• TOP
  • 芸能
  • DASH村の地表放射線量 毎時240マイクロシーベルトを観測

芸能

2011.05.02 07:00  女性セブン

DASH村の地表放射線量 毎時240マイクロシーベルトを観測

大震災の影響で、存続が危ぶまれているDASH村。TOKIOが出演する『ザ!鉄腕! DASH!!』(日本テレビ系)の人気コーナーとして2000年6月にスタートし、以来メンバーが無農薬の米や野菜づくり、古民家再生などに取り組んできた場所だ。

村があるのは福島県浪江町。福島第一原発から半径20~30km圏内に位置し、事故後は「屋内退避区域」に指定された。

4月14日、本誌記者が浪江町を訪ねてみると、山々に囲まれたのどかな田舎町は人影がなく、行き交う車もない。唯一見かけた高齢の男性によると、

「老人と、家畜やペットを飼っている人が家に留まっているほかは、みんな親戚の家などに逃げてしまった」

とのこと。DASH村も門が閉ざされ、誰ひとりいない様子だった。ガイガーカウンターで放射線量を計測してみると、空間線量(地表から160cm、記者の肩の高さで測定)はおよそ毎時20マイクロシーベルト、地表ではなんと毎時240マイクロシーベルトに!「健康に影響が出る可能性がある」とされる毎時100ミリシーベルトを超えはしないものの、草むらや土壌はかなり汚染されていることがわかった。

※女性セブン2011年5月12日・19日号

関連記事

トピックス