スポーツ一覧/5ページ

野球、サッカー、相撲、ゴルフなどのスポーツニュースを集めたページです。単に試合結果を紹介するのではなく、選手たちの人間関係やドラマの裏側を報じます。

達川光男氏が予言「今年も阪神は交流戦で苦しむだろう」
達川光男氏が予言「今年も阪神は交流戦で苦しむだろう」
 いよいよ5月25日に開幕するプロ野球交流戦。昨季は新型コロナの感染拡大によって中止されたが、今季は3連戦×6カードの18試合制で行なわれる。「2年ぶりとなる今季の交流戦は例年とは異なる展…
2021.05.25 07:00
NEWSポストセブン
語り継がれる輪島功一のしたたかな戦略とは?(写真/共同通信社)
輪島功一の戦略「練習では根性を、試合では勇気を出して駆け引き」
 不屈な精神で危機を乗り越えた時にこそ、人は真のスターに生まれ変わる。昭和の時代にはそんな傑物が次々と現れ、日本人を鼓舞した。いまでは死語となりつつある“根性”丸出しのファイトで日…
2021.05.24 19:00
週刊ポスト
牧 秀悟、松井裕樹
阪神佐藤輝がマー君を打ち砕くか?「黄金ルーキーたちの交流戦」開幕
 5月25日から開幕する交流戦。年に一度のセとパの激突の行方を左右しそうなのが、大豊作のルーキーたちの活躍だ。 ルーキーにとって交流戦は、大きな躍進の場。2005年には初マウンドのダルビ…
2021.05.24 16:00
週刊ポスト
オリックス・バファローズの杉本裕太郎選手らが“秘密の合コン”(時事通信フォト)
オリックス新4番「ラオウ」ら3選手 遠征中に「秘密のホテル合コン」
「カンパーイ!」──緊急事態宣言まっただなかの5月10日夜8時。都内ホテルの一室に、男女6人の嬌声が響いた。“秘密の合コン”が開かれたのは東京の夜景を眼下に見下ろす豪華な部屋。男性陣はオリ…
2021.05.23 07:00
週刊ポスト
【動画】骨折の巨人・坂本「ヤンキース帽でディナー」現場シーン
【動画】骨折の巨人・坂本「ヤンキース帽でディナー」現場シーン
 5月9日のヤクルト戦で親指を骨折した巨人の坂本勇人内野手のプライベート姿をキャッチしました。 4月中旬の夜。都内の繁華街でミートソースパスタが680円という庶民派パスタ店から出てきた…
2021.05.23 07:00
NEWSポストセブン
ルメールを研究した末に…(イメージ)
万馬券を当てた作家「3連単はJRAきっての優秀な営業マン」を実感
 誰もが夢見るものの、なかなか現実にならない“夢の馬券生活”。「JRA重賞年鑑」で毎年執筆し、競馬を題材とした作品も発表している作家・須藤靖貴氏は、ついに3連単で万馬券を当てた。そして…
2021.05.22 16:00
週刊ポスト
東京競馬場のパドック
オークス 実績断然の白毛馬ソダシに死角はないのか
 桜花賞馬が圧倒的な存在と目されるオークス。下剋上はあり得るのか。競馬ライターの東田和美氏が分析した。 * * * 2019年のラヴズオンリーユーが、カワカミプリンセス以来13年ぶりの…
2021.05.22 16:00
NEWSポストセブン
現役時代からメモ魔の江藤氏だからこそ“川上ノート”が生まれた
V9戦士・江藤省三氏が書き残していた「川上哲治ノート」発掘
 日本プロ野球の歴史の中で、競技としての質を大きく向上させたのは、1961年に巨人監督に就任した川上哲治である。個人の力量だけに頼っていた時代に、川上は組織でのサインプレーを主とした…
2021.05.21 16:00
週刊ポスト
名門部屋にいったい何が?(写真は元・時津海/時事通信フォト)
名門・時津風部屋の土地・建物が「先代おかみ」に差し押さえられる
 史上最多69連勝の記録を残した大横綱・双葉山は1941年に立浪部屋から独立。東京・墨田区に「双葉山相撲道場」を開いた。その地に建つのが名門・時津風部屋だ。しかし、その名門部屋の土地・…
2021.05.20 11:00
週刊ポスト
(写真/共同通信社)
糸井、能見らプロ野球ベテラン選手の奮闘に「中年の星」門田氏がエール
 本塁打王争いのトップを走る阪神・佐藤輝明(22)、16試合連続無失点(成績は5月12日終了時点、以下同)の広島・栗林良吏(24)ら、球界の話題は怪物ルーキーたちの活躍一色だが、その陰で今…
2021.05.19 16:00
週刊ポスト
語り継がれる横綱・栃錦の引き際とは(時事通信フォト)
名横綱の潔い引き際 絶頂期に「桜の花の散るごとく」引退した栃錦
 度重なる引退勧告にもかかわらず土俵にしがみつく横綱がいる。地位や権威に恋々とする人の何と多いことか。一方で角界では、小兵ながら初代若乃花とともに“栃若時代”を築いた横綱・栃錦の引…
2021.05.18 19:00
週刊ポスト
東京五輪の責任者たちの発言を振り返る(時事通信フォト)
政府、IOC、JOC、東京都…「東京五輪の責任者たち」の響かない言葉
 コロナウイルス感染拡大がおさまる気配を見せないなか、東京五輪の「中止」を求める声は日増しに高まる。実に59%の国民が開催中止を求めるという世論調査結果もある。「開催」と「中止」の…
2021.05.18 16:00
週刊ポスト
中年の星アーチェリー山本博「三日坊主の繰り返し」だから続けられる
中年の星アーチェリー山本博「三日坊主の繰り返し」だから続けられる
「あの頃は可能性に満ちていたのに……」と、歳を重ねた今の自分を嘆く人は少なくないだろう。若いときに夢や目標に真剣に挑戦した人の中には、「自分には、かなえる力がなかった」と無念を抱い…
2021.05.18 16:00
女性セブン
村田兆治氏が貫いた選手としての美学とは(時事通信フォト)
10勝を挙げながら引退した村田兆治氏「見事なる引き際」の真意
「功成り名遂げて身退くは天の道なり」。昭和のプロ野球界でそんな見事な引き際を見せたのが、“マサカリ投法”で三振の山を築き、通算215勝を記録した元ロッテの村田兆治である。1990年にシーズ…
2021.05.17 19:00
週刊ポスト
桐生祥秀、玉井陸斗
桐生、大坂、池江ら 五輪に引き裂かれるアスリートたちの肉声
 緊急事態宣言下、東京五輪開幕まで70日に迫る。観客を入れるのか、無観客での開催か、それとも中止なのか。感染対策とワクチン接種はいかなる手順で進むのか。前のめりに突き進む政府、東京…
2021.05.17 19:00
週刊ポスト

トピックス