芸能

及川光博 ガールズバーで美女としっぽり午前様の目撃情報

 8月中旬の深夜、カウンターで友人と思しき男性と楽しげにグラスを傾けていたのは、今話題のドラマ『半沢直樹』(TBS系)で、主人公・半沢(堺雅人)の同期、渡真利(とまり)忍役を好演している及川光博(42)だった。

「あれって渡真利だよな?」

 東京・西麻布のガールズバーに居合わせた客は、誰もがそう思ったに違いない。その及川の目の前には浴衣姿の美女。この日は「浴衣デー」で、従業員は浴衣で接客をしていた。

「及川さんはハットとメガネで変装していたけど、渡真利はメガネを付けている役なので、逆にそのまんまという感じでした(笑い)。女性従業員と仲が良いのか、『ねぇ! これ見てよ』とケータイの画像を見せたり、『半沢の撮影が~』と大ハシャギでした」(居合わせた客)

 この時点で十分楽しそうに飲んでいた及川だが、さらにテンションが上がったのが、浴衣ではなく本格的な着物姿の美女が店内に入ってきた時だった。この店の従業員ではないと思われるが、30代後半ぐらいの水商売の雰囲気を漂わせる妖艶な女性の登場に、

「お! 来たー! 待ってたよぉ!」

 と、椅子から落ちんばかりに身を乗り出して迎え入れたのだった。

 美女をそのまま隣に座らせ、密着するように会話をスタート。夜が深まるにつれグラスを空けるスピードは増し、深夜1時を過ぎても帰る様子はない──。

 しかし及川といえば、2年前に電撃結婚した元宝塚女優の檀れいという美人妻がいるはず。ガールズバーで深夜まで美女としっぽり……という状況に、穏やかでないものを感じずにはいられないが、実は夫婦には結婚当初から“不仲報道”がつきまとっていた。

 芸能レポーターの川内天子氏がいう。

「檀さんは結婚後も近所で一人で暮らす母親のことが心配で、月の半分はそちらで暮らしているそうです。昨年の秋には及川さんの父親が“新居を探している”といっていましたが、その新居は現在に至っても見つかったと聞いていません。2人は新婚からずっと“半別居状態”が続いていることになる。夫婦生活が順調かと聞かれると、疑問符が付く状態ではありますね」

 及川の所属事務所は「2人は一緒に住んでいますし、新居も決まっています」と夫婦の不仲を否定している。

※週刊ポスト2013年9月13日号

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン