国際情報

最新国際情報記事のRSS

金正男氏 現在中国の軍事基地内施設で24時間厳戒態勢下に

2014.02.21 07:00

 北朝鮮のナンバー2で親中派と目されていた張成沢・元国防委員会副委員長が昨年末、処刑されたが、これは中国にも予想外のことで、不安定な中朝関係を象徴している。これは習近平指導部による対北朝鮮外交の失敗を示しており、かつて「唇と歯の関係」「鮮血

 北朝鮮のナンバー2で親中派と目されていた張成沢・元国防委員会副委員長が昨年末、処刑されたが、これは中国にも予想外のことで、不安定な中朝関係を象徴している。これは習近平指導部による対北朝鮮外交の失敗を示しており、かつて「唇と歯の関係」「鮮血で固められた友誼」といわれた強固な同盟関係は崩れ、むしろ両者の憎悪の感情がむき出しになっている。

 北京の外交筋によると、張氏の逮捕、処刑は事前に中国に知らされていなかった。張氏は何度も中国を訪問し、一昨年8月には胡錦濤・国家主席と会談するなど、北朝鮮指導部のなかでは中国最高指導部と太いパイプをもつ親中派の筆頭。北朝鮮の東海岸の羅先と中朝国境にある黄金坪の2つの経済特区の創設について中国側と協議するなど、北朝鮮の改革・開放を推進したい中国側の意向に沿った改革に強い意欲をみせていた。

 その矢先の処刑は中国にとって最悪の結果だった。張氏の罪状の1つには、「商取引を通じて国家の利益を外国に売り渡した」ことが挙げられており、名指しはないものの明らかに中国を指している。

 そのため、張氏側近で、ともに副首相を兼ねる盧斗哲・国家計画委員長と李務栄・化学工業相の2人が中国に亡命を申請し、中国当局が保護。両氏とも経済改革を主導してきた親中派幹部だ。同じく張氏の側近で親中派幹部とみられた2人の朝鮮労働党副部長はすでに処刑されており、金正恩・第一書記の怒りは中国指導部に向けられている。

 同筋によると、金第一書記は張氏が逮捕された直後に開かれた内部会議で、「中国は兄の金正男を支援して父・金正日総書記の後継者である我が政権を転覆しようとしている」などと激しく非難。正男氏は13年初めから中国指導部の庇護の下、北京に居住していたが、張氏処刑を受けて、現在は地方の軍事基地内にある幹部の宿泊施設に移され、24時間の厳戒態勢下にある。

■文:ウィリーラム 翻訳・構成/相馬勝

※SAPIO2014年3月号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP