• TOP
  • ライフ
  • 壁際まで異性に迫られる「壁ドン」 実際体験した女性の思い

ライフ

2014.02.21 16:00  NEWSポストセブン

壁際まで異性に迫られる「壁ドン」 実際体験した女性の思い

 ネットを中心に使われることの多い「壁ドン」という言葉。元々は、奇声を発するなど騒音を伴う隣人に対して「ドンッ!」と壁を叩き牽制する行為を指していたのだが、ここ最近では壁際まで異性に迫られる恋愛シチュエーションを指すようになった。

 ネットで「壁ドンイラスト」が氾濫していることからも分かるように、女子の理想のシチュエーションの一つとして話題となっているが、漫画やイラストの中だけでなく、実際に体験したことがある人はどれだけいるのだろうか。女子大生のアヤカさん(19歳)は、先日、実際に「壁ドン」を体験したという。

「お互い『自分たちは付き合うのかな』とうっすら思っているような関係の時、デートの帰りに家まで歩いている最中に『壁ドン』されました。でも、それをされた場所が近所の薬局前の薄汚い柱だったんです……。帰り際に無理矢理その柱に押し付けられたので『おいおい、コートが汚れるよ』と思って普通に冷めてしまいました。

 しかもその時の顔が、いかにも『こういうシチュエーション好きなんだろ?』見たいなドヤ顔で、それも合わさって気持ち悪かったですね。こういうベタなことに憧れていたけど、実際にされると嫌だっていうことが不思議でした」(アヤカさん)

 彼女の場合、若干引きながらも、その後付き合うことになったという。会社員のリカさん(24歳)は、好意のない男性から「壁ドン」されたという経験の持ち主だ。

「先日一緒に飲みに行った男性に、別れ際『ねぇ、今からカラオケ行こう、あと1時間だけ!』としつこくいわれ、『無理です』と断り続けたんですがビルの壁で『壁ドン』されました。『うわ、こいつ必死すぎてキモイ』と思いました。顔が近づいてきて嫌だったので、必死で腕からすり抜けました。

『マジで無理なんで』と何度もいってるうちに向こうが不機嫌になって、仕舞いには舌打ちされる始末で。こっちが悪いみたいな空気を出されたうえに、好きじゃない人から『壁ドン』されて、リアルって残酷だなぁと思いましたね」(リカさん)

「壁ドン」が理想の恋愛シチュエーションになるのは、お互いが好意を持っている間柄だけなのかもしれない。

関連記事

トピックス