グラビア

神戸港の岬のキャビンで立ち飲み 大将に歓待され英気を養う

「声の大きいのが私の売り。声かけを忘れるとお客さんががっかりしてます」大将・三橋敏弘さん

 マリンブルーの海色に塗られた建物。その正面中央に黄色い姿で寄り添うのは、神戸港に突き出た、この店のある和田岬で明治17年から昭和37年まで沖行く船に光を投げかけていた鉄骨造りの和田岬灯台のレプリカ(高さ約6m)。  

 そんなアメリカ西海岸のシーフード・レストラン的風情のある『ピアさんばし』だが、実は大正14年から賑わい続ける、立ち飲みのできる酒屋なのである。

 夕方5時を過ぎる頃になると、聴こえる人にしか聴こえない(もちろん、常連さんのジョーク)というその灯台の霧笛に導かれるように、サラリーマンたちが四方八方から出現。だれもが「今日の仕事は終わったよー、だから飲ませてねー」という雰囲気を体全体に漂わせながらドアに吸い込まれていく。

 この店の大将は、3代目の三橋敏弘さん(59)。姓はなんとジョークではなく、正式に“さんばし”と読む。

「88年前の創業時は、三橋(みつはし)酒店だったんですよ。でも、店のある場所が、岬ですからね。岬→海→桟橋とイメージが広がっていき、屋号を“さんばし”と読ませようってことになったんですね。そんな流れのなかで、60年ほど前にみつはしだった姓もさんばし姓に改めてしまった。この苗字、日本広しと言えど私と息子(優策さん・32)の2家族しかないでしょうね」

 そう語る敏弘さんは、学生時代はコピーライターを目指して広告研究会に所属。就職も広告会社に決まっていたのだという。

「それが急遽、大学卒業した昭和51年に後を継ぐことになりまして。以来、ずっと店のイメージを変えようと考えていて、平成2年に今の『ピアさんばし』にしたんです。広研での経験などが役に立ったと思います。名前も店の作りもインパクトがありますでしょ」

トピックス

ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
『君の名は。』のプロデューサーだった伊藤耕一郎被告(SNSより)
《20人以上の少女が被害》不同意性交容疑の『君の名は。』プロデューサーが繰り返した買春の卑劣手口 「タワマン&スポーツカー」のド派手ライフ
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
生島ヒロシの次男・翔(写真左)が高橋一生にそっくりと話題に
《生島ヒロシは「“二生”だね」》次男・生島翔が高橋一生にそっくりと話題に 相撲観戦で間違われたことも、本人は直撃に「御結婚おめでとうございます!」 
NEWSポストセブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
綾瀬はるかが結婚に言及
綾瀬はるか 名著『愛するということ』を読み直し、「結婚って何なんでしょうね…」と呟く 思わぬ言葉に周囲ざわつく
女性セブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
やりたいことが見つかると周りがみえなくなるほど熱中するが熱しやすく冷めやすいことも明かした河合優実
大ブレイクの河合優実、ドラマ『RoOT/ルート』主演で感じる役柄との共通点「やりたいことが見つかると周りが見えなくほどのめり込む」
NEWSポストセブン
昨年9月にはマスクを外した素顔を公開
【恩讐を越えて…】KEIKO、裏切りを重ねた元夫・小室哲哉にラジオで突然の“ラブコール” globe再始動に膨らむ期待
女性セブン