ビジネス一覧/4ページ

ビジネス、経済、マネーなどに関するニュースを集めたページです。注目業界・企業の最新動向や、世界の金融情勢、株式・為替のトレンドや投資術なども紹介します。

悪質ホスト対策を政府の担当者に要請する立憲民主党の長妻昭政調会長(左から3人目)ら。2023年11月17日(時事通信フォト)
「売り掛け」をめぐるホストクラブの闇 逆襲に怯えるホストも増え始めた
「悪貨は良貨を駆逐する」とは、質の悪いものが世の中にはびこってしまうときに使われる言い回しだ。顧客満足度がビジネスの鍵になるはずのサービス業でも似たようなことが起きていて、隆盛するばかりと思われてき…
2023.11.18 16:00
NEWSポストセブン
ピンクリボン軍曹
《ピンクリボン軍曹》ドムドムハンバーガー、マスコットの「尖ったネーミング」が生まれる舞台裏と担当者が明かした「幻のボツ案」
 まるでパンダのようなカラーリングにつぶらな瞳、尻尾にはピンクのリボンを結び、おめかししている。見ているだけで笑みがこぼれそうなキュートな象のマスコット、その名は“ピンクリボン軍曹”だ──。 ハンバーガ…
2023.11.13 11:00
NEWSポストセブン
学校給食を食べられるのが当たり前ではなくなるかもしれない(イメージ)
学校給食の苦境 なぜまったく利益の出ないような仕事になってしまったのか
 食堂運営会社が経営破綻し、学校の給食が停止した問題が起きたとき、その影響が全国に及んでいたことに驚いた人も多いだろう。これは特殊な事例で、自分の身のまわりでは起きないと思っているかもしれないが、身…
2023.11.12 16:00
NEWSポストセブン
高性能なカメラがついたスマートフォンを誰もが持ち、みんながカメラマンとなった(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
テレビ報道で引用される視聴者映像 情報提供の激増が引き起こす、画面では伝わらない諸問題
 インターネット上にある情報の真偽を検証するファクトチェックという活動がある。取り組みが先行している欧米では非営利団体が中心となって行われているが、日本では活動が限定的だった。これまでの日本は、新聞…
2023.11.11 16:00
NEWSポストセブン
半額シールが貼られるのを待つ人たちが増えてきた(イメージ)
スーパーの半額シール待ちをする人たち 「使うお金を減らすしかない」と買い控えが加速
 2022年夏に中国地方で、自前の値引きシールをスーパーマーケットで勝手に貼り、セルフレジを通す万引きを繰り返した男が窃盗罪で逮捕された。2023年夏には関西地方で、パート従業員の女性が勤務先のスーパーで半…
2023.11.04 16:00
NEWSポストセブン
山陽・九州新幹線直通用車両「さくら」の喫煙ルーム(時事通信フォト)
新幹線も喫煙ルーム廃止 行き場をなくした一部の喫煙者の「蛮行」を防げるか
 タバコをたしなむ人は現在、少数派である。成人喫煙率が1989年には男性55.3%、女性9.4%だったのが、2019年には男性27.1%、女性7.6%へと減少している(厚生労働省「国民健康・栄養調査」調べ)。喫煙できる場…
2023.10.29 16:00
NEWSポストセブン
世界でもっとも混雑する駅、新宿駅(イメージ、AFP=時事)
新宿区が用意したふるさと納税の新・返礼品 「世界でもっとも混雑する駅で一日駅長」は超狭き門
 10月1日から様々な制度や仕組みが変更されたが、「ふるさと納税」に関するいくつかの変更点もそのひとつだ。変更前に駆け込みで「ふるさと納税」利用の機運も高まったが、新しい仕組みのもと、改めて地元の産業振…
2023.10.21 07:00
NEWSポストセブン
気心の知れた仲間たちとの会話に、笑顔が弾ける
「実家の台所みたい」と愛されている神戸の角打ちには震災を乗り越えた「だんじり」魂が宿っている
 JR甲南山手駅から住宅街を10分ほど歩くと『小田商店』がある。この辺りは阪神・淡路大震災の被害が大きかった地区で、「ここいらの建物は、ペシャンコになってね、このエリアでは3軒だけが幸運にも倒れずに残っ…
2023.10.17 16:00
NEWSポストセブン
【動画】「カレッタ汐留」ゴーストタウン化でテナントは半数に   
【動画】「カレッタ汐留」ゴーストタウン化でテナントは半数に   
「もはやゴーストタウンですよ、ゴーストタウン…」そう語るのは汐留勤務の30代男性。東京・汐留の複合商業施設「カレッタ汐留」の“過疎化”が進んでいます。 現地を訪れたところ、フロアマップには、64店舗ぶんのス…
2023.10.16 16:00
NEWSポストセブン
劇団四季の劇場も入居している
《テナントが半数に》「カレッタ汐留」のゴーストタウン化、マクドナルドも撤退 「ビルをひとつ潰して大きな広場を作ってしまえばいい」と都市政策専門家
「どんどん人もテナントも減って……もはやゴーストタウンですよ、ゴーストタウン」──そう語るのは、汐留勤務の30代男性だ。いま、東京・汐留の複合商業施設「カレッタ汐留」の“過疎化”が止まらないのだという。「カ…
2023.10.10 06:00
NEWSポストセブン
3400形が壁面いっぱいに描かれたトレインルーム。ワイパーは実際に使用されていた本物を設置(撮影:小川裕夫)
ホテルの「次世代型トレインルーム」が人気 初代スカイライナーの完全再現目指した部屋も
 鉄道の運転士気分を味わえるゲームやアトラクションは、長らく人気のジャンルとして知られるが、リアルさを追求するにも限界があった。そこに、リアルを知る鉄道会社グループが運営するホテルに本格的な鉄道員気…
2023.10.09 16:00
NEWSポストセブン
東急大井町線(中延~荏原町)を走る東急電鉄9000系車両(時事通信フォト)
大手私鉄・西武鉄道が東急電鉄と小田急電鉄から中古車両を譲受する理由
 設備の更新が環境負荷の低減にもつながることは、家電を新しくしたら電気代が安くなった体験などで理解がすすんでいるだろう。鉄道会社も同様で、とくに新車両導入は速く走るといった性能向上だけでなく、CO2削減…
2023.10.08 07:00
NEWSポストセブン
インボイス制度へ反対の声は今も続くが、導入開始された(イメージ、時事通信フォト)
インボイス制度始まる 免税業者のクリエイターを切れない経営者は「実質的な増税」と嘆く
 2023年10月1日から暮らしにまつわる様々なことが変わる。新型コロナウイルスの患者への支援が廃止され、改正酒税法が施行されてビールの価格が下がり発泡酒が上がる。そして、インボイス(適格請求書)制度が始ま…
2023.10.02 07:00
NEWSポストセブン
繁華街を走る路線バス(イメージ、時事通信フォト)
すでに運転士が1万人不足 路線廃止が続くと予想されるバスは「公営にするしかない」のか
 自動車運転業務の年間時間外労働時間の上限が960時間に制限されることで発生する「2024年問題」は、主に物流業界の問題として語られることが多い。だが、それよりまえに危機を迎えているのが公共交通機関の運転者…
2023.09.30 16:00
NEWSポストセブン
カフェが入っていた施設「南風」
【独占告白】「たかがSNSや」高知・移住者カフェ騒動で大炎上したNPO理事長が反論 「私は権力者でもスケベでもない」
「田舎はどこもこうなんですか?」「地元の有力者に従わなかったら出ていけと言われました」──今年5月、高知県土佐市新居の施設にあるカフェがTwitter(現X)に投稿したことから始まった騒動。収拾を図るべく、施設…
2023.09.29 17:25
NEWSポストセブン

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン