不倫一覧/2ページ

【不倫】に関するニュースを集めたページです。

公務員なのに…(イメージ)
警察官、消防士、自衛隊員… 公務員の職場情事発覚で処分続々の背景
 近年、堅いイメージのある公務員が、「職場情事」に及ぶ事例が次々と発覚している。不倫カウンセラーの立花凛氏がその背景を次のように指摘する。「公務員に限らず、不倫の相談件数がコロナ以降、2~3割増えています。コロナ禍で夫婦関係を含めてストレスが溜まっているのでしょう。かといって飲み会などは限られるため、自ずと職場での人間関係から不倫に発展するケースが目に付きます。 それに関連して、職場で行為に及んでしまったという相談も増えています。医師が当直の仮眠室で、弁護士が事務所のソファーでといった事例を実際に聞いています。 公務員の場合、コロナで外食なども厳しく制限されているため、なおさら職場でせざるを得なくなるのかもしれません。しかし、何度も繰り返すにあたっては、やはり倫理観が破壊されて嵌まっていく側面もあるのでしょう」「ウチの子優秀やのに…」 職場情事の事例が突出しているのが、犯罪を取り締まるはずの警察官だ。今年2月、大阪府警の同じ警察署に勤務する男性巡査部長(38)と女性巡査長(28)が「署内性行為」に及んでいたことが分かった。 2人は不倫関係にあり、同僚警官が市民の安全のため奮闘する最中に、署内の執務室や休憩室で体を交えていた。性行為は3度に及んだという。 兵庫県警のケースはさらにすごい。2020年1~2月にかけて、兵庫県警尼崎東署の管内にある交番に勤務する妻子のある男性巡査部長(32)と、その部下である独身の女性巡査(21)は、交番勤務のほかの警官が出払って2人きりになったときを見計らったのだろうか。休憩室で複数回、体を重ねた。 兵庫県警の調べに、男性巡査部長は「指導しているうちに巡査を好きになってしまった」と語ったという。 渦中の2人は懲戒処分と訓戒処分になった。兵庫県警の乱行ぶりはこれにとどまらない。2019年8月頃から2020年2月頃にかけて、兵庫県警甲子園署に勤務する既婚の女性巡査部長(29)が、同じ甲子園署に勤務していた既婚の男性巡査長(26)を管内の交番に呼び出し、夕方から休憩室で、そして署の執務室でも行為に及んだ。 直後の同年3~5月頃には、女性巡査部長は別の男性巡査部長(33)と署内の参考人室で2人きりになった際に、キスなどをしていた。この男性巡査部長も既婚者だった。 その後の内部通報により、彼らの「交番内情事」が明るみに出た。既婚の男性警官2人を手玉に取った女性巡査部長はどんな人物か。県警関係者が語る。「幼少期から名門スイミングスクールに通い、オリンピックも夢ではないと言われていた。体力に自信があるボーイッシュなタイプです。警察官になった後も、県警の代表として水泳大会に出場して好成績をおさめていました。巡査部長の昇任試験も一発で合格したエリートです。 県警の内部調査では、警察官2人との不倫関係について『けじめがつけられなかった』と語りました。女性巡査部長は夫も警察官だったが、交番での性行為発覚後、離婚が成立したそうです」 減給10分の1(3か月)の懲戒処分を受けて、依願退職した女性巡査部長の自宅を訪れると、母親がこう話した。「処分なんて受けてない。表彰は受けてますけどね。ウチの子優秀やのに……」 兵庫県警の事例はまだほかにもある。「2017年9月にも、兵庫署内の道場に隣接する個室で、当直勤務中の女性巡査(30)が既婚の男性警部(39)と行為に及んでいたことが発覚しました」(地元紙記者) なぜ、警察署内での情事発覚が目立つのか。元兵庫県警警部補で行政書士・探偵の飛松五男氏が指摘する。「今はかつて少数だった女性警察官の数が増え、女性警察官が交番の泊まり勤務をする機会も増加しました。その流れもあり、警察官同士の恋愛や不倫関係が増えています。しかも交番や警察署には仮眠のための休憩室や畳の部屋、布団などが整備されていて、武道場や参考人室など、人目につかない場所には事欠きません。警察官は夜勤や当直勤務も多く、不倫している2人が夜勤のシフトを自分たちで組めば、交番や警察署をラブホテル代わりに利用することは十分に可能です」 警察庁によると、2021年に懲戒処分を受けた警察官と警察職員は204人。理由で最も多かったのは、盗撮や強制わいせつ、セクハラなどの「異性関係」だった。追及されて「火消し」に失敗 女性が増えたことでトラブルが目立つようになったのは消防士や自衛隊も同じだという。 2020年10月頃~2021年3月頃にかけて、名古屋市消防局の中消防署に勤務する既婚の男性消防士長(28)と独身の女性消防士(25)が、消防署の仮眠室や脱衣所で複数回にわたって性行為を繰り返した。「すでに24時間の勤務が終わって帰るはずの2人が仮眠室に入り、性行為を行なっているのを同僚が目撃した。それで2人の関係が発覚しました」(名古屋市消防局総務部人事課) 当初、男性消防士長と女性消防士は「みだらな行為をしていない」とウソの報告をし、男性は女性に口止めまでしていたが、説明の食い違いなどを追及されて認めた。「火消し」に失敗した男性消防士長と女性消防士はともに退職した。 今年1月、前代未聞の職場情事画像流出に見舞われたのは陸上自衛隊だ。流出した画像に写っていたのは、陸上自衛隊の現役幹部A氏とみられる男性。A氏が所属先の駐屯地で、自衛隊員とみられる複数の女性と行為をしている最中の生々しい画像だった。 さらにA氏が綴ったとみられる日記のスクリーンショットも流出した。そこには「駐屯地情事」を示唆する猥雑な言葉が並んでいた。 A氏が所属する駐屯地の広報班は、流出した画像がA氏本人であることを認めた。A氏が個人で所有するパソコンから、何らかの原因で情報が流出したとみられる。自衛隊関係者が語る。「A氏が所属した通信関連の部隊は女性隊員の比率が高い。隊員同士が男女の関係になる可能性がほかの部署よりはるかに多かったと言えます。しかもA氏は現役幹部で、一緒に仕事をする一般隊員には雲の上の存在。そうした力関係も影響したのではないか」 公に尽くす立場であることを忘れてもらっては困る。※週刊ポスト2022年5月6・13日号
2022.04.28 21:00
週刊ポスト
都庁内でも不適切な行為が…(時事通信フォト)
教師や都職員ら公務員の職場情事が相次いで発覚 なぜ繰り返されるのか
 多感な時期の生徒たちはこの知らせをどのような気持ちで受け取ったのだろうか。今年3月、神奈川県川崎市の市立中学校に勤務する男性教諭A(38)と女性教諭B(34)が校内で性行為をしたとして、懲戒免職処分となった。 ともに既婚者の2人は、2019年6月頃から2021年8月頃まで、勤務時間中や放課後に中学校内で情事を繰り返した。川崎市教育委員会に情報が寄せられて2人の親密すぎる関係が発覚したが、確認された情事の回数は10数回にも及んだ。 A教諭は仕事熱心で、生徒や保護者からも頼られる人気教師だったという。同校に子供を通わせていた保護者はこう話す。「A教諭は体育教師でクラスの担任を持っていました。運動部の顧問も務めていて、その部活を県大会に何度も出場させるなど、成果をあげていたと聞いています」 別の保護者はこう話す。「長身で格好良いとお母さんからも評判でした」 一方、B教諭のほうは、「彼女も担任を持っていて、とても清楚な感じ。不倫をするような人には思えなかった」(同前)という。「お互いに既婚者なので、帰宅時間について家族に不信感を持たれないよう校内で関係を持った」 わざわざ校内でコトに及んだ理由について、川崎市教育委員会からの聞き取りにA教諭はそう釈明した。学校や教え子にバレるより、家族にバレたくなかったということか。 処分から1か月、このA教諭の自宅を訪れた。インターホン越しに現在の心境を尋ねると、A教諭は「大丈夫です」という一言を絞り出してスイッチを切った。ちなみに妻との同居は続いているようだ。 だが、A教諭やB教諭は特殊な存在ではない。 近年、堅いイメージのある公務員が、「職場情事」に及ぶ事例が次々と発覚している。不倫カウンセラーの立花凛氏がその背景を次のように指摘する。「公務員に限らず、不倫の相談件数がコロナ以降、2~3割増えています。コロナ禍で夫婦関係を含めてストレスが溜まっているのでしょう。かといって飲み会などは限られるため、自ずと職場での人間関係から不倫に発展するケースが目に付きます。 それに関連して、職場で行為に及んでしまったという相談も増えています。医師が当直の仮眠室で、弁護士が事務所のソファーでといった事例を実際に聞いています。 公務員の場合、コロナで外食なども厳しく制限されているため、なおさら職場でせざるを得なくなるのかもしれません。しかし、何度も繰り返すにあたっては、やはり倫理観が破壊されて嵌まっていく側面もあるのでしょう」都庁の庁舎内でみだらな行為 東京・西新宿のビル群にそびえたつ東京都庁。地上48階・地下3階建ての広大な庁舎内では、中年の都職員が人目を忍び、公務ならぬ「私事」に及んでいた。 昨年9月、東京都はオリンピック・パラリンピック準備局の男性副参事(52)と福祉保健局の女性主事(49)を、いずれも停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。 都によると、2人は2012年8月から2013年3月にかけて、庁舎内の業務用パソコンで281通もの私用メールを送り合った。 2013年には男性職員が女性職員を誘い、都庁内で、2度にわたってみだらな行為を行なった。2人は職場の同僚で、女性職員は都の聞き取りに、「肉体関係を迫られて断われなかった」と告白。2人が送り合ったメールには、都庁内で人知れず行なった性行為の感想を赤裸々に語り合う内容が含まれていたという。 2019年に都の公益通報窓口に届け出があり、内部調査を行なった結果、不適切な行為が認定された。「調査では執務室のあるフロアで行為を行なったことが分かりましたが、人目につかない場所だったようです。当人たちの聞き取りによると、体を触る程度だったと話しています」(東京都総務局人事部) 2017年には、兵庫県の西宮市役所に勤務する、ともに既婚の女性係長(40)と男性副主査(35)が、庁舎内で複数回、みだらな行為を繰り返していたことが発覚した。 公に尽くす立場であることを忘れてもらっては困る。※週刊ポスト2022年5月6・13日号
2022.04.27 21:00
週刊ポスト
銀の盾を前に配信を行うガーシーこと東谷氏
ガーシーch東谷義和氏が抱える多くの金銭トラブル 真剣佑から6000万円、RAD桑原から5000万円
「お前の非道を全部さらしたるからな!」。複数の芸能人から多額の金を借りたまま行方をくらましていた男が恐怖の暴露男として帰ってきた。借金や詐欺の実態を隠し通し、捨て身の暴露で荒稼ぎする男の行き着く先は──。《借用書》と書かれた紙を掲げ、神妙な面持ちでカメラを見つめる男性──彼の名は東谷義和氏(50才)。YouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch」で有名人の秘密を次々に暴き立て、親交のあった芸能人やスポーツ選手を震え上がらせる渦中の“爆弾男”である。 写真はいまから約1年半前、東谷氏が俳優の新田真剣佑(25才)と借金の返済について話し合ったときに撮影されたもの。2人の間に何があったのか。「真剣佑が東谷さんと親しくなったのは2017年頃。仕事を斡旋してもらったり、友人づきあいをする中で、真剣佑はすっかり彼を信用するようになり、事業がうまくいけば『増やして返す』という言葉を鵜呑みにして6000万円もの大金を貸してしまったのです」(真剣佑の知人) 借用書には東谷氏の直筆サインと拇印付きで《令和2年2月26日に借りた6000万円を令和3年の10月31日までに全額返済する》と書かれている。だが、期日を過ぎても約束が果たされることはなかった。 そして今年2月、東谷氏は突如としてYouTuberに転身。YouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch」を開設して、連日のように”芸能界の闇を暴く”暴露動画をアップしはじめたのである。「名前も住所も全部さらしたるで!」「首根っこ持ってでも引きずり下ろすからな!」  関西弁でまくし立てて、芸能人の悪事を告発する“ダークヒーロー”の出現にネットは大いに沸いた。「鬼の形相で芸能人に謝罪を要求する東谷氏の動画は大きな話題を呼び、怖いもの見たさの視聴者が殺到しました。チャンネル登録者数は113万人(4月19日現在)を突破し、動画の総再生回数は7400万回を超える盛況ぶりです」(芸能記者) 東谷氏が暴露するのは、主に有名人の女性関係や関係者しか知り得ない内輪のトラブルだ。「東谷さんの肩書は表向きにはアパレル会社の社長でしたが、芸能人や経営者に女性をアテンドする裏の顔を持っていました。いわゆる“女衒”です。本人いわく7000人以上いる知り合いの中から、必ず好みに合った女性を紹介し、旅行に行きたいときはチケットやホテルをすぐに押さえてくれる。口が堅く顔の広い東谷さんは多くの著名人に重宝され、彼らと“秘密”を共有していました」(飲食店関係者) 古くから東谷氏を知る関西の友人が言う。「20代の頃は板金屋や中古車を売る仕事をしながら、毎晩のように大阪のクラブで遊んでいました。弁が立つし、ナンパもうまいけど、当時から女性を口説くことより人脈を広げることに夢中になっていましたね。休日の昼間に空いているディスコを利用してイベントを打ったり、パー券(パーティー券)を売って小遣いを稼いでいました。 ミナミの飲食店に出入りしてロンドンブーツ1号2号の田村淳さんや島田紳助さんと面識を持つようになったあたりから、芸能界に人脈を広げていったのです」 東京に進出後、西麻布などにバーを開くと山田孝之(38才)や佐藤健(33才)、三浦翔平(33才)ら人気俳優が入り浸るようになり、東谷氏の存在は芸能界でも広く知られるようになった。「早急に法的措置を取ります」 その彼がなぜ、友人たちを裏切って暴露をはじめたのか。実は東谷氏の周囲は以前から異変を察知していたという。「主な原因は麻雀です。もともとギャンブルに目がない彼はレートの高い違法の賭け麻雀にハマり、一晩で1000万円近く負けることもあった。その穴埋めで高利の金を借りて首が回らなくなり、金銭トラブルの噂が絶えず聞かれるようになったんです。世話を焼いた芸能人から距離を置かれるようになると『あいつが俺の悪口を言っている』と苛立ちを隠さず、人間不信に陥っているようにも見えました」(前出・東谷氏の友人) YouTubeをはじめた東谷氏は、「手のひらを返したやつは全部さらす!」と宣言したが、一方的に暴露される芸能人はたまったものではない。「酒癖の悪さや、ギャンブル癖、交際相手の実名に至るまで、人気俳優やアイドルの裏の顔が次々に暴かれました。影響力は予想以上に大きく、動画で取り上げられた城田優さん(36才)は出演していたCMが続々と非公開に。プライベートの写真をさらされた綾野剛さん(40才)は出演が予定されているドラマの降板危機が取り沙汰されました」(前出・芸能記者) そして4月7日、チャンネル登録者数が100万人を突破した記念として爆弾投下のターゲットにされたのが真剣佑だった。「好青年の印象があるイケメン俳優の真剣佑さんですが、東谷氏は『極悪非道』と断罪し、脱税疑惑や不倫にレイプ、女性へのDV、さらに反社会的勢力とのつながりなど、彼に関する真偽不明の衝撃的なエピソードを暴露したのです」(芸能記者)速射砲のように繰り出される東谷氏の関西弁には底知れぬ迫力があり、いかにも真実味があるように聞こえるが、真剣佑の所属事務所はこう反論する。「東谷氏の発言には、明らかな虚偽や事実誤認、時系列の矛盾点が含まれ、犯罪行為は本人も明確に否定しています。確たる証拠のない証言には事務所として断固として抗議し、弁護士と相談した上で早急に法的措置を取ります」 告発に虚偽の内容があった場合、法的にはどのような問題があるのか。エンタメ法務に詳しいレイ法律事務所の河西邦剛弁護士が解説する。「YouTubeにおける発言には表現の自由として守られる権利がある一方で、相手の社会的評価を低下させる内容があれば名誉毀損罪に問われる可能性もあります。また、脅して裏で金銭を要求したり、債務を免除しようとすれば恐喝罪に当たってきます。東谷さんは映画の実名を挙げて『絶対公開させない』と発言していましたが、告発内容が事実でなかった場合は、偽計業務妨害罪に問われる可能性もあるでしょう」 多額の金を貸していた芸能人は真剣佑だけではない。東谷氏が「いちばんの友人」と言うロックバンドRADWIMPSのギター・桑原彰(37才)も5000万円近くを貸し付け、さらに「スキャンダルを揉み消す名目で1000万円を支払ったこともあると聞いています」(桑原の知人)という。捨て身の暴露で荒稼ぎしたツケを払う時期は、刻一刻と迫っている。中東や南米を転々としているという怪情報 韓国の人気アイドルグループBTSのファンだった20代の女性Aさんが、東谷氏から「BTSと韓国で遊ぶから来えへん?」と誘われたのは昨年夏頃。東谷氏のアパレル会社がBTSのグッズを手掛けることになり、航空券代とホテル代を支払えばBTSと行動を共にできるという触れ込みだった。Aさんが明かす。「彼には実際に有名人を紹介してもらったこともあり、具体的なスケジュールや飛行機の便名などの『日程表』が送られてきたので、すっかり信用してしまったんです。メールアプリのカカオトークでBTSのメンバーとやりとりをしている画面も見せられましたが、後で考えたらメンバーの名前のスペルが違っていたので、捏造だった可能性もあります。『急がないと枠が埋まる』、『いまなら間に合う』としつこく言われて、数十万円を振り込んでしまいました」 指定の額を振り込んだ後も東谷氏からの要求は続いた。「BTSメンバーと2人きりで話せるとか、飛行機の席をアップグレードしないかとか、細かく金銭を要求されました」(Aさん) 本誌・女性セブンは「BTSに会わせる詐欺」の複数の被害者に話を聞いたが、手口はほとんど一緒。「人数制限があるから誰にも言うなよ」と口止めをしつつ、ホテルやイベントに自由に出入りできるという“通行証”を用意したり、渡航のためのワクチン接種証明を準備するなど、手が込んだ詐取スキームなのだが、登場するのは東谷氏ひとり。「12時までにカネを振り込まんかったら、もうなかったことにするで」と切羽詰まった様子で金銭を求める口ぶりからは、ギャンブルで相当にお金に困っていたことがうかがえる。 それでも東谷氏を信じきっていた女性たちは、出国予定日の直前に「旅行は中止になった」と言われるまで、被害に遭っていることに気づかなかったという。「『返金する』という言葉を信じていましたが、次第に連絡しても返事が来なくなったんです。周りの人から『彼が詐欺をやってるのは有名だよ』と言われたときは愕然としました」(Aさん) 同時期に同様の被害に遭った女性は少なくとも20人以上いるとみられ、関東や関西で結成された「被害者の会」では、それぞれのグループが弁護士と慎重に話し合いを続けている。 東谷氏は、YouTubeの収益化が進み次第、被害者の返済に回すと公言しているが、どれほどの額が入金されるのか。ITジャーナリストの三上洋氏が解説する。「YouTubeは無料ですが、表示される広告によって収益が分配されます。1再生につき0.3円の広告収入があると仮定すると7000万回の再生数は2100万円に相当。さらに彼は月額490円の有料チャンネルを持ち、そこには4万人以上が加入しています。生配信で視聴者が支払う“投げ銭”も加えれば月に3000万円は稼ぐ計算です」 だが、仮に収益化できたとしても、一時は借金が5億円近くにまで膨れ上がったとみられる東谷氏が、被害者に優先して返済する保証はない。「高利貸しからも多額の金を借りていた彼には、先に返さなくてはならない債権者が大勢いるといわれています。ヒットマンから逃げるために中東や南米を転々としているという怪情報もあれば、関西に潜伏しているという説もあり、現在の居場所はわかっていません。一連の暴露動画は、債権者の指示で無理やりやらされていることで、同じく詐欺に手を染めて国際手配されている日本人と行動を共にしているという有力な情報もあります」(社会部記者) 東谷氏のツイッターに質問を送るとDMで回答があった。まず、BTS詐欺については「その件は自分であれば実行させることはできたかもしれないが、その資金を途中でギャンブルではめられてしまい、すべて失ってしまった。詐欺と言われても仕方ない。ただまもなくすべての被害者に弁済を終わらせる予定である」と説明。真剣佑への借金については、「多数のステマを提供していた流れから、資産運用もしくはマネーロンダリングを相談された。彼は芸能界でも有名であった為、投資資金を貸付資金名目で運用している部分もあった」と主張した。 RADWIMPSの桑原への借金については、「マッケン(※真剣佑のこと)など取り巻きのタレントにPRに協力してもらっていたアパレルの会社の運転資金として投資資金を受けた。が、同じ理由(※ギャンブル)もあり、全てを失い、その資金についてどうするかを穏やかに話し合っていた。その穏やかであった背景には、ラッドウィンプスの桑原が紹介してほしいと言った女性を紹介したり、多数の女性のアテンド等をしていたから、それに対する気持ちもあり、ラッドウィンプスの桑原も穏やかに話していたのだと思う(中略)解決金などについては、オレを取り巻くタレントたちが、不倫や未成年、レイプなど常に問題を抱えていたから、その件数が多すぎてどれのことを言っているのかがわからない。ただ、事実として数々の問題を起こしたり、そのような不倫の案件やレイプや美人局的な様々な問題や訴訟提起がされそうになった時に、以前から動画で話しているように、自分は何の利益も得ずに、何度もそういった問題を解決してあげてきた」と説明した。 前出のAさんが嘆息する。「具体的な返済計画の提示がない以上、彼の言葉を信じることはできません。詐欺を働いた彼が、“正義の味方”を気取って芸能人を断罪する姿には強い違和感を覚えます」 かつての友人に「覚悟しろ!」と吠える前に、まずは被害者の声と向き合い、自身の疑惑について答えることが先決ではないか。※女性セブン2022年5月5日号
2022.04.21 16:10
女性セブン
タレントもマッチングアプリを活用する時代に?(写真/共同通信社)
新山千春も出会った!マッチングアプリを使うタレントは「それなりにいる」
〈マッチングアプリで出会った20代男性と真剣交際〉──タレント・新山千春(41)の熱愛がスポーツ紙でそう報じられると、ネット上では「芸能人と出会える時代がやって来た」「夢のある話」などと大きな盛り上がりをみせている。 過去にはフリーアナウンサーの鷲見玲奈(31)がテレビ番組でマッチングアプリに登録したことがあると打ち明けたケースもあるが、女性芸能人と一般男性がアプリを通じて出会ったという交際報道は初めてだろう。芸能レポーターの佐々木博之氏は、芸能人の出会い事情の変化についてこう語る。「少し前まで女性芸能人の出会いは、IT系のベンチャー企業社長が芸能関係者と仲良くなって六本木ヒルズのパーティーに呼んで……といったパターンが多かったが、今はスマホ一つで知り合える。時代が変わったなと思います。2019年に元モーニング娘。の後藤真希(36)がオンラインゲームで知り合った一般人との不倫を報じられたことも驚きをもって受け止められましたが、今回はそれ以上では」 それにしても、芸能人が見ず知らずの一般人と出会いを求めるケースが本当にあるのだろうか。中堅芸能事務所のスタッフはこう語る。「マッチングアプリを使ったことのあるタレント、アイドル、モデルはそれなりの数いるでしょう。それというのも、“所属タレントは恋愛禁止”なんてルールは時代錯誤になってきて、『人権侵害』と捉えられてしまう。大口のCMを抱えている場合などは注意を促しますが、それ以外は本当に“プライベートは本人に任せている”という事務所が増えています。厳しく管理しない流れになったのと、マッチングアプリの普及の時期が重なったということもあります」 なにも、芸能人が怪しげな「出会い系サイト」を使っているというわけではないのだという。「たとえば代表的なマッチングアプリ『Tinder(ティンダー)』は海外で芸能人が利用している例もあるほどメジャーです。とりわけ若い年代ほど、出会いの機会のひとつとして捉えることに抵抗感はないので、芸能人が使っても不倫などでない限りはマイナスイメージがつくこともないでしょう。新山さんも、むしろアプリの広告に起用される展開があったりするのでは」(同前)“出会い方”の常識は大きく変わってきている。※週刊ポスト2022年4月29日号
2022.04.19 21:00
週刊ポスト
元吉本興業のものまね芸人でラジオパーソナリティの松山三四六氏(公式HPより)
参院選出馬のものまね芸人 地元アナと不倫疑惑も自民県連はGOサイン
 補選を含めて過去3回の参院選で野党が勝利している長野選挙区。議席奪取をめざす自民党が擁立するのが元吉本興業のものまね芸人でラジオパーソナリティの松山三四六氏(51)だ。 長野の人気ローカルタレントとして地元では抜群の知名度を誇る自民党の“切り札”候補だが、地元放送局の女子アナとの不倫疑惑をきっかけに松山氏の有力支援者が番組スポンサーを降板していたことが報じられた。 長野市の自民党員は渋い顔だ。「もともと地元の自民党は松山氏擁立賛成派と慎重派に割れていた。それというのも、長野市内の経済界が、タレント候補と女性問題にはとても敏感なんです。田中康夫・元知事に県政を振り回された経験がありますから。番組スポンサーを降りた後援者は長野市内の他の企業にも影響力が強いし、女性問題には公明党もいい顔をしていません」 一方、自民党長野県連は、“支障なし”とGOサインだ。「候補者公募の書類審査と面接で松山さんが選ばれた。経済界から女性問題の噂は流れていたから、面接の時に本人に確認したが、『食事に行っただけ』という説明があった。報道も説明の範囲内だったから、その後はこちらからとくに説明を求めていない」(事務局長) 松山氏は不倫疑惑については「すでに否定しておりコメントしない」とした上で決意表明を述べた。「信州は東京生まれ東京育ちの私にふるさとを作ってくれました。必ず恩返しを致します」 党内一致できるかが鍵を握りそうだ。※週刊ポスト2022年4月29日号
2022.04.19 07:00
週刊ポスト
aa
モラハラ夫と対峙するにはどうする? 重要なのは入念な準備と「第三者」の存在
『女性セブン』に連載されていた『これを愛と呼ぶのなら』(作・都陽子)の完結編となる第2巻が発売された。ラブホテルを訪れる男女の人間模様を描いた第1巻から一転、ラブホテルで働く綾子が、夫の不倫、そしてDVで追い詰められていく様が緊迫感をもって描かれている。果たして、妻は、夫の不倫やDVにどう対峙したらよいか。本作をテキストに、3人のエキスパートが解決策を探る。『これを愛と呼ぶのなら』はDV加害者と被害者の心理描写、特に、被害者が夫の不倫やDVに直面して戸惑い、怯え、思考停止に陥っていく様子が克明に描かれている。 壊れた夫婦関係の相談を受ける機会の多い3名の専門家は本作を読んで異口同音にこう話した。「実際、綾子のような女性が相談に訪れることも少なくありません」 彼らは、そうした悩める女性たちにどのようなアドバイスをしているのだろうか。物語の重要ポイントに焦点を当てながら、話を聞いた。夫の不倫に気づいたらまずすべきは証拠集め 主人公の専業主婦・有富綾子(以下、綾子)は、結婚して19年間、デザイン会社を営む夫・隆一と大学生の一人娘・美知を支えてきた。 ある日、綾子は夫の上着からラブホテルのレシートを発見する。以前から不倫を疑っていた綾子が法律事務所に相談に訪れると、興信所を使って証拠を取ることをすすめられる。しかし、綾子が取った行動は、夫に内緒で当該ラブホテルで働き、夫の不倫現場をその目で確かめることだった。 夫の不倫に気づいたとき、どうするのがいちばんいいのだろうか。夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さんはこう語る。「離婚するかしないか、慰謝料を請求するかしないかは別として、綾子のようにまず不倫の証拠を掴もうと行動に移すことは非常に大事です。離婚を望んでいない場合でも、証拠があれば周囲に助けを求めたとき、支援者はより親身になり、スムーズに動いてくれますから。 とはいえ、綾子のように浮気調査を素人が行うのはおすすめできません。尾行や待ち伏せに気づかれて失敗しやすいだけでなく、証拠隠しをされたり報復されたりして泥沼化するリスクが高いですから。確実に証拠を押さえたいなら、やはり興信所などのプロに任せるべきです」 家庭問題を多く扱う弁護士の森公任さんは、離婚を望む際にも証拠は有利になると語ったうえで、こう指摘する。「必ずしもラブホテルに出入りする現場写真ばかりが重要とは限りません。例えば『愛しているよ』『先週末の旅行は2人きりで過ごせて楽しかった』といった男女関係が明白な文言が入ったメールやLINEなどの画面写真でも不倫と認められるケースがあります」 同居している夫のメールやLINEを勝手に見ることは不法行為にならないか心配になるが、「問題ありません」と森さん。ただし、離婚の可否と不倫の慰謝料については、誤解している人が多いという。「裁判所は昔と違って現在は、綾子のように離婚したら母子家庭になり、専業主婦ゆえに生活に困窮しそうな側から離婚を申し立てた場合は、すでに結婚は破綻していると見なし、相手が応じなくても離婚が成立しやすくなっています。 その一方で、不倫の慰謝料は夫と浮気相手に対し多くても合計300万円程度。不倫相手だけに請求すると200万円が上限です。これは離婚や別居に至った場合の金額で、不倫は発覚したけれど夫婦関係が破綻しなかった場合には50〜100万円程度が相場です。何百万円も請求したいと相談に来られるかたがいますが、裁判になれば金額は以前に比べ、かなり低くなっているのが現実です。 また、不倫相手に慰謝料を請求できるのは、不倫の事実と不倫相手を知った日から3年間。慰謝料を請求するなら早めに動くことをおすすめします」(森さん)別れるか目をつぶるかその判断材料は 夫が不倫相手とやってくるかもしれないと緊張しながらラブホテルの受付で働く綾子は、離婚する勇気もなく、悶々とした日々を送る。作中では、自分にまったく関心を持たない夫を見て、思い悩む綾子の心中がこう綴られている。《関係を壊したいわけじゃない だからといって見て見ぬふりはできず でもわたしは つきつけられる現実が怖くて 決着をつけるのを先送りにしている》 不倫を問い詰めたら、これまで築いてきた家庭が壊れるかもしれないと思って身動きが取れない。森さんの法律事務所にも、綾子のようにどうしたいかわからぬまま相談に訪れる妻は多いという。森さんの話。「離婚すべきかどうかで迷っている人には、離婚後の生活費をどう確保できるか、国や自治体からの支援の対象になるか。財産分与や養育費、慰謝料の金額などについても一緒に確認し、目標が定まれば道筋を立てていきます。 ただ、養育費ひとつとっても、子供を育てながら生活するには充分ではなく、収入が少ない女性の中には、離婚後の生活の厳しさを考えて、渋々結婚生活を続けるケースも少なくありません」夫にモラハラやDVの気質があったら 物語の後半では、夫・隆一のモラハラ(モラルハラスメント)気質が浮き彫りになり、綾子を殴ったり縄で縛り付けたりといった身体的暴力を伴う生々しいDVも描かれていく。 DV被害者の相談・支援を行うフェミニストカウンセラーの加藤伊都子さんは、こう話す。「モラハラとは、大声で怒鳴り威嚇する、無視するといった精神的DVの一種で、相手を精神的に支配して従わせようとする行為です。妻を“自分のモノ”と考える隆一は、まさに典型例です。残念ながら、こうしたタイプを結婚前から見抜くのは非常に難しい。得てしてDV加害者は外面が天下一品によいうえ、結婚後や妊娠中など妻が安定して“自分のモノ”になり、逃れられなくなったと確信した時点で、本性を現わすからです」森さんによると、「モラハラ加害者には、医者や大企業の役員、官僚など社会的に成功している人がとても多い」という。「彼らは信念をもって生きているわけですが、その価値観を妻に押し付けると、言い負かされることに疲れてしまった妻たちは諦めて従うようになり、モラハラになるのです」(森さん) 一方で、夫からモラハラやDVを受けていることに気づいていない妻も多いという。綾子の場合も最初、自分がDVを受けていることに気づいていなかったが、それがどんどん過激になっていき、ようやく夫との夫婦生活はすでに壊れていたことに気づく。 加害行動が激化するきっかけは、ちょっとした変化だと加藤さんは話す。「加害者は、“自分のモノ”としておとなしく従属していると思えているときはまったく関心を示さないのに、妻が自分のもとから離れる気配を見せると、俄然執着し始めます。隆一の場合も、綾子が外で男性と密会しているのを知ってから、綾子のスマートフォンにGPSアプリを入れて行動を監視するようになりました。そして身体的DV、さらには嫌がる綾子に性行為を強要する性的DVへとエスカレートしていったのはそれを表しています」 では夫にモラハラやDVの気質があると気づいたら、どうすべきか。話し合いをすれば、相手は変わるのか? 高草木さんは否定的だ。「モラハラやDVの気質を持っている人は、何を言っても聞こうとしない、否定する、自分にとって好都合なことしか提案しません。そんな人とは、2人きりで話し合うことは避けるべき。綾子のように話そうとしても言葉をのみ込んでしまったり、ましてや夫に“洗脳”されてしまっている状態では、言いくるめられて終わりです。 もしどうしても話したいことがあるなら、親族や共通の友人など第三者のいる場で、切り出しましょう。特に、本作の隆一のような、いわゆる“DV夫”は、世間体を気にするので話し合いに応じようとすることもあります。私の相談者で、『カウンセラーに相談したいことがあるんだけど、私はうまく話せないからついてきてほしい』と言って夫を私のもとに連れてきたケースもありました。 モラハラ夫に対峙するには言葉の選び方から入念に準備する必要があるのです」 森さんは第三者の選び方にも注意を促す。「彼らは、自分はよかれと思ってやっているのでモラハラをしていることに気がついていません。例えば親が妻を助けようと間に入ると『自分と妻を引き離して自分の手元に置いておきたいから親が勝手なことを吹き込んだ』と言って逆恨みする人が少なくありません。私たちに対して『夫婦仲がよかったのに、弁護士が入ったせいで悪化した』と言ってくる人もいるぐらいですから、なるべく専門家に依頼した方がいいでしょう」妻たちが目を覚ましDV夫から逃れるまで 綾子の場合も、隆一によって精神的に追い詰められ、行動に移せるほどの気力もなく、“思考停止状態”になっていた。そんなとき、周りに協力者がいれば、突破口につながる。夫と直接向き合うのではなく、相談所に伴うことだ。高草木さんの相談者の中にも、両親や友人が被害に気づいて、カウンセリングや相談所へ連れていき、進展したケースも多いという。 外出できない場合でも、逃げ道はある。例えば電話やメール、チャットで相談に乗ってくれる「DV相談+(プラス)」だ。「DV相談ナビ」に電話をすれば、最寄りの自治体の相談機関につないでくれる。 そうすれば、そうした機関などの支援を受けながら、内容や緊急性に応じて、住民票を移しても夫が閲覧できないようにする「DV等支援措置」の申し立てや、シェルターなど一時避難先を利用することができる。「シェルターなどに避難できれば、居場所がわからぬよう配慮されているため夫に連れ戻されたり危害を加えられる危険性も少なく、生活支援も受けられます。またDV加害者が被害者である妻や子どもに近寄れないように法的措置を取る『保護命令』を裁判所に申し立てるケースもあります。 綾子の場合、夫の暴力で腕に外傷を負いました。その時点で傷痕の写真や診断証明書などの証拠を携えて相談に行けば、すぐ保護命令を受けられた可能性がありました。もちろんDVの様子がわかる録音、録画、そのほか日記、夫から罵詈雑言を受けているLINEの画面があれば、それも証拠になりえます。 できれば、家を出る前に預金通帳など資産状況がわかるものもコピーや画面保存をしてください。別居したら資産状況がわかりませんし、離婚手続きの財産分与の際に、加害者側に“財産隠し”をされる可能性がありますから」(森さん) 無事に別居ができたら、弁護士などを通じて家庭裁判所に離婚調停の申し立てや、通常の社会生活を維持するために必要な生活費を求める婚姻費用の分担請求を行おう。DV被害を受けている場合、現住所を伏せたまま離婚調停を行うことが可能だ。「すぐに離婚ができない場合は婚姻費用を一日も早く請求するようすすめています。婚姻費用は収入の多い方が少ない方へ支払う義務があり、請求した月からさかのぼって支払われます」(森さん)自分を責めがちな人が前に進むために だが、夫から離れてもなお、「自分に非があったのでは」と思い悩んだり、夫の“洗脳”からなかなか抜け出せない妻もいる。夫から物理的に離れて1年後にようやく目が覚めたというケースもあるという。妻が自責の念から抜け出し、前に進むにはどうしたらいいのか。 加藤さんは、「綾子は自分を責め続けていましたが、客観的に見て綾子は何も悪くない」と断言したうえで、こう話す。「人間、誰もがより自分らしく、充実した人生を歩みたいという願望を持っています。その気持ちをDV夫は『お前が働けるわけがない』などと摘んでいく。その積み重ねで、妻はどんどん自尊心が低くなり思考停止状態に陥ってしまうわけですが、それでも、かすかな希望が絶えず目を覚ましてくる。そんな折、丁寧に扱ってくれて話を聞いてくれる人に出会うと、自尊心を取り戻し、現状から抜け出そうとする元気が湧いてきます。 本作でいえば、それが柴の存在でした。世間的には柴との関係は不倫となり、非難する人もいるかもしれません。でも、柴は綾子が前に進むために必要不可欠でした。そこを理解してくれる女性相談員や身内に協力を仰ぐと、少しずつ前に進めるのではないでしょうか」 もし夫婦関係に少しでも思うところがあれば、本作を手に取ってみてほしい。そのリアリティーのある物語と描写から、見えてこなかった問題に気づき、道が開けるきっかけとなるかもしれない。◇森公任/弁護士。森法律事務所代表。離婚、相続、DVなどの家事事件を長年取り扱う、夫婦問題のエキスパート。近著に、『妻六法』(森元みのり氏との共著)がある。◇加藤伊都子/フェミニストカウンセラー。大阪市の「フェミニストカウンセリング堺」や自治体の相談室で、女性を対象に、夫婦関係やパートナーからのDV被害、母娘関係のカウンセリングや支援活動を行う。◇高草木陽光/夫婦問題カウンセラー。都内で「HaRuカウンセリングオフィス」を開き、夫婦問題、家族問題の悩み相談を受けながら、解決に向けてカウンセリングする。※女性セブン2022年4月21日号
2022.04.10 16:00
女性セブン
TBSエースの江藤愛アナ 日陰の彼女を救った「三田寛子の言葉」
TBSエースの江藤愛アナ 日陰の彼女を救った「三田寛子の言葉」
 2012年から出演している『ひるおび!』のアシスタントに加え、昨年秋からは『THE TIME,』の木・金サブキャスターを兼任。朝昼の帯番組を掛け持ちし、もはやすっかり“局の顔”となったTBSの江藤愛アナ(36)。 昨年春の人事では、課長クラスである「エキスパート特任職トップスペシャリスト」に昇進。名実ともに同局のエースアナとなった江藤アナだが、一見おっとりした彼女が、シビアな女子アナ業界を駆け上ってきた影には、ある人物の支えがあったという。『ひるおび!』関係者が明かす。「『ひるおび!』金曜コメンテーターの三田寛子さん(56)です。あまり知られていませんが、2人はプライベートでも大の仲良し。江藤さんは、三田さんの息子さんたちの舞台があるときは、時間さえ合えば歌舞伎以外の小劇場の公演にも駆けつけるほどです」 現在は押しも押されもせぬエースである江藤アナだが、実はここまでの道は平坦ではなかった。「江藤さんの同期には、現在はフリーアナウンサーに転向した田中みな実さん(35)がいました。独特の“ぶりっ子キャラ”に自らの恋愛スキャンダルもネタに変えていく田中さんにばかり脚光が当たり、どうしても江藤さんの影は薄くなってしまった。江藤さんの持ち味は田中さんと対照的に、進行を順調に進めることをメインとした“自分の色を出さない控えめなアシスト”にあるのですが、それが裏目に出たのか、一時期はネットでも『暗い』『お昼の時間にあんな物静かな女子アナを出さないでくれ』という心ない声が多くあがっていたんです」(同前) そんな逆風の中の江藤アナを支えていたのが、三田だった。「中村芝翫さん(56)と結婚した三田さんは、元アイドルという伝統芸能の世界とは無縁な場所から、歌舞伎界の名門・成駒屋の嫁として凄まじい努力を重ね、芝翫さんのケアだけではなく、3人の息子をも歌舞伎役者に育てあげた。現在は梨園の妻の中ではトップレベルの位置にいる三田さんですが、はじめは『アイドルに梨園の妻が務まるのか』などと批判を浴びたことも。 そんな逆境下で苦労してきた自分と、伸び悩んでいた江藤さんを重ね合わせたのでしょう。三田さんのほうから江藤さんに声をかけ、悩みを聞き、どうやって自分が逆境を乗り越えてきたかなどを話していたと言います。江藤さんが出番の前には決まって三田さんが『おきばりやす!』(京都弁で『頑張ってね』の意味)と声をかけて励ましていたそうです」(同前) 三田の“教育”は仕事面だけにはとどまらないという。「独身の江藤アナですが、コロナ前には女性スタッフとも『女子会』を開き、仕事だけではなく、自らの“恋バナ”も相談していたそうです。仲良しの三田さんにも恋愛相談をしているのではないでしょうか。三田さんといえば先日、夫・芝翫さんの“4度目の不倫疑惑”が取り沙汰されましたが、江藤さんには“夫の浮気に寛大になるような教え”も伝授しているかもしれませんね」(同前) 三田のアドバイスを受けた江藤アナの魅力はこれからますます多くの人に伝わっていきそうだ。
2022.04.01 16:00
NEWSポストセブン
モラハラ夫に追い詰められていく妻を描いたコミック『これを愛と呼ぶのなら』
“ラブホの上野さん”が読む『これを愛と呼ぶのなら』 左手ばかりが描かれる理由
 単行本第1巻が話題沸騰中で3月30日に第2巻が発売されるマンガ『これを愛と呼ぶのなら』(作・都陽子)。ラブホテルを舞台に人間模様を描いた本作を、ラブホテルスタッフとしてリアルな現場を見続けた経験から、現在は恋愛相談やマンガ『ラブホの上野さん』の原作も手掛ける上野さんはどう読んだのか。 * * * 私はラブホテルで働いて10年ほどになりますが、やはり場所が場所なだけに人間ドラマを目撃することも少なくありません。「うちの旦那が浮気相手と201号室にいるはずだから部屋に入れて」と鬼電をする女性。週5で毎回別の女性とやってくる常連の男性。一般生活ではなかなか見ることができないような深い人間模様と出会うこともこの仕事の特徴の1つでしょう。 今回ご紹介する『これを愛と呼ぶのなら』は、まさに私が見てきたようなラブホテルにまつわる18本のエピソードが収録されております。 さて、今回は18本の中でも、私が最もオススメする1話をご紹介させていただきましょう。 第12話。君恵と雅樹の物語。 この話を一言で言ってしまえば同窓会で再会した雅樹と君恵がラブホテルに行くというただそれだけの話なのですが、その心の動きの描写が実に見事なのです。 特に着目していただきたいのが手の動きでしょう。 この話の序盤、君恵の手が描かれるときはいつも左手。そのため何度も彼女の結婚指輪が描かれております。 結婚指輪はまさに結婚の象徴。つまりこの時点で君恵は「既婚者」として描かれているのです。 それはセックスのときでも変わりません。雅樹に抱かれているときの君恵の指には、あからさまなほどに結婚指輪が描かれているのです。抱かれている最中であっても、自分は既婚者であり、これはよくないことであると彼女の脳裏にちらついているということを象徴しているのでしょう。 しかしセックスが終わり、君恵がシャワーを浴びている最中に雅樹が帰ってしまうと、状況は一変します。 ホテルの部屋に残された「先に帰ります」というメモ書き。その紙を掴むとき、君恵は初めて右手を使いました。 それではなぜ君恵はここで右手を使ったのか。それは「先に帰る」というメモを見て、君恵は雅樹が既婚者であると思い知らされたからに他なりません。待たせている家族でもいなければここまで慌てて帰る必要などないのですから。決して不倫をしたいわけではないけれど 実はこの話において雅樹の左手は一度たりとも登場しません。手をつなぐときもご飯を食べるときも君恵を抱くときも、雅樹の左手は常に隠されている。それは君恵が「見て見ぬふり」をしていたことの象徴であり、心のどこかで不倫を望んでいたと言えるでしょう。 決して不倫をしたいわけではない。だけど心のどこかで刺激を求めてしまう自分がいる。だからこそ雅樹の左手の指輪を見て見ぬふりをしていたのです。 しかし、彼女は彼のメモで彼にも家庭があることを思い出してしまう。そして彼女はここで初めて右手を使うのです。 普通なら逆でしょう。彼と会っているとき、彼に抱かれているときにこそ右手を使うべきなのです。しかし君恵は抱かれたからこそ、彼との思いに熱が入ってしまった。抱かれる前は火遊び程度だったのに、抱かれてしまったことで本気になってしまったのです。 世の中に不倫は絶えることがありませんが、きっと多くの不倫はこうして始まるものなのでしょう。軽い火遊びのつもりがいつの間にか大火になってしまう。雅樹が抱いた瞬間にメモ書きひとつでそそくさと帰ってしまうのとはあまりにも対照的で、そしてそれが今後君恵に降り注ぐであろう不幸を想起させています。 その後、ホテルを後にして電車に乗った君恵は窓に映る自分の“右手”を見て後悔をし始めるのですが、ここで右手を見てしまっているのもまた君恵の地獄を象徴していると言えるでしょう。雅樹に対しての思いを打ち消すのであれば、ここでこそ左手に輝く結婚指輪を見つめなければならなかった。しかし無意識に彼女は自分の右手を見てしまっているのです。 電車を降り、自宅に向かう君恵がまたよい。彼女が乗っていたのは終電車なのですが、自宅の最寄り駅に着いた君恵はわざわざ自宅に電話して「これから帰るけど、何か買ってきて欲しいものある?」なんてことを娘と旦那に聞くのです。そして2人に「いらない」と言われると、強引に「プチシュー」を買って帰ろうとしました。 普通なら同窓会を出るときに「これから帰るね」と言うものでしょう。迎えに来てもらうわけでもないのに、どうして最寄り駅に着いてから電話をしたのでしょうか? そんなの決まっています。彼女もまた「雅樹と何かあるかも」と心のどこかで願っていたからに他なりません。 それではどうして最寄り駅に着いたら電話をするのか。「何か買ってきて欲しいものある?」という取ってつけたような言葉にあります。浮気をした男が彼女に妙に優しくなるのと構造は変わりません。娘と旦那に「いらない」と言われているのにプチシューを買ってくと言い出すのは、何かを買わなければ罪悪感で押し潰されてしまう君恵の心をよく表しているでしょう。不幸になる女と幸せになる女の基準『これを愛と呼ぶのなら』の作者である都先生は2011年に「beyond the line」でデビューされましたが、2017年頃から作風が激変します。 言葉は悪くなりますが、初期の都先生の女性キャラは男性目線で見るとクソ野郎ばっかりでした。「恋のためならどんなことをしても女の子は無罪!」とでも言いたげで、女性が起こしたクソみたいなピンチも颯爽と王子様が現れて解決してくれるような話といえば分かりやすいでしょうか。 しかし2017年の頃から、その作風が変わりました。たとえ女であっても、ある条件を満たさない女には不幸の鉄槌を叩きつける。そしてその都先生の信念が表れた作品こそ『これを愛と呼ぶのなら』でしょう。 本書には18本のエピソードが収録されておりますが、そのうち12本までが女性にとって不幸な終わりを迎えます。逆にいえば6本はハッピーエンドになるのですが、都先生は「不幸になる女」と「幸せになる女」を明確にある基準で分けているのでしょう。 その基準こそが「自分の気持ちを正直に話すことができるかどうか」。 どれほど努力しようと、どれほど健気だろうと、自分の気持ちに正直ではない女には不幸の鉄槌を叩きつける。6人の女性は自分の気持ちを正直に話したからこそ幸せになれたのです。 それでは君恵はどうなるのでしょうか。  彼女は「これは酒の勢い」と自分に嘘をつき続けました。そんな彼女を待っているのは、きっと不幸な物語でしょう。【プロフィール】上野さん/Twitterのフォロワーは33万人超。ラブホテルスタッフとして見た人間模様をもとにTwitterでつぶやいた文章が人気に。現在はテレビドラマにもなったマンガ『ラブホの上野さん』の原案や恋愛コラムの執筆など、幅広く活躍中。※女性セブン2022年4月7・14日号
2022.03.27 16:00
女性セブン
Aさんが出入りするマンションから出てきた中村芝翫(3月22日)
中村芝翫 再び「京都密会美女」とまん防破りの深夜逢瀬
 カウンター4席にボックス席が2つ。10人も入れば満席になる東京・渋谷の小さな隠れ家バーで、酒を片手に談笑する一組の男女がいた。男性は歌舞伎役者の中村芝翫(なかむらしかん・56)、女性は熊田曜子似の美女である。まん延防止等重点措置(まん防)の下、人気もまばらとなった3月20日の夜10時、芝翫はこのバーで、再び“あの女性”と逢瀬を楽しんでいた――。 芝翫といえば昨年12月、京都市内のホテルで40代女性・Aさんと密会していたことを本サイトが報じた。当時、南座(京都市東山)で「吉例顔見世興行 東西合同大歌舞伎」に出演していた芝翫は、公演期間中、Aさんと連日のように食事を共にし、夜間には同じホテルの同じ階に宿泊するAさんの部屋にも出入りしていた。そして千秋楽の夜、同じ新幹線で東京へと帰路についた。芝翫は当時、記者の直撃に対してAさんの部屋の出入りを認めたものの、「胃が悪くて薬を貰っていただけ」と釈明した。 その後、芝翫は1月下旬に新型コロナに感染。妻の三田寛子(56)が濃厚接触者に該当せずレギュラーの『ひるおび!』(TBS系)に出演したため、別居説が飛び出した。このとき、三田は番組内で、すでに歌舞伎座の関係者にコロナ感染者が出ており、「万一のことがあっては」と芝翫のみ別の場所で過ごしていたため、濃厚接触者に当たらなかったと告白した。 あれから2か月あまり。芝翫とAさんとの逢瀬は再開されていた。冒頭のバーで、芝翫と飲んでいた熊田曜子似の美女は、そのAさんだった。「アパレル関係に勤める女性で、共通の知人を通じて親しくなったらしい。昨年末の報道を受けて一時は逢瀬を控えていたが、最近はまたよく会っているようです。ただ、飲食店内などでは2人きりにならないように友人を呼ぶなど、周囲の目には気を使っているようです」(2人を知る歌舞伎関係者)。 この日、芝翫は途中で複数の友人を呼び、満席のボックス席は多いに盛り上がった。すでにコロナに感染した後だから安心していたのか。退店したのは深夜0時過ぎ。芝翫とAさんは2人でタクシーに同乗し、去って行った。 そして2日後の3月22日の昼下がり、芝翫は東京・六本木のあるタワーマンションを訪れた。実はこのマンションにはAさんが頻繁に出入りしている姿も確認されている。現在は「3月大歌舞伎」(歌舞伎座。3月28日まで)に出演する芝翫だが、この日は休演日だった。夕刻、キョロキョロと周りを見渡しながらマンションから出てきた芝翫は、記者に気付くと自ら話しかけてきた。「え、ちょっと、なんですか。何かありましたか?」──今日はこのマンションで何をされていたんですか?「あの、整体です。このマンションに知り合いの整体師がいて。体を使う職業でしょう。そのケアです。今日は休演日ですし。月に1回くらい来ていて。ここの先生のところには、役者さんが結構来たりするんですよ。本当にマッサージだけです」──そうだったんですか。Aさんとは最近も会っていますか?「いえいえ。ただ、Aさんの知人がお店を始めたので、そのお店には行っています」──Aさんと会っているわけではなく?「そうですね。でも、お芝居には見に来てくれているようですけど……」──友人たちも含めて、Aさんと会うこともないですか?「えっと……会いましたね。会いました。Aさんの知人も含めれば、はい。ただ、あくまで複数だし、そういう関係では決してないです」──年末の報道もありましたが、その件でAさんとはどんなお話を?「あんまりその話は。もう期間も経っていますし。別に何もなかったわけだから。とにかく、今日はマッサージに来ただけなので」 そういうと愛車に乗って去って行った。 芝翫の事務所に聞くと、Aさんとの関係については触れず、深夜の飲み会については次のようにコメントした。「まん延防止等重点措置期間中に長時間飲食店にて会合していたことに関しましては厳重に注意いたしました」 体が資本の仕事だけに、夜遊びはほどほどに。
2022.03.25 16:00
NEWSポストセブン
ハットをまぶかにかぶり、黒マスク姿で出歩くヒカル
ヒカル、松村沙友理との交際で180度転換した「発言内容」
 チャンネル登録者数470万人のトップYouTuberヒカル(30)と、昨年7月に乃木坂46を卒業した元人気メンバー・松村沙友理(29)の熱愛が発覚した。“金持ちYouTuber”として人気を博すヒカルは、実業家としても成功を収め、アパレルブランド「ReZARD」や脱毛サロンなどを展開。昨年公開された動画では事業全体の年商を「50億円くらい」と明かしていた。 動画にかける金額が桁違いなのも人気を博した理由のひとつ。競馬やボートレースに1000万円単位でお金をつぎ込むこともあるが、基本的には面白い動画を撮るため、人を喜ばせるために大金を使っているため、ファンからの支持も厚い。「ともにYouTube事業を行うスタッフに高級車をプレゼントしたり、サプライズで数百万円のボーナスを渡したりしたこともありました。YouTubeで頻繁にコラボしている元“伝説のキャバクラ嬢”でYouTuberの門りょうさんとは、お互いに誕生日を祝い合うのが恒例。昨年の門りょうさんの誕生日には、ヒカルさんが愛媛にある大洲城というお城を貸し切りにして、門りょうさんのためだけの夏祭りを用意していました」(芸能関係者) そんな門りょうや、同じく何度もコラボレーション動画を制作しているタレントでYouTuberのてんちむとは、動画で仲の良さそうな様子をたびたび見せており、ファンから常々“交際しているのでは?”と噂されていた。しかし、プライベートでの本命は松村だったようだ。浮気賛成派、結婚願望ナシだったヒカル 門りょうやてんちむと相性の良さを見せていた一方で、ヒカルはこれまで動画の中で自身の恋愛観や結婚観についても赤裸々に語っている。 2020年1月には、当時世間を騒がせていた俳優の東出昌大の不倫の話題に触れ、「浮気しないなんて綺麗事言ってる男を信じちゃだめ」と断言。〈(東出の不倫を)騒いでるのはよく考えたら女性だけ。男で騒いでるヤツはいない。男と女の価値観は根本的に違うんだって気づいたほうがいい。男の浮気に対する感覚と女性の感覚って別ものすぎてほんまに違う。男はみんな浮気願望を抱えてる。世の中のほとんどの男性が浮気賛成派ですよ〉(YouTubeより) 2020年5月に「結婚した方がいい? 人生の先輩であり遊び人の大スター宮迫に相談してみた」と題して元「雨上がり決死隊」の宮迫博之と行った配信では、結婚についてこう語っている。〈僕は結婚に向いてないと思うんです。現状は結婚は考えられないですね。今仕事が楽しくてしょうがない。仕事ばっかりなんですよ、僕〉(YouTubeより)突然、語りはじめた恋愛観 恋愛や結婚に関して自由奔放な発言を繰り返してきたヒカルだが、今年に入る頃から変化が見え始めた。ヒカルの実の兄であり撮影や編集などを担当する“まえっさん”らが不審に思うほど、ヒカルから女遊びのエピソードを聞くことがなくなり、夜に外出することすらしなくなったのだという。 今年2月に公開された「今彼女おるん? 最近落ち着いて恋愛観変わったヒカルを問い詰めてみた」という動画の中で、まえっさんから単刀直入に直撃されたヒカルは「彼女ができたわけではない」としつつ、今人生の岐路に立っていると明かしている。〈遊びたいという欲がなくなったのが一番大きい。28、9歳をピークに、徐々に遊びはもういいかな、時間の無駄だと思うようになった。自分の状態がチャラチャラしていたらそれに応じた人としか出会えない。チャラチャラした人間にはチャラチャラした人が来る。 今30歳を過ぎて、人生の折返しだと思ってる。60歳以降も健康に生きる人もいるけど、俺の中では60歳を区切りと考えている。休みを設けることにしたのも、何か変化をつけようと思ったひとつ。これまで休みなくずっとやってきたからね〉(YouTubeより)今後の「野望」とは 一方で自身の恋愛や結婚については、「いつ起きてもおかしくない」と語っている。〈俺は彼女を作るとか結婚するということに対してまったく臆してないし、悪いことだとも思ってない。視聴者に気を使うつもりもない。あくまで自分のやりたいことをやっていくし、自分の生きたいように生きたい。(中略)結婚も彼女も、全然いつ起きてもおかしくないよな。俺ってそういう性格やから、思い立ったら即行動。刺激的で次どんなことが起こるんやろう、こいつの人生わくわくすんなって思われて生きたい〉(YouTubeより) 動画の中で「最近仕事ばっかり詰め込んでいたから、いろいろ見つめ直すタイミングなのかもしれない」「人生のターニングポイントだとは思ってる」ということをしきりに繰り返していたヒカル。心には松村の存在も浮かんでいたのかもしれない。 ヒカルはこうも語っている。 〈俺に彼女ができたら嫌だなんてファンは置き去りにするよ。そんな甘っちょろいこと言ってたらYouTuberヒカルのファンなんてやっていけへんで。振り回されることに快感覚える人じゃないとやっていけへん。彼女ができたり結婚したりしたらちゃんと話したい。思ったことを話さないのが一番しんどいから〉(YouTubeより) 今回の熱愛発覚を受け、ますます配信内容に注目が集まる──。
2022.03.23 18:30
NEWSポストセブン
プーチン氏の新愛人候補に50歳年下の美女五輪メダリスト 識者が指摘
プーチン氏の新愛人候補に50歳年下の美女五輪メダリスト 識者が指摘
 冷徹な指導者のイメージが強いロシアのプーチン大統領(69)も、女性スキャンダルと無縁ではない。過去、幾多のゴシップが報じられてきたが、ウクライナ侵攻で国際社会が混乱に陥るなか、新たな“愛人候補”として浮上しているのが、有名な五輪メダリストなのだという──。 プーチン氏のプライベートを巡り、目下、注目を集めているのが愛人との間にもうけたと言われる「隠し子」の存在だ。ロシア情勢に詳しい筑波大学教授の中村逸郎氏が語る。「2008年、ロシアのタブロイド紙が『プーチン氏がアテネ五輪新体操の金メダリスト、アリーナ・カバエワ氏(38)と不倫関係にある』と報じました。両者は否定しましたが、不倫を報じたタブロイド紙がその直後、資金難を理由に突然休刊したため、逆に信憑性を増す結果となったのです」 プーチン氏が元妻のリュドミラ・プーチナ氏(64)と離婚したのは2013年。背景に、不倫関係を続けてきたカバエワ氏の存在があったと見る向きは少なくない。米紙『ニューヨークポスト』などによると、現在、カバエワ氏はプーチン氏との間にもうけた4人の子供とともに、別荘のあるスイスで退避生活を送っているという。前出・中村氏が続ける。「カバエワ氏の他にも、元家政婦や専属カメラマンなど『プーチンの愛人』と目された女性が複数いますが、ロシアの政治家や権力者には『美人アスリート、特に五輪メダリストを妻や愛人にすることがステータス』という風潮がある。プーチン氏も例外ではなく、彼と一夜限り、あるいは短期間の男女の関係を持った五輪メダリストは少なくないと言われています」 プーチン氏と女性アスリートの仲介役となっているのが、「ロシア政府高官の妻で、同国のスポーツ界に幅広い人脈と影響力を持つ、元五輪メダリストの40代女性」だと中村氏は指摘する。そして現在、この女性が熱心に支援しているのが、美貌と実力を兼ね備えた平昌五輪フィギュアスケート女子シングルス金メダリストのアリーナ・ザギトワ(19)なのだという。「プーチン氏はザギトワの18歳の誕生日に祝電を送るなど、一国の指導者とアスリートの関係を超えた寵愛ぶりが指摘されています。プーチン氏が、彼女を次の“愛人”にする可能性は否定できません」(中村氏) 現在、独身のプーチン氏が誰と恋をしようが責められることではないかもしれない。だが、その相手が50歳年下の金メダリストだとすれば、国際社会に別の衝撃が走るかもしれない。
2022.03.22 11:00
NEWSポストセブン
過去には教科書掲載後に不倫騒動が発覚した場合はどんな対応がされた?(時事通信フォト)
福原愛、泥沼化する離婚騒動 “結婚視野”の交際相手は「心を解放してくれる」
 昨年7月に離婚した元卓球女子日本代表の福原愛(33)の一連の騒動に、新たな展開があった。現在は、昨年3月に『女性セブン』が横浜デートを報じた5歳年下の一般男性・Aさんと交際中の福原。『週刊文春』(3月24日号)が、Aさんの前妻・B子さんの証言を伝え、Aさんと福原が不倫関係にあったことや、そのことがきっかけでB子さんと福原の間で刑事告訴も辞さないトラブルになっていると報道、事態は泥沼化している。 福原は、2016年9月に台湾出身の卓球選手である江宏傑(ジャン・ホンジェ)と結婚した。ふたりの子どもをもうけたが、前述の通り昨年3月、一流商社に勤めるエリートサラリーマンだったAさんとの横浜での“お泊りデート”を『女性セブン』が報じた。そして同年7月、福原と江の離婚が成立。現在、福原はAさんとは真剣交際中と見られ、「遠くない将来の再婚も視野に入れている」とも報じられていた。それだけに、冒頭のトラブルは世間を驚かせている。特に、彼女の人気が高い中国では、一連の離婚に関する騒動は注目を集めており、「このAさんとは何者なんだ? そもそも不倫関係だったのか?」や「二人の本当の関係が気になる」などの声が相次いでいる。 福原のTwitterアカウントは、昨年2月28日以来、更新がストップしている。しかし、中国での活動は変わらず順調らしい。「TwitterやInstagramなどは2021年2月から更新が止まったままです。現時点で、福原さんが自ら発信しているのはウェイボー(中国版Twitter)やTikTok(抖音)くらいです。いずれの投稿内容も中国語で書かれているので、基本的には中国人ユーザーに向けての内容になっています。 ほかにも今年2月上旬の春節(旧正月)では、日本にいながら現地メディアのカウントダウン生中継に出演するなど、いまや中国大陸での露出が中心です。日本では青森大学客員准教授のほか、琉球アスティーダスポーツクラブの社外取締役に就任するなどしていますが、目立った活動は見受けられません」(スポーツ誌記者) さらに福原は1月下旬には国際卓球連盟(ITTF)から国際ツアー大会「WTT(ワールドテーブルテニス)」の日本ゼネラルマネジャーに就任。現在はシンガポールで同ツアーの視察を行なっているようで、日本以外で活発に活動している。 しかし、福原にとって海外生活は当初つらいものだった。2020年2月に台湾限定で発売されたフォトエッセイ『不管怎樣的哭法,我都準備好了(どんな泣き方でも、私は準備ができている)』の中で、結婚して台湾に来たばかりの頃について「もしかすると当時の私はうつ病だったのかもしれない」と振り返っている。《身のまわりには夫を除いて、知り合いがいません。江の練習場から近いところに居を構えるために、私たちは近場で部屋を探して、まずそこに住みました。(中略)とにかく退屈だった》 結婚まもない2018年には、中国で配信されたリアリティ番組で「毎日100回キスしたい」という夫の希望のもと、福原と江は朝から晩まで61回ものキスを披露した。ラブラブ夫婦と話題になったが、実際の結婚生活はそういったイメージと少し異なるものだったようだ。福原は自著でこのように綴っている。《実際、私と江の関係は皆さんが思い描くような『甘い』ものじゃないです。(中略)彼は『3才9か月から卓球をはじめた福原愛』として私のことを見ていませんし、お姫様扱いもしません。それによって『本当の私』が見えてくるのです》 ストレートな会話を好む江と接する中で、福原も自分自身のありのままの感情を見つめるようになったという。福原の恋愛観とは、このようなものだ。《本当にあなたのことを愛する人は、あなたの心を解放してくれる。それによって自分のことを見つめ直すことができ、改めて自分自身を理解できるのです》 離婚騒動の中で、江のモラハラや義実家との不仲も取りざたされた。福原にとって、Aさんが新たな「心を解放」してくれる相手だったのかもしれない。
2022.03.18 21:35
NEWSポストセブン
サレ妻ならぬ「サレ夫」が増えている?サレ夫の特徴とは
サレ妻ならぬ「サレ夫」が増えている?サレ夫の特徴とは
 夫に浮気されるサレ妻、そして妻に浮気される「サレ夫」。パートナーの不倫に悩むのは女性だけではありません。こちらの記事では妻の浮気に悩む「サレ夫」の存在にクローズアップします。サレ夫の特徴とは?あなたも当てはまる点がないか、あるいは身近な既婚男性に当てはまる点はないでしょうか。ぜひチェックしてみてください。妻に不倫・浮気される「サレ夫」最近、目にする機会が増えた「サレ夫」という言葉。サレ夫とは妻に浮気された夫のことを指します。一昔前は夫に浮気されている「サレ妻」の話題が豊富でしたが、不貞行為に男女の垣根は無いようです。不倫妻に悩まされるサレ夫さんからの告白が、ネット上で話題を呼んでいます。不倫=男性がするものとは限らない!男女545人を対象とした調査によると、不倫経験のある既婚者は、男性が30.5%、女性は11.0%との結果が。男性のほうが率としては高いものの、女性にも一定数経験者がいます。あくまでこの調査上の数字ではありますが、実に10人に1人の女性が不倫・浮気の経験アリ⁉思った以上に不倫妻・サレ夫は多く存在するようです。 引用元:【不倫・浮気】したことが「ある」、男性は27.5%、女性は21.7%・日本トレンドリサーチちなみにこのアンケートでは不倫の発覚については調査されていません。つまり約1割の既婚女性が不倫をしていたとして、果たして夫は妻の不貞に気づいているのか、それとも知らぬままなのか…。知るが勝ちか知らぬが仏か、なんとも難しいサレ夫さんの立場です。パートナーに不倫されたらどうする?別の調査ではサレ夫・サレ妻側の回答を集めています。この調査によると『配偶者の浮気を疑ったと答えた人は、全体の28%』。不倫疑惑が浮上して、どんな対応をとったのか聞いたところ…なんと46%の男女が「なにもしない」と答えています。一方で、本人に真偽を問いただしたのは全体の39%でした。探偵・弁護士に相談した人は合わせて10%。この数は少ないのか、それとも多いのでしょうか。
2022.03.11 01:00
たまGoo!
ボリュームが激しい長谷川京子
長谷川京子 『金魚妻』での大胆演技の背景に「ママ友との程よい距離感」
 セレブ妻、不倫、DV、モラハラ。タワマンを舞台に繰り広げられる人妻たちの欲望を描いたNetflixオリジナルドラマ『金魚妻』が話題を集めている。2月14日に世界190か国に同時配信されると、たちまち世界ランキング7位に躍り出て、配信から1か月近く経った現在も、国内ランキング上位を維持している。 特に話題なのは、6人の女性が禁断の愛に溺れていくさまを、濃厚なラブシーンとともに描いていることだ。主演の篠原涼子(48才)は、金魚店の店主役の三代目 J SOUL BROTHERS・岩田剛典(33才)との不倫に走る。だが、篠原よりも視聴者をくぎ付けにしたのは、長谷川京子(43才)が披露した妖艶な肢体だった。 ドラマ第1話の最初のシーンで、長谷川は篠原演じるさくらの夫・卓弥(安藤政信・46才)と、真っ昼間から情事に及んでいる。シーンが変わると、今度は長谷川を後ろから安藤が抱き寄せている。これまでの彼女からは考えられなかったような、超大胆な姿を披露しているのだ。「さすがはモデル出身だけあって、全身がしなやかで艶めかしい。肌もハリがあってみずみずしく、お手入れが行き届いています。女性視聴者もため息を漏らすほどです」(芸能関係者) 長谷川は昨年10月に、バンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一(47才)との13年の結婚生活にピリオドを打った。さらに今年2月には、23年所属した事務所から独立した。「『金魚妻』の撮影は昨年春から夏頃にかけて行われました。その時点で、離婚や独立の話は進んでいたようです。配信がスタートするときには、すべてから“解放”されていることはわかっていた。長谷川さんが大胆な濡れ場に挑戦したのは、新境地への第一歩という意味もあったのでしょう」(別の芸能関係者) だが、長谷川がここまで吹っ切れた演技ができたのには別の理由もあったようだ。「子供たちが通っている学校のママ友の存在です」 そう話すのは、長谷川の子供が通う学校の関係者。長谷川は、新藤との間に2人の子供がいる。通っているのは、芸能人の子女も多い都内の超有名私立校だ。共演する篠原をはじめ、井川遥(45才)や吉瀬美智子(47才)、阿部寛(57才)といったそうそうたる顔ぶれだ。「長谷川さん、保護者参加型の行事も多くある学校なので、離婚や、激しいラブシーンを演じたりすることにちょっとした不安があったみたいです。ただ、ほかにもたくさん“芸能人保護者”がいる学校ということもあり、周囲のママたちは『画面の向こう側のこと』と割り切ってくれているみたいです。そういったママ友たちの評判と程よい距離感があるので、長谷川さんも女優として大きな挑戦ができたのではないでしょうか」(長谷川の知人)「次のステージ」に進んだハセキョーを支えてくれる人は少なくないようだ。※女性セブン2022年3月24日号
2022.03.10 16:00
女性セブン
モラハラ夫に追い詰められていく妻を描いたコミック『これを愛と呼ぶのなら』
恋愛オムニバスマンガ『これを愛と呼ぶのなら』が映し出す裸の人間模様
 近年のエンタメ界を見渡すと、恋愛ドラマの多様化と活況が目につく。SNSや配信サービスなどの普及で、視聴者の好みをより即時的に、より細かく反映しやすくなったこともあるのだろう。目立った地上波ドラマを挙げると、2018年、2019年は『おっさんずラブ』が旋風を巻き起こし、2020年には5人のセフレが居るアラサー女性を描きながら、いまどき男女の性生活を全肯定する『来世ではちゃんとします』が深夜枠ながら話題をさらった。 2021年には偽装結婚から始まる夫婦の形を描いた『婚姻届に判を捺しただけですが』、勝気な盲学校生と純粋な不良少年を描いた『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール』、今年に入ってからは他者に恋愛感情も性的欲求も抱かない「アロマンティック・アセクシュアル」の男女を描いた『恋せぬふたり』など、今までメインでは描かれてこなかった設定やカップリングの作品が目立つ。これは、さまざまな恋愛の形を肯定的に捉える層が増えたことの証左といえるだろう。ちなみに先に挙げた5作のうち3作はマンガ原作でもある。 一方、現実世界では緊急事態宣言が何度も発出され、盛り場に灯る明かりは減り、肩がぶつかる距離で人とすれ違うことさえ減った。では、「ソーシャルディスタンス」「三密回避」といったワードが飛び交う都市で、人と人とが一番密になれる場所と言えば? 答えはラブホテルだ。『女性セブン』連載中も話題を呼び、このほど1巻が発売された都陽子著『これを愛と呼ぶのなら』には、ラブホテルを舞台にあらゆる恋愛がオムニバス形式で描かれる。70代の老夫婦、初々しい百合カップル、マッチングアプリで出会った男女……。先に挙げた恋愛ドラマの多様化をこれ一冊で担うかのようなバラエティーに富んだカップリングが次々に登場。その秘め事が垣間見られる内容となっている。 目的が限定された密室空間が舞台とはいえ、そこで交わされるのは行為だけではない。レス夫婦がお互いに抱えていた「今まで言えなかった一言」を吐露しあう回もあれば、逆に近しい人には言えない赤裸々な本音が行きずりの関係の中で剝き出しになる回もある。 背徳感交じりの好奇心から引きこまれるようにページをめくるうち、キャラクターひとりひとりが抱える切実な問題に触れ、彼彼女らにエールを送りたい気持ちになった。心の中を占めていたザワめきを1枚、1枚脱ぎ捨てるようにして本心を見つめ、たとえそれが痛みを伴おうと前に進もうとする姿に生と性のきらめきを見たからだ。恋愛オムニバスからラブサスペンスへ 本作には、舞台となるラブホテル「Incontrare」に、客としてではなくパートタイムでスタッフとして働く主婦の有富綾子が度々登場する。フロント業務が描かれることで、防犯カメラのモニターに映った画像が幾度か出てくるのだが、作品内に密室空間とモニター画面という2つのフレームが登場する仕掛けも面白い。 オムニバス形式で進む1巻とは打って変わり、3月末発売の2巻で本編はラブサスペンスの様相を帯び始める。その中心に居るのも、夫の不倫現場を押さえるべく「Incontrare」で働きだした綾子だ。彼女の内面に渦巻くのは、夫を問い詰めることで突き付けられる現実は直視したくないものの、見つけてしまったラブホテルのレシートを無いことには出来ないジレンマだ。 不倫された側の孤独と虚しさが痛い。専業主婦だった綾子はここで働くことによってどう変わり、何を選択するのか? 緊張感漂う展開の中で、穏やかそうに見える人物が狂気を帯びていく様が強く印象に残った。表向きに繕っていた仮面が剝がれ、その本性が露わになった時、物語は大きく動く。社会生活を行う上でこびりついた世間体や思い込みといったものを、衣服を脱がすように剝ぎ取ってゆく本作から、本当の意味で人が裸になった時、そこに何が残るのかを目撃してほしい。評者/山脇麻生(ライター)※女性セブン2022年3月17日号
2022.03.08 16:00
女性セブン

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン