芸能

石橋貴明“舞台降板”長女・穂のかと妻・鈴木保奈美の板挟み

<積み重なったストレスが原因で、症状は重度との診断でした>──8月18日、とんねるず・石橋貴明の娘・穂のか(24才)は自身のブログで、舞台『タクシードリーマーズ~あったかハートに夢のせて』を降板した経緯をこう綴った。

 この舞台は、亡くなった桑名正博さん(享年59)とアン・ルイス(57才)の長男・美勇士(32才)や布川敏和(48才)とつちやかおり(48才)の長男・布川隼汰(20才)など二世タレントが大集合することでも話題となっていた。

 同じような環境で育った共演者ゆえ、結束も強かったように思えるが、その中で穂のかは孤独感を募らせていたという。

「稽古の合間には親の話なんかで盛り上がったりするんですが、穂のかさんは父親のことを話すのが大嫌いなんです。それどころか、“二世タレント”であることさえ、彼女にとっては複雑な思いがあるんですから…」(舞台関係者)

 1988年、穂のかの母である元モデルのA子さんと結婚した石橋。翌年に穂のかが生まれたが、1998年10月、石橋の度重なる女性問題が引き金となり、離婚。当時、穂のかはまだ小学3年生だった。

「彼女はお父さんのことも大好きでしたが、幼いなりに、離婚の事情をわかっていたんです。お母さんをこれ以上悲しませてはいけないと離婚を受け入れたそうですよ」(A子さんの知人)

 しかし、その離婚からわずか2週間後、石橋は鈴木保奈美(47才)とのできちゃった再婚を発表した。A子さんと穂のかは再婚どころか交際さえ知らなかったという。

 高校を卒業すると、父親の名前を隠し、「穂のか」と名乗り、映画のオーディションを受けた。2008年にデビューしてからはドラマや舞台にも次々と出演し、順風満帆な芸能生活を送っているかに見えた。だが一方で、穂のかは次第に追い詰められていったという。

「貴明さんは穂のかちゃんが自分をどう思っているか知っているから、自分からはあえて連絡をとったり、サポートをしたりはしないのですが、穂のかちゃんの方が逆に“自分は大したことないのに、父の七光りで仕事が入ってくるだけ”って自分を追い込んでしまっていたんです」(芸能関係者)

 そんな娘の異変を、もしかしたら石橋はうすうす気づいていたのかもしれない。しかし、彼は穂のかに安易に手を差し伸べられる状況にはなかった。

「保奈美さんと3人の娘さんとの生活もありますからね」(テレビ局関係者)

 穂のかは2009年7月の20才の誕生日に、石橋から「時間を大切にしなさい」とシャネルの時計をプレゼントされた。それを会見で「愛が入っているからうれしい」と話したことがあったが、これが保奈美の逆鱗に触れたというのだ。

「穂のかさんの発言の件を、保奈美さんは貴明さんにずいぶんきつく言ったそうですよ。貴明さんは“板挟みで困ったよ…”ってこぼしていましたから。それ以来、貴明さんと穂のかさんはあんまり連絡をとらなくなってしまったそうです。穂のかさんも、保奈美さんの思いを知ってか、父親と距離を置いていました。だから貴明さんは、今回の舞台中止という窮地に彼女が陥ったこともニュースで知ったそうです」(前出・テレビ局関係者)

※女性セブン2013年9月5日号

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン