国内

富士山噴火 コンタクトレンズすぐ外さないと角膜損傷の危険も

 8月21日に開かれた静岡県防災・原子力学術会議の地震・火山対策分科会。静岡大学防災総合センターの小山真人教授がこう報告した。

「地震やマグマの突き上げで富士山が『山体崩壊』すれば最大約40万人が被災する」

 しかも、発表資料には<被災人口:避難できなかった場合は死者数に相当>――と書かれていた。

 内閣府は富士山から約100km離れた東京でも2~10km離れた東京でも2~10cmの火山灰が降り積もると想定。首都圏に及ぶ“富士山有事”にどう備えるべきか。防災システム研究所所長の山村武彦さんがアドバイスする。

「まず、富士山から30km圏内に住む人は念のために疎開場所を決めておくべきです。100km圏内に火山灰が飛ぶ可能性があります。ライフラインや交通網が分断され、数か月程度は首都機能がマヒすると考え、長期戦を覚悟する必要があります。食料と水は最低でも1週間分は準備しておく。できれば自家発電機も備えておきたいですね。

 降灰対策の防塵マスク、ゴーグルも欠かせません。灰は目や耳にも入るので目薬と綿棒も必要です。普段からガソリンは半分になったら満タンにする習慣を身につけ、バッテリーも常に予備を忘れないことが大切です」

 実際に火山灰が降ってきたら以下の点に注意しよう。

「特に呼吸器系疾患者、乳幼児、高齢者などは無用な外出を避ける。原則、車は禁止で運転中だったらワイパーを使用せず車を路肩に止める。コンタクトレンズはすぐ外さないと眼球とくっついて角膜損傷になる危険があります。外出から家に帰ったらシャワーを浴びてうがいを忘れない。窓ガラスには飛散防止フィルムを貼り、ドアや窓の隙間はテープなどで塞いでスマホやパソコンには火山灰対策のカバーをしましょう」(山村さん)

※女性セブン2012年9月13日号

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン