• TOP
  • 国際情報
  • 母と思って23年間暮らした女は実は自分の誘拐犯だった

国際情報

2011.02.09 10:00  女性セブン

母と思って23年間暮らした女は実は自分の誘拐犯だった

「ずっと捜し続けていた。まるで生まれ変わったような気分だわ」

 23年ぶりに実の両親と再会した娘は、両親と固く抱きしめ合いながらこう語った。その3日後の1月23日、誘拐罪で逮捕されたのは、娘の“育ての親”だった。
 実の親を捜し当てたのは米コネティカット州ブリッジポート在住のカーリナ・ホワイトさん(23)。カーリナさんはブリッジポートで、“母”のアン・ペットウェイ容疑者(49)に育てられた。

 幼いころから「どうして自分と母親はこんなに似ていないんだろう」とアン容疑者と親子であることに違和感をもっていたというカーリナさん。物心がつくころには、
「もしかして、本当の母親は別のところにいるのでは」と思うようになっていた。

 アン容疑者が機嫌の悪いときにカーリナさんを叩いたり、物を投げつけたりしたこともあって、その疑念は次第に大きくなっていく。

 その思いが“確信”に変わったのは、16才のときだった。妊娠していることがわかり、出生前診断を受けるために“母親”に自分の出生証明書を求めたところ、「私は実の母親ではない。証明書は持っていない」との告白を受けたのだ。

 以来、カーリナさんは出産した子供を育てながら、実の親を捜し始めた。そして昨年12月、「失踪および搾取された子供のための全国センター」(NCMEC)のウェブサイトで、5才になった自分の子供とそっくりの子供の写真を発見。それは実の両親が届け出ていた、生後間もないカーリナさん自身の写真だった。

 実は事件は1987年8月に起きていた。生後19日だったカーリナさんは40度の高熱を出し、両親にニューヨーク・ハーレムの病院に連れてこられた。医師に抗生物質を注射してもらい、しばらく様子を見るといわれた両親が数時間後に病院に戻ると、そこにカーリナさんの姿はなかった。白衣に身を包み、看護師を装ったアン容疑者が、カーリナさんを病院から連れ出していたのだ。

「数回の流産を経験し、自分では子供が産めないかもしれないとの思いがつのり、誘拐した」とアン容疑者。

 しかし彼女の親類はこう証言する。
「当時交際していた男性の子を妊娠したが、流産。相手をつなぎ止めておくために子供が必要だったのだろう。当時はどこかで出産してきたのだろうと思い、誰も不思議には思わなかった」

※女性セブン2011年2月17日号

関連記事

トピックス