芸能

戸田恵梨香の父激白「綾野剛はベストでない。結婚はない!」

 7月上旬、戸田恵梨香(23才)と綾野剛(30才)が、戸田の郷里である神戸へ新幹線で旅行していたところを、女性セブンはキャッチした。いよいよ結婚に向けて、実家への挨拶かと思われたが、綾野が戸田の実家に足を運ぶことはなかったという。

 神戸市内にある戸田の実家を訪ね、父親に話をきいた。

──今回、戸田さんは綾野さんを連れてきているようだが、挨拶には来ました?

「いやいや…来てませんよ。今回、恵梨香が神戸に帰ってきたのは入院中のおばあちゃんをお見舞いするためだよ。もちろん病院にも彼は来ていません!」

──綾野さんに会ったことは?

「一昨年(2010年)の年末だったかな。私が仕事で東京へ行ったときに紹介されました」

──どんな印象でした?

「収入の話になってね…。私としては、収入がどうこうとかは問題じゃないんだけど、当時、彼はまだ恵梨香に比べると収入が少なかったみたいで“収入を増やして対等になって、堂々とつきあっていると発表できるようになりたい”とかいってました。彼からは、どこか“自信のなさ”が感じられましたね」

──大切な娘さんの結婚相手としてはどうでしたか?

「親としては、彼はベストではない。きっと別れるだろうね…。結婚はないですね」

──どうして?

「私たち家族は、女優という仕事は恵梨香にとって天職だと思っています。その仕事に彼女が打ち込めるように全力でサポートしています。昨年、恵梨香は映画が続き、仕事に集中しなければならない時期があったんです。そんなときに綾野さんは、娘に“泣き言”をいって、娘を苦しめたんです。

 話を聞いて、私は思わず彼に電話をしてしまったんです。“きみも同じ仕事をしているなら、いまがどういう時期か、わかっているだろう? 仕事の邪魔をするな!”と叱りつけました。まあ、恵梨香にしたら余計なお世話なんだろうけど…(苦笑)」

──綾野さんの反応は?

「そのとき彼はいい訳ばっかりで…。きっと、そのときに彼は私に“二度と会えない”と思ったはずだよ!」

※女性セブン2012年7月26日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン