芸能

ゴミ屋敷、廃人、閉鎖病棟入院を乗り越えて復活した華原朋美

 ミュージカル『レ・ミゼラブル』の『夢やぶれて』を7年ぶりの新曲としてリリースした華原朋美(38才)。4月20日に放送された『SONGS』(NHK)のステージで切々と歌いあげる彼女の姿に、多くの視聴者も涙したという。

 小室哲哉(54才)に見出されてブレイクした華原。しかし、小室との破局後、歯車が狂っていく。恋も仕事もうまくいかない華原は、不安定な心を埋めようと、手元にあった精神安定剤に手を出した。眠れないからと睡眠薬の服用も始めた。そこからはもう墜ちるだけだった。

 2007年、仕事のドタキャンなどが続いた華原は、所属事務所から契約解除を通告された。

「その時、家族が華原さんの部屋を訪ねたそうなんですが、部屋はゴミ屋敷となっているし、彼女は廃人のようで、風呂も入っていなければ、食事は薬というような状況だったそうです。2匹の愛犬はベッドの下で怯えていたといいますから壮絶な光景だったんでしょうね…。

 家族は薬物依存治療のため、華原さんを精神科病院の閉鎖病棟に入院させることを決意したんです。ものすごい葛藤があったと思いますが、それもすべて彼女を愛しているからこその選択でした」(芸能関係者)

 しかし、自分の意思とは反する状況に追い込まれた華原は錯乱状態に陥った。

「なんでこんなところに入らなきゃいけないんだ!」──部屋の内側にドアノブがない部屋に拘束された華原は、何度もそう絶叫した。ピストルを持っている人が来たり、有名人が説得に来たりという幻覚を見ることも多かったという。

 それでも徐々に回復し、「よくなった、退院する、薬はもうのまない」──そう誓った日も幾度となくあったが、その度に薬をのむという繰り返し…。華原にとっても家族にとっても無間地獄のような毎日だった。

「確かに過去の私はボロボロだった。だけど、それで終わりじゃない。その気になれば人生はいつからだってやり直せる」

 地獄で見た家族の愛というかすかな希望を道標に、“生還”を果たした華原。38才になった彼女は今、そんな思いを噛みしめて歌をうたう。

※女性セブン2013年5月30日号

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン