国際情報

米大統領選挙 ロムニー、オバマ両候補のプロフィールを解説

 11月に迫ってきたアメリカの大統領選挙。経済にも大きな影響を与えるだけに、個人投資家としては、その行方が気になるところ。キャリア30年の元外銀ディーラーでFXプロフェッサーの異名を持つ鈴川克哉氏が、FXトレーダーなら知っておきたい大統領選のツボを紹介する。

 * * *
 いよいよ11月の米国大統領選挙が近づいてきました。2008年に前ブッシュ大統領の後継候補者であった共和党のジョン・マケイン氏を破り、1期4年を務めた民主党オバマ現職大統領に対するのは、共和党の1947年生まれ、65歳のミット・ロムニー氏です。

 彼はモルモン教とよばれる末日聖徒イエス・キリスト教徒であり、前回2008年の共和党の予備選挙では最後までマケイン氏と争い、負けており、今回が2度目の挑戦となります。

 通常、アメリカの大統領選挙は現職有利といわれており、第二次世界大戦以降の16回の大統領選挙では現職が再選を目指した10回の選挙の内7回で現職が勝利しています。現職は「エアフォースワン」と呼ばれる大統領専用機をはじめとする機材をタダで自分の選挙遊説に使用でき、選挙資金も楽に集められます。

 そして対抗候補が(今回は共和党内での予備選挙で)長い時間と多額の資金を使いながら疲弊してゆくのを横目で見つつ、じっくり対応策を考えられるのも有利な点となります。

 とはいえ、やはり選挙は水もの。現職大統領の人気がなければ落選することも当然あります。他国の例では、今年5月のフランス大統領選挙で2期目を目指したサルコジ前大統領がオランド新大統領に敗れています。

 それでは、各々候補の特徴、功績、背景を見てみましょう。

 まずは現職オバマ大統領です。アメリカ史上初めてのアフリカ系アメリカ人(つまり黒人)大統領であり、1961年生まれ、現在51歳の若い大統領です。ちなみに前回2008年の民主党の予備選挙では現在米国国務長官であるヒラリー・クリントン氏と戦っており、前回の予備選挙の結果が逆であれば、米国史上初の女性大統領が誕生していたことになります。

 オバマ大統領が当選した2008年はまさにリーマン・ショックさなかの激動の年でした。その中で「change」を合言葉に颯爽と登場した40代の大統領にアメリカの国民は皆大きな期待を寄せたものでした。オバマ大統領もその期待にこたえるべく、2010年に国民皆保険を目的とした医療制度改革法案を成立させるなど着実に結果を出していきます。何よりも未曾有の危機であったリーマン・ショックからアメリカ経済を今日まで回復させたというのは一番の功績だったのではないでしょうか。

 2009年にはノーベル平和賞を受賞しており、当時はいろいろと批判もありましたが、それでも受賞自体は悪いことではなく、それなりに意味のあることでした。

 そして、現職大統領の対抗馬となったのが、前マサチューセッツ州知事であったロムニー氏です。彼の一番の持ち味は、ベインキャピタルというプライベート・エクイティ・ファンドを立ち上げ、成功したこと、あるいはマサチューセッツ州知事時代にその経営手腕を生かして州の財政危機を救う等の経営センス、財政運営に対する評価の高さでしょう。

 2002年のユタ州首都ソルトレイクシティでの(ソルトレイクシティはモルモン教の聖都です)冬期オリンピック組織委員会の会長としても大会を成功に導いた実績があります。個人資産は2億ドルあるといわれており、稀にみる金持ち大統領候補者のようです。

 ただし、金儲けの手腕が際立ちすぎたためか、ロムニー氏は納税記録を2010年分しか公表していないという点についてオバマ陣営から攻撃を受けており、このままでは大きなハンディになると考えられています。

 また、共和党の予備選候補者の中では穏健派として売り込んでいたために、彼自身がマサチューセッツ州知事時代にオバマ大統領が進めていた国民皆保険制度を導入したことを、共和党内部から批判されたりもしました。それでもやはり、彼の経済的手腕への期待は大きく、結果的に共和党の候補者の地位を勝ち取ったのでした。

※マネーポスト2012年秋号

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン