• TOP
  • 国内
  • 武村正義氏 謙虚さが足りない「小沢・鳩山・菅」に引退勧告

国内

2011.12.25 07:00  週刊ポスト

武村正義氏 謙虚さが足りない「小沢・鳩山・菅」に引退勧告

現在日本の政治は「政治主導」とは名ばかりで、官僚主導のまま。日本の政治はどこへ向かっていくのか。そんな現状に対し「言わずに死ねるか!」――政治家経験者による日本政界への提言を聞こう。ここでは新党さきがけ代表の武村正義氏(77)の話を聞こう。

* * *
日本丸は漂流している。船長も機関士もいるが、何をしているのかよくわからない。海は大荒れで乗員一同、情報不足もあり、不安でいっぱいだ。政治は短命政権をくりかえし、国民に迎合するポピュリズムが横行し、大きな政策は先送り。あげくの果てが1000兆円という巨大な借金の山だ。

民主党政権は熟していないのに謙虚さが足りない。とくに小沢一郎さんの選挙至上主義が民主党を悪くした。元総理の2人(鳩山由紀夫氏、菅直人氏)と一緒に引退されたほうがいい。

私は1993年の政変で自民党を離党して新党さきがけを結成し、細川連立内閣の官房長官を務めた。さきがけ時代には、前原誠司君、枝野幸男君、玄葉光一郎君、小沢鋭仁君ら、現在の民主党政権中枢の政治家がメンバーに名を連ねていた。

前原君や枝野君、玄葉君ら若い政治家はそれぞれ政権の責任ある職に就きながらも、まだ修養を積んでいる段階。悪戦苦闘しているが、素養もやる気もあるから、試行錯誤の中で失敗の経験も積んで政治的に習熟してほしい。

●武村正義:1986年初当選。新党さきがけ代表、内閣官房長官、大蔵大臣などを歴任。2000年引退。

※週刊ポスト2012年1月1・6日号

関連記事

トピックス