおばあちゃんを「あらっステキ! 手もキレイ!」と持ち上げて「夫が結婚3年で亡くなったから、いいとこばっかり思い出します。だから昔も今も幸せ」とちょっといい話を引き出し、80歳のおばあちゃんには「ラインストーンとかラメってお年いっている人のほうが似合う」とホメつつ、「洋服もゴッホの絵みたいで(似合う)」ときっちり笑いで落としていました。 また、渋谷ギャルとのトークでは、「自分のことかわいいと思ってる? モデルになりたいんだよね」とその気にさせようとしてイジったものの、「昨日、水原希子ちゃんの事務所にスカウトされたんですよ」と自慢げに逆襲され、「何だお前! それ出されたら何も言えね~よ!」と吐き捨てて笑いを取っていました。 マツコさんの素人イジリを見ていて気づくのは、乗せ上手なこと。「こんなこと聞いていいのかしら」「下世話な話なんですけど」など配慮しながら質問しつつも、素人が話し出すと「おおっ!」「もお~っ」「ステキ!」「エ~ッ、ホントに?」などの大きなリアクションで話しやすい雰囲気を作っているのです。 しかし、素人が調子に乗りすぎたり、くだらないボケを見せたりすると、「何だとコノヤロー!」「ふざけんなよ!」とキレてくれるから、マツコさんと絡んだ素人は「面白い人」の印象が残りますし、視聴者もストレスをためることなく安心して見られるのでしょう。 もともとマツコさんは、“丁寧語と毒舌の出し入れ”が巧みだったのですが、素人との絡みやCM出演が増えた今年は、丁寧語で話す割合が増えました。ただ、そこはさすがクレバーなマツコさん。「無難なことだけ言っていても面白くない」ことは分かっているので、その分スタッフに毒を吐いて笑いを取っているのです。 しかも、「役に立たねえヤツばっかりだな!」「お前みたいなヤツがテレビをおかしくしているんだ!」などとスタッフを罵倒するだけでなく、ときどき「でも私はお前のこと嫌いじゃねえぞ」と小さなフォローを入れることで“愛のある毒舌”という印象にまとめています。 丁寧語と毒舌を出し入れした素人イジリは、明石家さんまさんや笑福亭鶴瓶さんの話術に似たものがありますし、「相手を尊重しながら小バカにする」スタイルは、綾小路きみまろさんが醸し出すムードに近い気もします。 私はマツコさんとお会いしたことがありますが、サービス精神が豊富な上に、とても慎重で手堅いところのある人。生放送の『5時に夢中!』では他の番組よりも言葉を選びながら話しているのがわかりますし、あらゆることにアンテナを張って準備する姿勢も、金銭感覚や将来に対する不安なども、ブレイク前と変わっていません。そんな慎重な一面があるからこそ、タレント、素人、スタッフと、相手に応じた言葉を使い分けられるのではないでしょうか。 誰とも絡めるスキルと慎重さがある上に、「新CM女王!?」と言われるほど好感度が高く、マツコさんが絶賛すると商品が売れる“マツコ売れ”という現象もあるくらいですから、もはや性別を超えた「みんなのマツコ」というポジションについている気さえします。番組スタッフから見ても、1人で番組を回せるマツコさんほどコスパのいいタレントはいないため、今後も活躍の場は広がり、さらなる進化が見られるかもしれません。【木村隆志】コラムニスト、テレビ・ドラマ解説者。テレビ、ドラマ、タレントを専門テーマに、メディア出演やコラム執筆を重ねるほか、取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーとしても活動。さらに、独自のコミュニケーション理論をベースにした人間関係コンサルタントとして、1万人超の対人相談に乗っている。著書に『トップ・インタビュアーの聴き技84』(TAC出版)など。
2015.10.31 07:00
NEWSポストセブン
NEWSポストセブン
夏目三久 日々の早起きに耐えるため週1トレーニングこなす
 堂々とした風格をまとうクールビューティーの夏目三久アナウンサー(30才)。MCを務める『あさチャン!』(TBS系・月~金午前5時30分~8時)では、周りに気を配りながら、テキパキと番組を進行していく。ほんわか笑顔のイメージが強い夏目だが、朝の現場では颯爽としていた。「ちょっとした言い間違いはしょっちゅう」と笑う夏目だが、スタジオの周囲に気を配り、堂々とした様子、現場の統率力には迫力すら感じられる。「迫力ですか? 出したくないです(笑い)」 CMの合間にはポケットからタブレットキャンディーを出してパクリ。イスの背にはペットボトルの水を常備。「実はドキドキしているんですよ。出さないようにはしていますけど」 スタジオの堂々とした様子とは変わり、取材中は言葉を慎重に選びながら静かに話す。「バラエティーではあまり意気込んでしまうと、うまくいかないので、マツコさんや有吉さんとは相手の懐に飛び込もう、お任せしようというスタンス。でも、『あさチャン!』はメインで立たせてもらっている以上、それだけではだめだと思っています。周りの声に耳を傾けながら、『あさチャン!』らしさをどう出していくかが大きな課題です。 毎日の生放送では、失敗も多々ありますが番組中は落ち込んでいる暇がない。終わったら反省して、それを翌日にいかす、毎日その繰り返しです。日々の早起きに耐えうるべく、この仕事を始めてから週1回トレーニングに通うようになりました。体が資本ですから」【プロフィール】夏目三久(なつめみく)/大阪府出身。東京外国語大学卒業。O型。日テレを退社し、2011年よりタレントとして活躍。『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)では、3人の掛け合いが人気。
2015.06.02 07:00
女性セブン
TBS朝の顔夏目三久 一人『めざまし』エースアナ軍団と勝負
TBS朝の顔夏目三久 一人『めざまし』エースアナ軍団と勝負
 夏目三久アナが、4月から『朝ズバッ!』(TBS系)の後番組のキャスターを務めること決まった。現在、『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)、『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)などの人気番組を担当している夏目アナだが、朝のニュース情報番組の司会は初めてとなる。この夏目アナの大抜擢を喜んでいるのは、何といっても所属事務所だろう。「同じ事務所のタモリさんの『笑っていいとも!』が3月で終わってしまう。一説には1本200万円といわれるギャラが入ってこなくなるわけですから、事務所としては相当な打撃になるわけです。月に直せば、4000万円ほど。仮に事務所に入る金額が4割としても、1600万円。年単位だと、約2億円近い損失になるわけです。 そこに、夏目アナの帯番組が決まった。事務所にとっては救世主の誕生です。夏目アナのギャラは、最初は1本数十万円だと思います。しかし、視聴率が好調であれば、徐々に上乗せされていくでしょう」(芸能関係者) 現在、同時間帯のニュース情報番組では、『めざましテレビ』(フジテレビ系)がトップを走っているが、夏目アナを起用するTBSに勝算はあるのか。芸能記者はこう分析する。「TBSとしては、予期せぬ出来事でみのもんたさんが降板。高額ギャラのタレントが去り、さほど金のかからない夏目アナと明治大学教授の齋藤孝氏のコンビになり、コストカットにも成功。あとは、いかに視聴者を引っ張れるかでしょう。 やはり、朝はサラリーマン男性の心をつかむ爽やかな女性が画面を飾ったほうが数字にも結びつきやすい。だからこそ、『めざましテレビ』は生野陽子アナ、加藤綾子アナ、三田友梨佳アナといったフジテレビの誇るエース女子アナを送り込んでいる。そう考えると、朝の顔として、夏目アナを起用するTBSの意図は十分に読み取れます」 とはいえ、夏目アナが戦う相手は強敵揃い。昨年12月に発表された『好きな女性アナウンサーランキング』(オリコン調べ)では、2位に加藤綾子アナ、4位に生野陽子アナとフジテレビ勢が上位につけた。一方の夏目三久アナは10位。TBSでベストテンにランキングされたのは、枡田絵理奈アナ(8位)しかいない。 週刊文春調べの『好きな女子アナ』ランキング(昨年11月発表)では、2位の加藤アナはオリコンと同順位だが、枡田アナが3位につけてくる。夏目アナは7位。TBS勢では、田中みな実アナが5位。ベスト15のなかに入っているTBS女子アナは、この2人だけだ。「人気度ではカトパンやショーパンに負けている夏目アナとしては、TBSの人気女子アナの“援護射撃”が欲しいところ。ただ、枡田も田中も、多数の番組を抱えており、現実的には朝番組での共演は難しいかもしれません。となれば、ほかの女子アナに期待したいところですが、正直TBSはコマ不足の印象が否めません」(前出・芸能記者) ショーパン、カトパン、ミタパンVS夏目アナ……では、若干荷が重いか?
2014.02.12 11:00
NEWSポストセブン

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン