国内

最新国内記事のRSS

山口5人殺人男 山男のような印象と神奈川時代の近隣住民談

2013.07.30 16:00

 山口県周南市金峰の集落で5人が相次いで殺害・自宅を放火された事件で、重要参考人として行方をくらませていた同じ集落に住む男(63歳)が、7月26日に身柄を確保された。  男は1950年、金峰郷に代々住む家の次男として生まれた。 「彼は小さい

 山口県周南市金峰の集落で5人が相次いで殺害・自宅を放火された事件で、重要参考人として行方をくらませていた同じ集落に住む男(63歳)が、7月26日に身柄を確保された。

 男は1950年、金峰郷に代々住む家の次男として生まれた。

「彼は小さい頃から大人しい人でした」とは前出の雑貨屋店主。男は小学校、中学校とこの集落で育ち、中学卒業とともに上京したという。

 地方から集団就職で上京する若者が金の卵と言われていた時代──高度経済成長の波に乗って、男も都会の土建業者を渡り歩いたと見られる。

 男は今からおよそ30年前、30代の時にタイル職人として神奈川・川崎の木造アパートに移り住んだ。アパートは、10数年前に取り壊され、一軒屋が建っているが、男のことを覚えている人間はすぐに見つかった。

「彼のこと? 覚えていますよ。うす紫のトヨタ・ハイラックスのピックアップを持っていました。車が大好きで随分といじくっていましたね。髭を生やして、サングラスもかけてガタイもよかったですよ」

 当時の男を知る近隣住民が複数いることを考えると、男はこの地域で目立つ存在だったのだろう。

 身長180cmを超える男のことを「山男のような印象」と、この近隣住民たちは口々に話した。

 同居する家族はいなかったようだが、意外な姿が目撃されている。

「馴染みのスナックがあって、そこのホステスに入れあげていましたね。その女性はアパートによく出入りしていましたよ。普段は仲睦まじそうでしたが、そういえばアパート前で激しく口論してパトカーが来たこともありましたね。随分と怖い人だなと思った記憶があります」(別の住民)

 時には近隣住人に牙がむけられることがあったという。

「彼の家の前に車を止めておいたら、『これじゃうちの車は出せないだろう』といきなりぶち切れられてワケがわからなかった」

 とある住人は語る。男は郷里から遠く離れた大都会で孤立していたようだ。

※週刊ポスト2013年8月9日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP