スポーツ

松井秀喜の師“浪速のダルビッシュ”に腹筋と背筋鍛えろと助言

 第84回選抜野球はこの男の大会だった。優勝した大阪桐蔭高の大エース、“浪速のダルビッシュ”こと藤浪晋太郎だ。史上最長身197cmの藤浪は、とにかく幼少期から規格外だった。

「2歳から成長痛が始まりました。腕がどんどん伸びていく感じがして、痛かったからよく覚えています。なぜ大きくなったか? 小さな頃からよく寝たからだと思います(笑い)。外出禁止の選抜期間中も宿舎でずっと寝ていました」(藤浪)

 小学校卒業のころにはもう180cm。短期間にすくすく伸びていき高校入学時には現在の身長に達していた。母・明美さん(47)が振り返る。

「背が大きいこと以外、他の同年代の子供たちより飛び抜けたところは特になかったです。野球に関しても、うまくなったと思ったら身長が伸びたことで投球のバランスを崩して苦労していました。負けず嫌いな子供でしたけど、ほとんど涙を見せたことがなかった。だから、去年の夏に大阪大会決勝で負けて号泣した姿を見たのは、家族にとっては衝撃的なことでした」

 松井秀喜らを育てた星稜高校野球部元監督の山下智茂氏は、「これまでの高校球児にはないスケールで将来が楽しみ」と語る。

「ただし、投球の際に頭を大きく振る癖がある。腹筋と背筋を鍛えてそこを修正すれば制球がさらに安定するだろうし、上のレベルでも花開く可能性がある」(山下氏)

※週刊ポスト2012年4月20日号

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン