嫌がらせ弁当一覧

【嫌がらせ弁当】に関するニュースを集めたページです。

暑い最中に街を激走した熱血漢
佐藤隆太、妻子のため定食屋に激走 汗だくの良パパ姿
 秋の番組改変で、日本テレビ系の目玉バラエティー番組『クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?』(金曜19時~)のMCに抜擢された、俳優の佐藤隆太(39)。ドラマの役どころでは熱血漢が多い印象の佐藤だが、プライベートでもイメージそのままだったようだ。佐藤の近況についてテレビ局関係者が言う。「佐藤さんといえば、TBS系のドラマに強いイメージ。『ROOKIES』シリーズや『木更津キャッツアイ』シリーズに代表されるように、男同士の熱い友情や底抜けの明るさを素で表現できる、天性のセンスを持った俳優さんです。 彼は、2009年に結婚して今や3児の父親。育メンっぷりも業界では有名です。今年6月公開の映画『今日も嫌がらせ弁当』では妻に先立たれ、不器用にも懸命に1人息子を育てるシングルファーザーを好演していて、最近は熱血男子だけでなく良きパパというイメージも加わっています」 その佐藤が、劇団ひとり(42)とともにMCを務めるのが、冒頭で紹介した2007年に米国で始まり世界50か国以上で放送されているクイズ番組の日本版だ。佐藤は初のクイズ番組MCとなるが、制作サイドの“金曜の夜に家族揃って楽しめる番組”という意図を考えると、佐藤は打って付けなのかもしれない。そう感じさせる佐藤のプライベートの目撃談がある。 8月下旬の昼、東京・世田谷の住宅街を猛烈なスピードで走る佐藤の姿があった。 佐藤は黒のTシャツにハーフパンツ、後ろかぶりのキャップ姿と、若者風な普段着ファッション。「休日のランニング」ではなかったようだ。目撃者が語る。「駆け足というより激走というのでしょうか。50メートルぐらい向こうから陸上選手のようなフォームで走ってくる男性がいたんです。何を急いでいるのかと思って見てたら、定食屋さんの前で止まって“マジかよ! 嘘だろ! なんでだよ!”って、ハァハァ言いながら、何度も顔をしかめてて……よく見ると佐藤さんでした。どうも目当ての定食屋が定休日だったようで」 踵を返した佐藤が向かったのが、彼の後を歩いてついてきていた妻子だった。「まさかの定休日だった……」と肩を落とす佐藤を、妻子は笑顔で迎えていた。その店は、ランチ時には行列ができるほどの人気飲食店。家族のために、少しでも早く店に着いておきたかったのだろうか。結局、「よし、じゃあ、つけ麺にしよう」と佐藤が提案し、近くのラーメン屋へと入っていった。 妻子のために大張り切りだった佐藤。きっと“家族揃って楽しめる番組”をお茶の間に届けてくれるはずだ。
2019.09.17 16:00
NEWSポストセブン
松井玲奈の弁当の思い出、「ないんです」の理由
松井玲奈の弁当の思い出、「ないんです」の理由
 映画『今日も嫌がらせ弁当』のトークショーイベントが行われ、出演者の松井玲奈、主題歌を担当したフレンズのおかもとえみ(えみそん)と、ひろせひろせが登場した。 同作はブログ発の書籍『今日も嫌がらせ弁当』が原作で、篠原涼子演じる母親が反抗期の女子高生の娘(芳根京子)への逆襲のために、娘の嫌がるキャラ弁を作り続けていくという物語。松井は、嫌がらせ弁当を持たされる娘の逃げ場となる一人暮らしの姉を演じている。 イベントでは、松井の思い出の弁当を聞かれ、「ないんです」と回答。理由は、プチトマトの位置をいつも確認していたため、弁当自体を覚えておらず、プチトマトの思い出があるのだとか。■撮影:小彼英一
2019.07.20 16:00
NEWSポストセブン
映画『今日も嫌がらせ弁当』の大ヒット御礼舞台挨拶の様子
篠原涼子と佐藤隆太、お弁当の思い出を語る
 映画『今日も嫌がらせ弁当』の大ヒット御礼舞台挨拶に、主演の篠原涼子が登場。この日は共演の佐藤隆太と、塚本連平監督も出席した。 同作は、反抗期の娘(芳根京子)を持つ母親(篠原)が、娘の高校時代の3年間、毎日メッセージのついたキャラ弁を作り続けたブログとそれを基にした書籍がベースとなっている。 篠原は、好きな弁当のおかずは玉子焼きだと告白。玉子焼きが入った弁当にテンションが上がっていた、と話していた。一方で、弁当全体が納豆だった時は残念だったと語った。 佐藤は運動会に出場する娘のためにキャラ弁を作ったことを報告。ママ友から「何、それ!?」という反応を得られ、嬉しかったそうだ。■撮影/平野哲郎
2019.07.14 16:00
NEWSポストセブン
【動画】篠原涼子、子供に反抗期が到来し「ちょっと寂しいです」
【動画】篠原涼子、子供に反抗期が到来し「ちょっと寂しいです」
 篠原涼子さんが、主演映画『今日も嫌がらせ弁当』の親子試写会で舞台挨拶に登場しました。
2019.06.29 07:00
NEWSポストセブン
映画『今日も嫌がらせ弁当』の親子試写会に登場した篠原涼子
篠原涼子、子供に反抗期が到来し「ちょっと寂しいです」
 篠原涼子が主演映画『今日も嫌がらせ弁当』の親子試写会で舞台挨拶に登場した。同作は、反抗期の娘を持つ母親(篠原)が、娘の高校時代の3年間、毎日メッセージのついたキャラ弁を作り続けたブログとそれを基にした書籍がベースとなっている。 2人の子供の母である篠原は最近、子供から「触んないで」と言われたという。「反抗期がきたみたいでちょっと寂しいです。なので、寝ているときにいっぱい触っています」と現在の親子関係について語った。6月28日全国公開。■撮影/平野哲郎
2019.06.23 16:00
NEWSポストセブン
芳根京子が語る「バカ枠だけど天才」を演じる難しさ
芳根京子が語る「バカ枠だけど天才」を演じる難しさ
 累計100万部突破のテレビ局コメディー漫画の『チャンネルはそのまま!』が3月18日(月)からHTB北海道テレビで連続ドラマ化される。また、3月11日(月)からNetflixでも独占先行配信開始。主役・雪丸花子を演じる芳根京子がドラマ放送直前の3月4日(月)発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」14号に初登場。グラビアでも若手注目女優の凜とした素顔を見せてくれた彼女が、ドラマの撮影秘話を語ってくれた。大ボリュームの独占インタビューの一部を公開しよう。 * * *──主人公・雪丸花子役に決まった時、どのような気持ちでしたか? 本広克行総監督にこの主人公は芳根ちゃんにぴったりだと思うんだけど……と言われたのがはじめで。原作の漫画を読んでみたら、「バカ枠」って書いてあって……。本広総監督の私への印象って何!?と驚きました。でも、撮影に入った時に、すごく居心地がよかったんですよね。本広総監督のイメージは凄いなと思いました。──演じるにあたって、大変だったことは? あざとくなってはいけない。作られた花子になってはいけないので、キャラクターを掴むまでが大変でした。花子は、人間的感覚よりも動物的感覚で動く子なので……そのキャラを演じる側が頭を使わなきゃいけないのは、矛盾があって難しかったです。──芳根さんと花子の違う部分は? 私はあんな天才じゃない。バカと天才って紙一重なんだなと思いました。「バカ枠」だけど、彼女は天才なんですよね。あの力はやっぱり生まれ持った才能だな、と思います。物語の中でも、彼女自身も予想外の展開になることが多くて。人様に多大な迷惑をおかけして、ドタバタ走り回って、なのに見捨てられなくて、なんならみんなに愛されている。それはやはり、考えて動いたらそうはならないなと。多くの人を巻き込みながら、影響を与える彼女の姿に、羨ましく思いました。【PROFILE】芳根京子(Kyoko Yoshine)●1997年2月28日、東京都生まれ。●身長:159cm。●特技:ピアノ、フルート【Information】☆舞台/3月5日~6日、紀伊國屋ホール他全6都市にて上演『母と惑星について、および自転する女たちの記録』。☆映画/5月17公開『居眠り磐音』、初夏公開『今日も嫌がらせ弁当』。【公式サイト】https://yoshinekyoko.amebaownd.com/【公式Twitter】@YoshineKyoko【公式Instagram】@ yoshinekyoko(C)細居幸次郎/小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ
2019.03.04 16:00
NEWSポストセブン
きみまろ「夫婦川柳」傑作選 【ケチケチ家計簿編】
きみまろ「夫婦川柳」傑作選 【ケチケチ家計簿編】
 お待たせしました! 春の訪れとともに、あの季節がやってまいりました。花粉症? 加齢臭? 違います! 「夫婦川柳」で大爆笑する新たなシーズンの到来です。皆様の熱いご支持のおかげで、続々増刷中の第1巻に続く新刊が出版の運びとなりました。題して、『きみまろ「夫婦川柳」傑作選2』……そのまんまですが、今回はその収録作品の中から、「ケチケチ家計簿」の傑作を紹介しましょう。【ポイントを 貯めて行ったら 店がない!】 気軽に貯めて、便利でお得なポイントサービス。コツコツとポイントを貯め、「タダで食べられるのよ」。ご主人とステーキディナーのレストランへ。ところがまさかの閉店。どうやら、客足が思わしくなくて潰れたようです。「悔しい! 必死でポイントを貯めたのに」「貯めるより、店が流行ってるかどうか、調べるのがポイントだろ。それに予約のアポイントもな」。家に戻り、残り物のコロッケで、夕食を済ませるご夫婦なのです。【ケチ女房 作る弁当 『嫌がらせ』】『今日も嫌がらせ弁当』(三才ブックス)という本が話題になりましたが、ご主人からはこんな不満も……「うちの女房の弁当は愛情ゼロ。おかずは安くて俺の嫌いな物ばかり。完全に嫌がらせだよ」。【嫌がらせ? 弁当づくりも オレがやる】 たまらず、自分で弁当を作るご主人。「アラッ、やればできるじゃない。明日から朝食も夕食もアナタが作ってね」。女性芸人おかずクラブのゆいPのフレーズ「それがお前らのやり方かぁ!」を、またもや口には出せず、心の中で叫ぶご主人でした。※週刊ポスト2016年3月18日号
2016.03.11 16:00
週刊ポスト
娘に3年間作った「嫌がらせ弁当」 母は最終日に悲しんだ
娘に3年間作った「嫌がらせ弁当」 母は最終日に悲しんだ
 まともに口をきかなくなった娘へのちょっとしたいたずら心から始まった「嫌がらせ弁当」が、話題を呼んでいる。「下の娘が高校に進学する頃になって、私の話を無視したり返事をしなかったりと、ちょっとした反抗期が始まったんです。それで、“そんなに生意気な態度をとるならこうしてやる”と思って始めたのが『嫌がらせ弁当』でした」 そう語るのは、東京・八丈島に住む、ttkkことKaoriさん。彼女が高校生の次女のために作ったユニークな弁当をアップしてきた人気ブログは、主婦たちを中心に大きな話題となり、とうとう一冊の本『反抗期ムスメに向けたキャラ弁ママの逆襲 今日も嫌がらせ弁当』(三才ブックス刊)となった。「お弁当は、学校が休みの日を除いて必ず毎日作りました。私は12年前に離婚して、今はシングルマザー。離婚後は、島で2人の娘と一緒に暮らしていました。その後上の娘は自立して家を出ましたが、私は生活費を稼がないといけないので、昼はお菓子工場で働いて、帰宅後は内職をしています。寝るのが深夜になってしまうこともありますが、次の日は必ず朝5時半に起きてお弁当を作るんです。 娘はあんまりきゃぴきゃぴしていませんし、かわいいグッズとかを好む子じゃありませんでした。だからあえて、ミッキーマウスや目玉おやじ、ちびまる子ちゃんなどのキャラ弁を作るようになったんです」(以下、「」内Kaoriさん) 娘の友人からは「かわいい」「写真撮らせて」と評判だったが、当の本人は「普通のお弁当にして」と露骨に拒否。それでもKaoriさんはキャラ弁作りをやめることはせず、ついに2012年9月19日、“小言”入り弁当を始めたという。「それまで天気が悪い日は送り迎えをしてあげていたんですが、私が前の晩遅かったこともあり、その日は「送れない」と言ってあったんです…。でも、結局ごねられて車を出す羽目に。いつもとは違ってお昼にお弁当を届ける予定だったので、猛烈にムカついていた私は『歩け!!』と海苔とチーズを使って怒りの文字を書きました。すると娘から『友達に笑われた』とメールが。『歩かないのが悪い』と返したところ、『歩かないし』とまたムカつくメールがきましたが、次の日にはしっかり徒歩で登校していました。『これは効果があったな』と思って、それからは『後片付けをしろ』とかお弁当に小言を入れることが増えていきました。口うるさく言っても、『なんか言ってるなー』で終わっちゃいますけど、お弁当だと絶対にふたを開けて見るじゃないですか」 小言弁当は一躍人気になり、ブログには賞賛の声が数多く寄せられた。 そして1月27日。卒業目前の娘が弁当を持って行く最後の日にKaoriさんは、“卒業証書”を作った。「ラストはこうしようと、前から考えていたんです。食べきれないほどおかずを盛りつけたら、案の定「こんなに食べられるか」って文句を言ってましたけど、大事そうに持って行ってくれました。 娘を送り出して『やっと終わる』っていう達成感が湧き上がってきたんですけど、同時に『もう終わりなんだ』っていうさびしさもすごく強くって…。なんでしょうね…、娘のためにしてあげられることがこれぐらいしかなかったので、その楽しさとか喜びも終わってしまうと思ったんです」 同書に掲載されたその “最後の嫌がらせ弁当”の次のページには、《ママの料理は美味しいし、私はママの料理が大好きです。(中略)心の底から尊敬しています。ママのようになりたいと思っています》と、娘からKaoriさんへの感謝のメッセージが綴られている。※女性セブン2015年2月26日号
2015.02.18 11:00
女性セブン

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン