国内

「煙が出ないタバコ」で「周りに迷惑かけている」の心配も消えた


 喫煙者は、つねに周りに気をつかいタバコをふかす。時には自らが虐げられている気分にさえなる。もし吸う人と吸わない人が空間を共有できたら……。これは新たなスタイルの提案である、と作家の山下柚実氏がリポートする。

「ゼロスタイル・ミント」は、JT社内でも極秘で開発が進められてきたという。同社ブランド企画部の能瀬智昭氏が語る。

「技術的には、燃やさないで香りと味を確保する点が苦労しました。たばこの葉と香料との組み合わせ方や、気流コントロールなど、微妙な調整が必要でした。火を使わないためニコチンは軽めで、一服あたりのニコチン量は弊社のマイルドセブン・ワンの20分の1程度です」

 たばことは何なのか、を根底から問い直してみようと取り組んだという。

「たばこを箱からとり出す。そして、火を点ける。指に挟む。くわえる。吸う。煙を眺める。香りを嗅ぐ。吐き出す。動作だけでなく、ライターをつけるシュポッという音、マッチを擦る音。会話が生まれる……。たばこの楽しみがいくつも見つかりました」

 議論を重ねる中から、たばこの「再定義」が生まれた。「香りを楽しむ大人の商品」。

 そう再定義したとたん、自由な発想が次々に出てきた。今のスティック型の紙巻きたばこからはおよそ想像もできないようなスタイルのたばこのアイデアが次々と生まれてきたという。

 最後には、「これって、たばこと言えるんだろうか」という範囲にまで、議論は広がっていった。たばこという商品が、根底から問い直された。その結果、たばこがどうしても克服しなければならない問題点が、浮き彫りになった。

「現在たばこをお吸いのお客様は、煙が周りの人にご迷惑をおかけしているのではないか、という心配をされている。そのようなお客様の声にお応えしたい。そこで、『煙の出ないたばこ』=『嗅ぎたばこ』という形態に着目することになったのです」(能瀬氏)

「煙が無くなる」ことが、こうして決まったのである。

※SAPIO2010年9月8日号

関連キーワード

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
今年の共通テスト。大学受験のためには中学受験をすべきか、高校受験がよいのか。受験事情に詳しい藤沢氏に聞いた(時事通信フォト)
かつて学歴否定派だった藤沢数希氏 1000万円かけて私立中高一貫校に通わせる効果を解説
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
東京電力も家庭向け電気料金値上げを申請(時事通信フォト)
電気代とガス代の高騰はもはや「恐怖」の水準 これで値上げが終わりなわけでもない
NEWSポストセブン