芸能

「フジTV 加藤綾子の人気に上層部が頼りきり」と長谷川豊氏

女子アナの「勝ち組」「負け組」について語る長谷川豊氏

「世間では、テレビによく出ている女子アナが『勝ち組』、あまり画面で見かけないのが『負け組』と考えられがちですが、当の本人たちはそうは考えていないと僕は思います」

 と語るのは、この春フジテレビを退社し、フリーアナウンサーに転じた長谷川豊氏。いったいどういうことだろうか。

「例えば、フジテレビには斉藤舞子アナという素晴らしいナレーション技術を持った女子アナがいます。活躍の場が、ナレーションなので、テレビで顔を見る機会はそんなにないのかもしれませんが、FNSアナウンス大賞のナレーション部門にも選ばれ、自分の実力をもっとも発揮できる現場で仕事ができている。こうした人はアナウンス室でも高く評価されますし、彼女は「勝ち組」といっていいと思います」

 一方、女子アナランキングなどでトップを飾り、どの番組からも引っ張りだこのカトパンこと加藤綾子アナについては、こんな見方をしている。

「確かに、彼女が実力も人気も兼ね備えていることに疑いの余地はありません。しかし、問題は彼女の人気に上層部がすっかり頼りきってしまっている点です。 野球で例えれば、毎日ダルビッシュに完投させているような状況ですから、彼女がその働きに見合った対価を得られているかというと、とてもそんなことはないはずです」

 加藤アナの人生からすると、「負け組」かもしれないということか。さらに、フジテレビの加藤アナ偏重は、もう一つの問題を孕んでいる。

「若手の山中章子、松村未央は伸び盛りなのにもかかわらず、局は『加藤、加藤』と彼女を重用するため、活躍の場が与えられていません。実力があるのに、それが発揮できない若手アナウンサーがいるのは確かです」

※週刊ポスト2013年9月20・27日号

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン