• TOP
  • スポーツ
  • 元阪急・福本豊氏 ドラフト指名を同僚のスポーツ紙で知った

スポーツ

2013.02.27 16:01  週刊ポスト

元阪急・福本豊氏 ドラフト指名を同僚のスポーツ紙で知った

 プロ野球界には数々の珍伝説が存在するが、その中でも多くの人を仰天させたのが、元阪急ブレーブスの盗塁王・福本豊氏にまつわる伝説である。
 
 社会人野球・松下電器の3年目だった福本氏は、ドラフト会議が行なわれた翌日、電車の中でスポーツ紙を読んでいた会社の同僚に声をかけた。
 
「なんかオモロイこと載ってまっか」
「オモロイてお前、阪急から指名されとるやんけ」
 
 福本氏は「本当に、それで初めて気づいたんよ」と頭を掻く。
 
「ホンマかいなと思ったけどね(笑い)。球団は松下の野球部長と話をつけていたんやけど、僕には伝わってなかった。本当はプロになる気もなかったんやけど、スカウトから何度も食事に誘われてたし、御馳走になるうち気の毒になって契約することにしたんですわ」

※週刊ポスト2013年3月8日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス