• TOP
  • ライフ
  • 不眠症妻持つ男「催眠術受講する」と嫁から2万円せしめる

ライフ

2013.03.20 16:01  週刊ポスト

不眠症妻持つ男「催眠術受講する」と嫁から2万円せしめる

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(55歳)がビールメーカー勤務の奥様(52歳)。奥様は、寝る前に必ず、ヨーグルトとバナナを食べるそうです。

 * * *
 ヨーグルトは気持ちを落ち着かせ、眠りに誘ってくれるカルシウムを多く含む食品で、バナナも快眠を後押ししてくれる物質「メラトニン」が含まれています。

「でも、寝る前の食事は太るよ。脂肪で腹を膨らませるより、希望に胸を膨らませないと」という主人に「ほかに快眠できる方法があるの?」と聞くと、「催眠術だよ。かけられたらすぐに眠くなる。通信講座でマスターして、寝る前にかけてあげるから、受講代2万円ちょうだい」ですって。でもその後、催眠術のテキストが届いた形跡はなし。

「どうなってるの?」

「調べたらさ、睡眠って、浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠が交互に繰り返されるんだけど、催眠術による眠りはレム睡眠のままなんだって。だから、受講はやめたよ」

「渡したお金は?」

「絶対だと思って買った馬券がはずれちゃってさァ」

 って、アナタはギャンブルに向いてないの! 早く目を覚ましなさいよ!

※週刊ポスト2013年3月29日号

関連記事

トピックス