スポーツ

松井秀喜の師“浪速のダルビッシュ”に腹筋と背筋鍛えろと助言

 第84回選抜野球はこの男の大会だった。優勝した大阪桐蔭高の大エース、“浪速のダルビッシュ”こと藤浪晋太郎だ。史上最長身197cmの藤浪は、とにかく幼少期から規格外だった。

「2歳から成長痛が始まりました。腕がどんどん伸びていく感じがして、痛かったからよく覚えています。なぜ大きくなったか? 小さな頃からよく寝たからだと思います(笑い)。外出禁止の選抜期間中も宿舎でずっと寝ていました」(藤浪)

 小学校卒業のころにはもう180cm。短期間にすくすく伸びていき高校入学時には現在の身長に達していた。母・明美さん(47)が振り返る。

「背が大きいこと以外、他の同年代の子供たちより飛び抜けたところは特になかったです。野球に関しても、うまくなったと思ったら身長が伸びたことで投球のバランスを崩して苦労していました。負けず嫌いな子供でしたけど、ほとんど涙を見せたことがなかった。だから、去年の夏に大阪大会決勝で負けて号泣した姿を見たのは、家族にとっては衝撃的なことでした」

 松井秀喜らを育てた星稜高校野球部元監督の山下智茂氏は、「これまでの高校球児にはないスケールで将来が楽しみ」と語る。

「ただし、投球の際に頭を大きく振る癖がある。腹筋と背筋を鍛えてそこを修正すれば制球がさらに安定するだろうし、上のレベルでも花開く可能性がある」(山下氏)

※週刊ポスト2012年4月20日号

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン