芸能

志村けん 原幹恵と焼き鳥屋で腰に手を回しラブラブディナー

 5月30日の午後10時ごろ、志村けん(63才)は都内の焼き鳥店にいた。

「窓際のテーブル席に4人で座ってました。志村さんの隣には若いきれいな女性が座ってましたよ。腰に手を回したりラブラブな感じでした」(居合わせた客)

 その女性は人気グラビアアイドルの原幹恵(25才)だった。

「原さんは、今志村さんがいちばんお気に入りの女性なんじゃないですか? 素朴な清純派お嬢様系のルックスなのに、撮影とかになるとGカップを強調したセクシーポーズが得意で、志村さんはそのギャップにメロメロだって噂です(苦笑)。

 彼女は『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)に2009年に初登場したんですが、その後1年も経たないうちに中心メンバーになったほどですから、相当惚れ込んでると思います」(テレビ局関係者)

 この夜の志村は、大好きな原とのディナーに上機嫌。深夜0時を過ぎても食欲は止まらない。

「遅い時間にスタートした夕飯でしたが、のどもとやハツなどの串焼きを何本も食べていましたよ」(同店関係者)

 この2月に体調不良を訴えた志村は、精密検査の結果、医師からは「肝機能数値が悪く、休肝日が必要」と診断されている。医師が志村に許した酒量は1日5杯までというが、この夜、志村らは芋焼酎一升を飲み干していた。

「いつもはロックで10杯ぐらい飲むんですが、その夜は5杯ぐらいでしたよ。志村さんは“肝臓が悪いから、だましだましなんだよ”って苦笑してましたけど、それでもロックで5杯も飲んでますからね。元気そうには見えましたが、あれじゃあ、また倒れちゃうんじゃないですか?」(前出・居合わせた客)

 そんな心配をよそに志村は午前3時まで飲み続けた。

※女性セブン2013年6月20日号

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン