• TOP
  • ライフ
  • 鶏白湯ラーメンが女性人気を獲得 締めにはご飯を投入の店も

ライフ

2014.01.28 07:00  週刊ポスト

鶏白湯ラーメンが女性人気を獲得 締めにはご飯を投入の店も

『蔭山』の「鶏白湯麺 半熟味玉塩そば」850円

 まさに国民食と呼んでも過言ではないラーメン。毎年、様々なラーメンがブームとなるが、昨年は『蔭山』をはじめとする濃厚な「鶏白湯」ラーメンが大ブレイクした年だった。ラーメン評論家の大崎裕史氏が解説する。

「鶏白湯自体は40年以上の歴史がありますが、トレンドとして定着したのは、ここ1~2年。東京都内の鶏白湯は『まる玉』がパイオニアですが、豚骨と違ってコクを出しても臭みがなく、コラーゲンたっぷりなので、女性客も取り込んでいます」

 数年前からラーメン界でも続いていた「濃い味」ブームと相まって、『潮』や『鶏の骨』を始め、ポタージュスープを思わせるような、鶏の味のしっかり出ているとろとろスープの鶏白湯がブレイクしているのだという。

 具体的な店を紹介しよう。まずは、『鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店』(東京・高田馬場)。自由が丘の中華料理店『蔭山樓』ラーメン専門店だ。

 スープは約120杯分に若鶏の手羽を30kgも使用し、1日がかりで完全に乳化するまで炊く。お粥や参鶏湯を彷彿とさせる滋味あふれるスープに浅草開化楼の中太縮れ麺がマッチし、トッピングの生野菜が爽やかさを添える。最後にセットのごはんをスープに入れて食べても旨い。

■鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店
【住所】東京都新宿区高田馬場1-4-18
【営業時間】11~22時、日祝11~21時45分
【定休日】木曜日

関連記事

トピックス