• TOP
  • 芸能
  • RIKACOと元夫・渡部篤郎が近所でカフェ経営 中谷美紀が助言

芸能

2011.10.20 16:00  女性セブン

RIKACOと元夫・渡部篤郎が近所でカフェ経営 中谷美紀が助言

 カップルでにぎわう初秋の川沿いの散歩道。その通りに面した6階建てビルが、2009年にオープンしたRIKACO(45)プロデュースの“オーガニックショップ”だった。地下1階はヨガスタジオで、1~2階はオーガニックカフェ、3階はアロマショップになっている。

 今年10月中旬の週末に同店を訪れると、雰囲気ががらりと違っていた。1階フロアにはいくつもの段ボール箱が置かれ、スタッフが片づけ作業に追われていた。近隣住民がいう。

「ヨガスタジオは営業を続けているようですが、カフェとアロマは、今年の6月末に閉店したんです。そういえば、外から見ても、いつも混雑している感じはしなかったですけど。この周辺はカフェがたくさんある激戦区ですから」

 そこからわずか徒歩5分ほどのところに、別のオーガニックカフェがある。店のオーナーはRIKACOの元夫・渡部篤郎(43)だ。こちらはRIKACOの店に先駆けてオープン。有機野菜を看板に、店内はフランスのカフェをイメージして、食器はフランスのものが使われている。

 そんな店の狙いも時流に合い、今年めでたく開店5周年を迎えたが、そこには渡部の交際相手、中谷美紀(35)のアドバイスがあった。

「オーガニックにこだわりがあって、パリ通の中谷さんは、オープン当初から助言をしているんです。最近では、カフェスタッフが作ったトマトジュースやにんじんジュースを渡部さんがテレビで紹介していました。砂糖も水も使ってないのにとっても甘くておいしいそうです。それも中谷さんの意見が取り入れられてるようですよ」(芸能関係者)

※女性セブン2011年11月3日号

関連記事

トピックス