• TOP
  • スポーツ
  • 自主トレで分かる巨人の派閥 阿部と高橋由がポスト松井争い

スポーツ

2014.01.29 11:00  週刊ポスト

自主トレで分かる巨人の派閥 阿部と高橋由がポスト松井争い

 プロ野球オフシーズンの今、自主トレに励む選手は多い。最近は複数の選手たちが集まって合同で行なわれるのが主流だが、興味深いのが選手の組み合わせによって球界の“派閥”が見えることだ。ある中堅OBは、自主トレの意味についてこう語る。

「自主トレはただ一緒に汗を流すだけが目的ではない。真の目的は練習よりも“情報収集”、そして“人脈作り”や“売名”にあります。

 例えば、新人選手の場合はベテラン選手と一緒に練習することで、プロとしての姿勢や考え方を学ぶ効果がある一方、スポーツ紙などで報道されやすく、名前を売りやすいというメリットがある。

 一方のベテラン側にも、派閥を作ることでチーム内や球界での影響力を強め、引退後の生活や、万が一クビになった時に移籍しやすい利点がある」

 どの派閥に属するかが、今後の選手人生を大きく左右する。そのため様々な愛憎劇が繰り広げられるのも、自主トレの常だ。巨人では現在、球界最高年俸の阿部慎之助率いる一派がチーム内の最大勢力といわれている。

「主力の長野や坂本、矢野、河野といった野手組に加え、内海を中心とした山口、笠原、柴田、宮國ら投手組が加わった。食住の経費一切を、阿部が負担していることも求心力の理由の一つです」(巨人担当記者)

 それに対抗するのが、高橋由のグループ。阿部一派への牽制か、今年は阿部に次ぐ左の大砲候補として期待されている大型内野手・辻東倫を引き入れ、さらに同じ慶大卒繋がりということで阪神の伊藤隼太を組み入れた。生え抜きにこだわる阿部一派に対し、門戸の広さをアピールしている。この両派が覇権を争う理由はただ1つだ。

「リーダーがともに、巨人の将来の監督候補と目されているからです。そのためか、最近は阿部、高橋ともに、次期監督候補として名高い大物OB、松井秀喜氏に急接近をかけている」(同前)

トピックス