• TOP
  • グラビア
  • 芳根京子が語る「バカ枠だけど天才」を演じる難しさ

グラビア

2019.03.04 16:00  NEWSポストセブン

芳根京子が語る「バカ枠だけど天才」を演じる難しさ

ドラマ『チャンネルはそのまま!』で主演を務める芳根京子

 累計100万部突破のテレビ局コメディー漫画の『チャンネルはそのまま!』が3月18日(月)からHTB北海道テレビで連続ドラマ化される。また、3月11日(月)からNetflixでも独占先行配信開始。主役・雪丸花子を演じる芳根京子がドラマ放送直前の3月4日(月)発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」14号に初登場。グラビアでも若手注目女優の凜とした素顔を見せてくれた彼女が、ドラマの撮影秘話を語ってくれた。大ボリュームの独占インタビューの一部を公開しよう。

 * * *
──主人公・雪丸花子役に決まった時、どのような気持ちでしたか?

 本広克行総監督にこの主人公は芳根ちゃんにぴったりだと思うんだけど……と言われたのがはじめで。原作の漫画を読んでみたら、「バカ枠」って書いてあって……。本広総監督の私への印象って何!?と驚きました。でも、撮影に入った時に、すごく居心地がよかったんですよね。本広総監督のイメージは凄いなと思いました。

──演じるにあたって、大変だったことは?

 あざとくなってはいけない。作られた花子になってはいけないので、キャラクターを掴むまでが大変でした。花子は、人間的感覚よりも動物的感覚で動く子なので……そのキャラを演じる側が頭を使わなきゃいけないのは、矛盾があって難しかったです。

──芳根さんと花子の違う部分は?

 私はあんな天才じゃない。バカと天才って紙一重なんだなと思いました。「バカ枠」だけど、彼女は天才なんですよね。あの力はやっぱり生まれ持った才能だな、と思います。物語の中でも、彼女自身も予想外の展開になることが多くて。人様に多大な迷惑をおかけして、ドタバタ走り回って、なのに見捨てられなくて、なんならみんなに愛されている。それはやはり、考えて動いたらそうはならないなと。多くの人を巻き込みながら、影響を与える彼女の姿に、羨ましく思いました。

【PROFILE】芳根京子(Kyoko Yoshine)
●1997年2月28日、東京都生まれ。●身長:159cm。●特技:ピアノ、フルート
【Information】
☆舞台/3月5日~6日、紀伊國屋ホール他全6都市にて上演『母と惑星について、および自転する女たちの記録』。
☆映画/5月17公開『居眠り磐音』、初夏公開『今日も嫌がらせ弁当』。
【公式サイト】https://yoshinekyoko.amebaownd.com/
【公式Twitter】@YoshineKyoko
【公式Instagram】@ yoshinekyoko

(C)細居幸次郎/小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ

関連記事

トピックス