スポーツ一覧/516ページ

野球、サッカー、相撲、ゴルフなどのスポーツニュースを集めたページです。単に試合結果を紹介するのではなく、選手たちの人間関係やドラマの裏側を報じます。

元盗塁王が監督の野球部員 ネットで監督の過去映像観て喜ぶ
元盗塁王が監督の野球部員 ネットで監督の過去映像観て喜ぶ
現在、全国の球児たちが夏の甲子園を目指して戦っているが、一方では高校野球に舞い戻り監督として采配を振るっている元プロ野球選手もいる。阪神~ダイエー~中日と渡り歩き、1991年には盗塁王にも輝いた大野久氏(50)もその1人。スポーツジャーナリスト・古内義明氏が大野氏を取材した。* * * 現在、茨城県の東洋大牛久高校の監督を務めている大野によれば、この7年間は葛藤の日々だったという。「例えば、投手のモーションをどう盗むか。実際に生徒に『あそこを見ていてごらん、こんなクセが出ているだろう』と、私が読んだクセを教えてみせるんです。ただ、技術のない子に教えすぎると応用が効かなくなる。だからこそ実戦的な練習を繰り返すしかない」キャッチボールもまともにできず、一度も試合に出ることもなく卒業する子供もいる。そうした子供に対して、元プロ野球選手としてできることは、まず「野球を好きになってもらうこと」だった。そこで大野は「ホームランはこうやって打つんだ」と、子供たちの前で実際に打って見せた。ミーティングでは、プロ野球時代の話をし、実名を挙げてエピソードを話す。現代っ子らしく、子供たちはインターネットの動画で話に出てきた選手をチェックするという。「子供たちが『大野久で検索したらヒットします!』って。ただ、その映像が大したバッティングしていないんですよ(笑い)」就任した当時は元日以外364日練習だった。だが、高校野球の世界に飛び込んだことに後悔はない。「高校野球の監督になってわかりました。毎日泥まみれになって、監督には怒鳴られ、それでも純粋に野球をしている子供たちの姿はカッコいいと。プロ野球選手でも絶対にかないません」※週刊ポスト2011年7月15日号
2011.07.16 07:00
週刊ポスト
長友佑都 結婚報道を否定「サッカーと一緒にはできない」
長友佑都 結婚報道を否定「サッカーと一緒にはできない」
世界レベルの左サイドバックとして栄光の中にいる、サッカー日本代表・長友佑都選手(24)。「結婚報道」もあったが、ビッグクラブに所属する重圧もあり、今では結婚できるような状態ではないという。「いま、サインしたから」。周囲の人に気を配りながら、長友選手が押し殺すような声で母・りえさん(49)に電話をかけてきたのは、今年2月1日午前3時すぎだった。ヨーロッパ・サッカー界の移籍の交渉期限は1月31日午後7時。日本時間では2月1日午前3時。長友選手のインテルへの電撃移籍が決まったのは、そのリミットのわずか3分前のこと。そして契約書にサインをした直後、長友選手が真っ先に電話したのが、りえさんだった。どんな舞台、どんな相手でも動じない長友選手は、「目標は世界一のサイドバックになること」と公言してはばからない。しかし、りえさんにだけはその繊細な素顔を見せる。「3月にチャリティーマッチで大阪に帰ってきたとき、“もう本当に大変なんだよ”っていってました。“母さん、このビッグクラブの重圧、プレッシャーは半端じゃない”って。でも、4月の中旬に、“大事なのは心に余裕をもつことだ”ってわかってからは、何か吹っ切れたみたいですね」(りえさん)スポーツ紙などを賑わせた結婚報道についても、長友選手はりえさんにはこんな風に打ち明けていた。「彼女のことは私も知っています。でも、佑都は“いまはサッカーで一生懸命のぼりつめているところで、結婚と一緒にはできないよ”というふうにいっていましたね」※女性セブン2011年7月28日号
2011.07.16 07:00
女性セブン
不動裕理 5年つきあった前カレと別れた直後に夫と出会う
不動裕理 5年つきあった前カレと別れた直後に夫と出会う
女子ゴルフの不動裕理選手(34)が、シーズン真っ只中に結婚を決めた。お相手は、大手住宅関連会社「昭和住宅」の取締役事業部長の湖中正泰さん(37)。「昭和住宅」の2代目で、紳士服の「コナカ」の創業家とも遠縁に当たる華麗なる一族の御曹司だ。ふたりの出会いは昨年8月。そして交際を始めたのは今年1月だった。「出会った当時、不動さんは前の彼氏と別れた直後でした。5年以上つきあっていたけど、その彼は結局、不動さんのお金目当てだったんじゃないかって、彼女は男性不信になってしまっていたんです。でも、湖中さんは不動さんにすっかり惚れ込んでいたので、猛アプローチをし続けました。結婚にあたっても、プロポーズを一度断られたものの、再度アタックしたそうです」(ゴルフ担当記者)福岡に住む不動選手の母親がこう話す。「娘から湖中さんを紹介してもらったのは4月のことでした。彼は“結婚させてもらおうと思っています”と挨拶してくれました。ずっと前から娘のファンだったそうです」※女性セブン2011年7月28日号
2011.07.15 16:00
女性セブン
長友の母「佑都は子供みたいにいまでもカレーが好きなんです」
長友の母「佑都は子供みたいにいまでもカレーが好きなんです」
 7月1日、世界のサッカーの最高峰であるイタリアの名門・インテル・ミラノへの完全移籍が正式に決定した(6月までは、イタリアの別のチーム、チェゼーナからのレンタル移籍の形で在籍)、サッカー日本代表の長友佑都選手(24)。移籍金650万ユーロ(約7億6400万円)、年俸は約200万ユーロ(約2億3400万円)と見られている。 世界最高のサイドバックとなった長友選手について、母・りえさん(49)は、本当に嬉しそうな笑顔を浮かべて、こう話す。「佑都は、シーズンオフで日本に帰ってきていたんです。数日前にも私のところに来て、久しぶりにふたりでカレーを食べました。佑都は子供みたいにいまでもカレーが好きなんです。だから“お母さん、明日はカレー”っていわれる前に、帰るたんびに必ずカレーは作っておくんですよ」 世界のビッグクラブの一員になったいまも、長友選手が何よりも大好きなのが、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、肉、それにはちみつやすりおろしたりんご、ヨーグルトなどの隠し味を入れた、具だくさんの母親のカレーなのだ。※女性セブン2011年7月28日号
2011.07.15 07:00
女性セブン
Jリーガー 野球選手と違い髪形気にしたからもてはやされた
Jリーガー 野球選手と違い髪形気にしたからもてはやされた
何本ものイケメンドラマが放送され、まさに「イケメンブーム」ともいえる昨今。しかしながら、イケメンがテレビの世界を席巻していたのは、いまに限ったことではない。バブルが崩壊した1990年代のイケメンについて、イケメン評論家の内藤みかさんは「このころから、“自分を貫いている感じ”がすごく支持されるようになってきた。垢抜けて洗練された、男性にとってもファッションリーダー的な人が人気になりました」と説明する。個性もイケメンの必須要素に。生物多様性ならぬイケメン多様化時代。「主流は、なんといってもジャニーズの勢力。光GENJIの後にSMAP、TOKIO、V6などどんどん人気のグループが出てきました」と語るのはイケメン評論家の沖直実さん。しかし同時に、「当時は歌番組が減っていたので、モデルや俳優からアイドル的タレントが誕生したのがこのころ」(沖さん)とも。トレンディードラマやバンドオーディションによるブーム、Jリーグ開幕でスポーツ選手にも注目が集まり始めた。1990年代を代表するイケメンといえば、織田裕二(43)、吉田栄作(42)、加勢大周(41)の“平成(トレンディー)御三家”、風間トオル(48)、三上博史(48)、石田純一(57)など。さらに、少し下の江口洋介(43)、反町隆史(37)、竹野内豊(40)など、「顔が整っているだけでなく、モデル出身など身長の高さもポイント」(沖さん)だという。この流れには阿部寛(47)なども含まれるだろう。また、内藤さんは、「1980年代に比べ、顔立ちがソフトで洗練されたイケメンが多い。Jリーガーがもてはやされたのは、野球選手と違って髪形やファッションへのこだわりも強く、自己主張があったからでは。事務所にいわれた通りにという感じじゃない、個性や自己主張がイケてた時代ですね」※女性セブン2011年7月28日号
2011.07.14 16:00
女性セブン
長友佑都の母 学費のためならと自殺覚悟したこともあった
長友佑都の母 学費のためならと自殺覚悟したこともあった
 イタリア・セリエAの名門、インテル・ミラノに完全移籍したサッカー日本代表の長友佑都選手(24)。世界レベルのサイドバックとして、栄光の中にいる長友選手を、女手ひとつで育てたのが、母・りえさん(49)だ。 地元・愛媛の公立中学のサッカー部に入部した長友選手。中学2年生になるとサッカー部はどんどん強くなり、3年生のときには県大会で3位にはいるまでになった。そして迎えた高校進学。長友選手はサッカー選手として本気で「上を目指したい」と思うようになっていた。憧れていたのは全国でも屈指の強豪、福岡県の東福岡高校。サッカーが強いだけでなく、進学校としても有名だった。しかし、県外の私立高校に行くことになれば相当なお金がかかる。長友選手はなかなか「東福岡に行きたい」と口に出すことができなかった。 しかし、りえさんは、長友選手が「東福岡に行きたい」と切り出すのをずっと待っていた。ある日、長友選手がおそるおそる話をすると、りえさんはこういったという。「あんたから『行きたい』というてくれるのをずっと待っとった。お金のことなんか心配する必要ないから」 親戚からは「そんなお金どこにあるの」「プロになるわけでもないのに」と猛反対を受けた。それでも、りえさんは覚悟を固めていた。「大学も地元ではなく東京に行かせたい。そのためには長友家の姉・兄・長友の3人で3000万円はかかる。奨学金や教育ローンをめいっぱい借りました」 そして自らに3000万円の生命保険をかけた。「私にもしものことがあったときに、子供たちに負担がかかってはいけない。奨学金の返済が大変になったときには、自ら死んでその保険金で支払うようにしようとも考えていました」 生命保険にはいったことは、もちろん子供たちには秘密にしていた。それでも、長友選手は母の“覚悟”を感じ取っていたようだ。東福岡高校の入学式を見届けて愛媛に戻ってきたとき、りえさんは無事到着を知らせるために送ったメールに、こんなひとことを添えた。<いままで母親らしいことは何もしてやれなかったけど、がんばってね> すると、長友選手からこんな返信が届いたという。<僕は母さんがいてくれるだけでよかった。ほしいものも買わず、したいことも我慢して、一生懸命僕を育ててくれてありがとう> 読みながら、涙が止まらなくなった。「布団にはいってからも、その言葉を思い出しては泣きました。私は間違ってなかったと…。親が一生懸命仕事をし、生きている姿を見せることが、いちばんの子育て。そう確信できた瞬間でした」※女性セブン2011年7月28日号
2011.07.14 07:00
女性セブン
澤穂希 日本サッカーを救うためアメリカ人との結婚断念
澤穂希 日本サッカーを救うためアメリカ人との結婚断念
 ドイツで開催しているサッカー女子W杯。なでしこジャパンのキャプテン・澤穂希選手(32)は15才で日本代表デビュー、そして17才のときにはアトランタ五輪に出場まで果たした。 このとき、女子サッカーは初めて五輪の正式種目になったこともあって、注目度は高かった。しかし、結果は惨敗。世界との差を突きつけられたのだった。さらに五輪惨敗の影響からか、女子サッカー人気も下降し、名門チームが相次いでリーグから撤退を決め、多くの選手が活躍の場を失う。それは代表選手だった澤とて同じことだった。 そして1999年、澤は人生最大の決断をする。大学を中退して、世界トップレベルの米国のプロリーグへと移籍したのだ。当初は体格差やスピードの違いに戸惑ったものの、持ち前の負けず嫌いと猛練習で、自分の長所を徐々に出し始め、ファンからは“クイック・サワ”と称されるほどの大活躍を見せた。 仕事(サッカー)が充実し始めると、私生活にも明るい兆しが見えてきた。これまでサッカーひと筋で恋愛とは無縁だった彼女が、人生最大の恋に落ちたのだ。相手は、パーティーで知り合った7才年上の連邦政府エージェントのアメリカ人。間もなくふたりは一緒に暮らし始める。 しかし、順調な生活も終わりを迎える。米国女子プロリーグが突然休止を発表。帰国を余儀なくされた澤は、このとき、恋人と結婚して米国で暮らそうと考えていたという。このときも澤の母親はこんなアドバイスを送っていたという。「あなたは何を目指してアメリカでつらい環境に身を置いているの?」 結婚かサッカーかの狭間で苦悩する澤に、恋人は、「サッカーやめられるか?」と尋ねた。ためらうことなく澤は「もちろん」と答えたが、彼はこう続けた。「サッカーやめて、本当に後悔しないの? 専業主婦して家で退屈している姿は似合わない。きみにはサッカーをとことんやってほしい」 彼の真剣な言葉で、結婚に傾いていた心の中に再びサッカーへの情熱が蘇った。澤は低迷する日本女子サッカーを救うためには、五輪に出場して注目を集めることが必要だと考えた。そのため、翌年に控えたアテネ五輪のピッチに立っていない自分は想像できなかったのだ。こうして恋人との別れを決意。結婚よりサッカーを選び、日本に復帰した。※女性セブン2011年7月21日号
2011.07.13 07:00
女性セブン
野球選手が年上女好きなのは「野球バカが多いから」と元選手
野球選手が年上女好きなのは「野球バカが多いから」と元選手
 埼玉西武ライオンズのエース・涌井秀章と『めざにゅ~』(フジテレビ系)の杉崎美香アナの真剣交際が7月3日に報じられた。野球選手と女子アナの組み合わせはもはや定番だが、年上の女子アナに捕まる若手選手が多いのには驚かされる。 涌井は25歳、杉崎アナは32歳。今年4月に発覚した巨人のルーキー澤村拓一(23)と日テレの森麻季アナ(30)は7歳差。昨年の巨人のルーキー・長野義久と11歳上のテレ朝・下平さやかアナの交際は現在も順調のようだ。松坂大輔は6歳上の柴田倫世アナ、イチローも8歳年上の福島弓子アナだった。女子アナではないが、年上の女房持ちといえば、野村克也、原辰徳、落合博満、江川卓、立浪和義らがいる。  なぜプロ野球選手はこんなに年上好きなのか。24歳の時に11歳年上の女性と結婚した元巨人の橋本清氏(野球評論家)が自身の経験を踏まえて解説する。「野球選手は年俸を何億円もらっていても、野球のことしか知らない野球バカが多い。それだけに社会経験豊かな女性と話をするだけでも惹かれるし、おしゃれなレストランでワイングラスを傾けたりすることで、オトナの雰囲気に酔ってしまう。特に栄養面を心配してくれたり、礼儀や挨拶などを注意してくれたりすると、安心感や信頼感を持つ。実際に堅実に家庭を守る年上妻を持った先輩たちを見ているので、知らない間に『年上の女房で間違いない』という確信を持ってしまうんじゃないですか」 自分にないものに惹かれるのは、一般人の恋愛と変わらないようだ。※週刊ポスト2011年7月22・29日号
2011.07.12 07:00
週刊ポスト
不動裕理プロ結婚 お相手の御曹司からの猛アタックだった
不動裕理プロ結婚 お相手の御曹司からの猛アタックだった
東京中日スポーツが7月5日付一面で「不動裕理結婚」のニュースを報じた。不動(34)のお相手は、大手住宅関連会社「昭和住宅」の取締役事業部長の湖中正泰さん(37)。「昭和住宅」の2代目で、紳士服の「コナカ」の創業家とも遠縁に当たる華麗なる一族の御曹子だ。地元の同業者によると、「2代目が営業全般を見るようになって、大手レストランチェーンのフランチャイズ店や保育園、健康ランド、養護施設など不動産に限らず、幅広くビジネスを展開するようになった」となかなかのやり手の様子。そんな御曹司が不動に会ったのは昨年8月だという。恋に落ちたのは正泰さんのほうだった。「不動が、前の恋愛で生まれた男性不信が癒えていないからと嫌がっているのを押し切って、正泰さんが猛アタック。実際に交際にこぎ着けたのは今年に入ってからのことです。5月に正泰さんがプロポーズした時、不動は結婚してもゴルフはやめないという条件を出したと聞いています」(ツアー関係者)華やかなりし女子プロだが、実は出会いが少ないというのはゴルフ解説者の菅野徳雄氏。「3月から12月までほぼ毎週のように練習ラウンドの火曜から最終日の日曜までゴルフ漬け。男性は、ゴルフメーカーの担当者やマネージャー、記者やカメラマンぐらいしか周りにいない。今回の不動は奇跡だね」永久シードを持つ6人のプロの中では、岡本綾子と大迫たつ子に結婚歴がない。不動も……と思われていた中での今回の快挙、いやはや、あっぱれ!※週刊ポスト2011年7月22・29日号
2011.07.11 07:00
週刊ポスト
さくらパパ 年間所得4111万円は鳩山前首相より314万円多い
さくらパパ 年間所得4111万円は鳩山前首相より314万円多い
4日に公開された国会議員の所得報告書(10年)で、意外な人物が上位に食い込んだ。国会議員721人のなかで、“さくらパパ”こと横峯良郎・参院議員が給与所得4111万円で9位、所得総額は4140万円で19位だったのだ。母親から月額1500万円の“子ども手当”をもらっていた鳩山由紀夫・前首相の所得総額21位(3826万円)を上回るとは驚きだ。国会議員の歳費(年間所得)は約1831万円。政務三役や委員長などの役職者は手当が上乗せされるが、横峯氏はヒラ議員。どこで約2300万円も稼いでいたのか。横峯氏に直接尋ねた。「娘が所属する『有限会社SAKURA』の社長として役員報酬を受け取っています。議員になる以前から続けている仕事で、議員の職務外の時間に、娘のスポンサー契約料の管理やマネジメントなどをやっています」国会議員は「金帰火来」といわれ、週末(金曜日)に地元に帰って支援者回りをし、火曜日の朝に東京に戻るのが一般的なスケジュールとされる。しかし、横峯氏のような比例議員は選挙区を持たないのでその必要がなく、「副業」に時間が割けるというわけだ。※週刊ポスト2011年7月22・29日号
2011.07.11 07:00
週刊ポスト
野球賭博で解雇の元貴闘力 懸賞出そうとするも相撲協会拒否
野球賭博で解雇の元貴闘力 懸賞出そうとするも相撲協会拒否
 3場所ぶりの通常開催となる大相撲名古屋場所(7月10日初日)は、日本相撲協会にとっては“再出発”の場所となる。 大相撲の「生まれ変わり」を信じ、懸賞金を出すスポンサーも集まり始めている。その中に意外な顔があった。元関脇・貴闘力の鎌苅忠茂氏(43)だ。 鎌苅氏は昨年7月に野球賭博問題で相撲協会を解雇された後、焼き肉店を開業。現在は都内に2店舗を経営している。 6月24日、鎌苅氏は1本6万円の懸賞を15日間毎日かける旨、協会に申し込んだのだが……。「協会からは“上と相談させて欲しい”と保留され、翌日には“間に合わない”と拒否された。まだ1か月弱も時間があるのに、間に合わないはずがない」(鎌苅氏の焼き肉店関係者)  協会のHPによれば、懸賞金の受け付けは取組4日前。納得できない鎌苅氏は協会宛に質問状を郵送したが、それでも返答は「受け付けない」だった。 怒った鎌苅氏は“対抗措置”を準備しているという。前出の関係者の話。「角界をクビになった元力士たちを集め、場所の早い段階で観戦に出向く計画を立てています。4~5マスを独占し、琴光喜、露鵬、白露山のほか、八百長問題で辞めた力士も集めて10人前後で観戦する」 かつて本誌で角界の八百長を告発した板井圭介氏(元小結)がそうであったように、誰よりも八百長相撲を見抜けるのは、当の八百長力士である。 角界を愛するが故の行動か、それとも単なる嫌がらせか。鎌苅氏本人を訪ねたが、海外出張中のため不在。代わって、現役時代からの後援者が答えた。「貴闘力が純粋な気持ちで応援しているだけだ。現役力士を少しでもバックアップしようと、幕内最初の一番に懸けたいと話している。協会は素直には受け取っておらず、中には“(鎌苅氏と親しい)貴乃花親方の仕掛けではないか”などと言い出す親方もいたようだ」※週刊ポスト2011年7月15日号
2011.07.10 07:00
週刊ポスト
澤穂希 小学時代、上履きを刃物で切られる等いじめ受けていた
澤穂希 小学時代、上履きを刃物で切られる等いじめ受けていた
 ドイツで開催中のサッカー女子W杯で鮮烈な印象を残した“なでしこジャパン”。世界ランキング4位にまでなった日本の女子サッカーを率いる絶対的エースが澤穂希選手(32)だ。 澤にとって現在までの道のりは決して平坦なものではなかった。女の子であることから、「全日本少年サッカー大会」への出場を許されず、性別の壁に打ちのめされたこともあった。女の子であることに苦悩した澤だったが、皮肉なことに、女子からもいじめに遭っていた。サッカー同様に学校でも、澤は男子に交じってドッジボールやケイドロなどをして校庭を駆け回っていた。しかし、教室でその様子を見ていた女子たちからは快く思われていなかったのだ。「澤さんは、単に女の子遊びが苦手なだけだったんですけどね。後ろ髪を襟足あたりでパツンと切り揃えて男の子と同じようにしていましたし、男子が彼女を女の子として意識するということもなかったと思うんです。 でも、年頃の女の子たちですからね。自分たちとは遊ばず、憧れの男の子たちと仲良くしている彼女への妬みで、上履きを刃物で切られたり、教科書を隠されたりといじめられたこともあったみたいですよ」(小学校の同級生) 澤はそのことを決して親にいうことはなかった。だが、事情を教師から聞かされた母はこう静かに語ったという。「つらいかもしれないけど、あなたのやりたいようにやりなさい。いまのまま、外で遊びなさい。悪いことをしたわけじゃないんだから。いつも笑顔でいれば、きっといい結果がついてくるから」 母は決して学校や相手の家に乗り込んだりすることなく、沈黙を守ったものの、澤に自分が信じた道を歩き続けることの大切さを伝えようとしたのだろう。※女性セブン2011年7月21日号
2011.07.09 07:00
女性セブン
澤穂希 小学生チーム唯一の女子だったが誰も女子扱いせず
澤穂希 小学生チーム唯一の女子だったが誰も女子扱いせず
 ドイツで開催中のサッカー女子W杯で、グループステージを2位で通過し、日本時間の10日午前3時45分から、地元ドイツと決勝トーナメント1回戦を戦うこととなった“なでしこジャパン”。その絶対的エースで、メキシコ五輪(1968年)得点王の釜本邦茂氏が持っていた男女通じての日本代表最多得点記録を更新するなど、大活躍をみせているのが、澤穂希選手(32)だ。 澤が初めてサッカーボールを蹴ったのは大阪で暮らしていた6才のとき。兄が所属していたサッカークラブの練習を、母と一緒に毎回のように見学していた。あるときチームのコーチに「妹さんも蹴ってみるか?」と声を掛けられ、蹴ったボールは吸い込まれるようにゴールネットを揺らした。このとき、ゴールの快感を味わってしまった幼い澤は、以後サッカーに魅了されていく。 8才で東京・府中へと引っ越すと、前述した地元の府ロクサッカークラブで、本格的にサッカーを始める。このクラブは、昨年の南アフリカW杯・日本代表の中村憲剛選手(30)などJリーガーを多数輩出した名門。そんなチームでも澤の実力は飛び抜けていたという。前述の釜本氏は当時を振り返り、こう話す。「澤と出会ったのは、彼女が小学生のときのサッカー教室。コーチから“うちのエースは女の子なんですよ”っていわれたんだけど、プレーを見る限りじゃ、どの子が女の子かわからないほど男顔負けのプレーでしたね」 澤はクラブにとって初めての女の子だったが、チームメートは誰も彼女を女の子として扱うことはなかった。※女性セブン2011年7月21日号
2011.07.08 16:00
女性セブン
「ワルを超えるワル」ダル弟帰省すると地元に夜間外出禁止令
「ワルを超えるワル」ダル弟帰省すると地元に夜間外出禁止令
 北海道日本ハムファイターズのダルビッシュ有投手(24)の弟・ダルビッシュ翔容疑者(22)が、大麻取締法違反(所持)と傷害容疑で逮捕されていたことがわかった。翔容疑者は、ダルビッシュ家の3人兄弟の次男だが、地元の大阪で話を聞いてみると、評判は「ワルを超えるワル」というものだった。 最近は総合格闘家を目指しており、今回の事件がなければ、今月、試合があったという。活動のベースは東京に移していたが、それに伴って、こんな“不良伝説”まで生まれていた。地元のある商店主が声をひそめてこういう。「翔が格闘家をやめて、東京から大阪に帰ってくるという話が広がり、大変なことになったんです。まるで空襲警報みたいに、“おい、翔が来るぞ!”って連絡が回る。とくに周辺の高校では生徒たちに“夜は外出しないように”という注意が出されるほどなんです」※女性セブン2011年7月21日号
2011.07.08 07:00
女性セブン
高校野球指導の元プロ選手 女生徒気になる球児の意識を指摘
高校野球指導の元プロ選手 女生徒気になる球児の意識を指摘
 プロ野球という最高峰から高校野球の世界に舞い戻った男たちがいる。野球部監督として球児たちを指導する第二の人生を歩き始めた彼らは、どんな指導法で甲子園を目指しているのか――。以下は、スポーツジャーナリスト・古内義明氏が、山口県・早鞆高校の大越基監督(40・元ダイエー)を取材した。 * * *「元プロが監督になったからといって、すぐに甲子園に行けるわけがないですよ」 1989年夏の甲子園で仙台育英のエースとして準優勝し、ドラフト1位でダイエー(現ソフトバンク)に入団。現在は山口県の早鞆高校野球部監督を務める大越基はそう語る。「ちょっと頑張れば甲子園に出られるかなという感覚で始めましたが、それは大間違いでした。現実は厳しい。自分が高校生の時はそんなに難しいことではなかったのに、なんで監督だと難しいのか(笑い)」 監督が重視したのは、野球に対する心構えだ。「いくら技術を教えても、子供たちは“やっています”というだけで全然形になっていない。それは意識が低いからなんです」 校舎から練習場まではバスで移動するのだが、女子生徒がいると窓から顔を出す部員ばかり。部室にはカビた弁当が置きっぱなしで、マンガ本が散乱していた。「いくら僕が元プロ選手だからといって、子供たちがきちんと聞く姿勢を持たないと、何をいっても頭には入っていかない。この有り様で甲子園とか全国制覇とか、口にするなと注意しました」 ドラフト1位とはいえ、大越は日本球界から米マイナーリーグまで渡り歩いた苦労人だ。だからこそ、野球の面白さと怖さを知っている。「プロも才能だけでやっているわけではなく、練習や私生活で努力しているからこそ活躍している。例えば、ソフトバンクで同期の小久保(裕紀)選手とかね。甲子園出場や、プロ野球選手になりたい夢があるなら努力しかない。それをわかってほしい」※週刊ポスト2011年7月15日号
2011.07.08 07:00
週刊ポスト

トピックス

河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン