• TOP
  • ライフ
  • 結崎ネブカと大和肉鶏を組み合わせたオリジナル・イタリアン

ライフ

2011.10.20 07:00  週刊ポスト

結崎ネブカと大和肉鶏を組み合わせたオリジナル・イタリアン

「IL GHIOTTONE」の「大和肉鶏と結崎ネブカのタリオリーニ 七味の香り」

昨年も約10万人が訪れた「奈良フードフェスティバル2011 クーカル・イン奈良」が、10月22日~11月13日まで、奈良公園で開催される。地元の食材を使って全国の腕利き料理人たちがメニューにはないオリジナル料理で腕をふるう。そこに参加する名店のひとつ「IL GHIOTTONE(イル・ギオットーネ)」(京都)を紹介しよう。

* * *
京都で最も予約が取りにくいイタリアンレストランのひとつ。オーナーシェフの笹島保弘氏は、世界的に有名なシェフ、ノブ・マツヒサ氏とコラボレーションしたことも。

「大和肉鶏に一番合うのは、大和の伝統野菜である結崎(ゆうざき)ネブカです。食材の組み合わせはシンプルに、というのが僕のポリシーです」(笹島氏)

結崎ネブカは、柔らかく甘みのあるネギの一種。「この2つはうまみの相乗効果で、各々の食材の美味さが4倍にも5倍にも増すんです」(同前)。使う食材はシンプルでも、味わいは極めて深い。

■大和肉鶏と結崎ネブカのタリオリーニ 七味の香り
しまった肉質が特徴の大和肉鶏を85度の温度で12時間じっくり加熱し、大和の伝統野菜である幻のネギ・結崎ネブカとともに味が絡みやすい平麺のタリオリーニに合わせたパスタ。

■IL GHIOTTONE(イル・ギットーネ)
【住所】京都府京都市東山区下河原通塔ノ前下ル八坂上町388-1
【営業時間】12~14時半LO、18~21時半LO
【定休日】火

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2011年10月28日号

関連記事

トピックス