芸能

倖田來未、蒼井優、冨永愛 いじめで苦痛を受けた過去の体験

 昨年10月に大津市の中二男子生徒がいじめの影響もあって自殺した件で、日本中でいじめへの関心が高まっている。いじめ体験は、芸能人も例外ではなく、えっ、この人がという人も、心身に苦痛を受けた、つらく苦しい時代を過ごした経験をもっている。彼らはどんないじめを受け、どう克服したのか。

 倖田來未(29才)には小学校、中学校と2回にわたって、いじめを受けた経験がある。昨日まで一緒に遊んでいた友達から、突然無視をされるようになった。当時のことを2007年に政府が行ったイベント『ストップ!いじめ』で、こう語っている。

「そのときは親にもいえないし、吐き出せなくて思いつめていました」

 しかし、そんな彼女を救ったのは、友達の「一緒に帰ろうか」という何気ないひと言だった。倖田はこう続けた。

「私は卒業アルバムに漠然と『将来の夢は歌手』と書いていましたけど、その時に助けられたのは、夢じゃなくて人でした」

 小学6年生のころからCMなどに出演していた蒼井優(26才)は、著書『From優』(講談社刊)で、いじめにあっていたことを告白している。

<私から友だちをひとり残らず取り上げて、私を独りにするという、けっこうスゴイものでした。(中略)独りを身にしみて感じ、死んでしまいたい…と思いつめたほど>

 そこで蒼井は、同じ状況が続くのは耐えられないと、中学受験を決意し、私立中学校へ進学した。自ら環境を変え、新たなスタートを切った。

 転校や受験ではなく、同じ学校に居続けながら、遊ぶグループを変えたのが冨永愛(29才)だ。

 つけられたあだ名は、「宇宙人」。「死ね」と書かれた紙が机の中にはいっていたこともあった。『冨永愛という生き方』(宙出版)のなかで、彼女が出した克服法は、男の子と遊ぶようにしたことだと告白している。

<女はだいっ嫌いだった。うざかったよー、女。男は好きだった。だって男はいじめないから>

※女性セブン2012年8月9日号

関連記事

トピックス

小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
1946年1月25日、新発売の煙草「ピース」を求める人々が銀座松屋に列を成す。写真=庭田杏珠 × 渡邉英徳『AIとカラー化した写真でよみがえる戦前・戦争』(光文社 2020年)より
鮮やかによみがえる「終戦と復興」写真のカラー化がもたらす記憶の“解凍”
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン