• TOP
  • 国際情報
  • 【キャラビズム】家では座って小便、だから男はかわいそう!

国際情報

2012.05.12 16:00  NEWSポストセブン

【キャラビズム】家では座って小便、だから男はかわいそう!

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの84歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』などの著書がある。日本在住 40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向 けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム」。さて、あなたはどう受け止めるか? 今回は、「人生」編である。

 * * *

●La vie c‘est comme un bon vin qui prend du goût en vieillissant!

人生は良いワイン同様、年を取ると味が出る!

●On peut se laver les mains sales mais on ne peut pas laver sa conscience salie!

汚れた手は洗えても汚れた良心は洗えない!

●Chez eux on les oblige à s’assoir pour uriner,dehors on les empèche de fumer, pauvres hommes,,,,,

家では座って小便、外では禁煙。だから男は、かわいそう!

関連記事

トピックス