芸能

長澤まさみがジョン・ウー監督の最新作で脱いだとの驚愕情報

 清純派女優として人気を博す長澤まさみ(26)が映画で裸身をさらし、バストトップを露出するという驚愕の情報が映画業界を駆け巡っている。映画会社社員が語る。

「長澤は来年の正月に日本公開予定の香港映画『太平輪』に出演します。この作品は中国の名匠ジョン・ウー監督作品で、製作費40億円をかけた2部構成のラブロマンス大作。出演者は長澤のほかに、黒木瞳、金城武、チャン・ツィイーなど大物俳優ぞろいということも注目されています」

 太平輪とは、1949年に中国から台湾に向かう途中に貨物船と衝突して沈没した豪華客船のこと。“中国版タイタニック”といわれるこの事故で1000人以上の乗客が犠牲になった。この船に乗り合わせた男女3組の運命が描かれるという。

「長澤の役どころは、財閥令嬢。台湾の医学生役の金城と恋に落ちます。2人が深夜に密会し愛し合う濡れ場シーンは、長澤を気遣ってか、最少人数のスタッフで撮影されたそうです」(前出・社員)

 同様の情報を聞いた映画誌ライターがいう。

「気温が0度近い極寒だったそうですが、薄襦袢1枚で撮影に臨んだそうです。この襦袢の隙間から乳房があらわになったといわれているんですが……ウー監督がどのように撮っているのか、とても気になりますね」

 監督は長澤のFカップともいわれる胸をどのように“料理”しているのか。映画評論家の秋本鉄次氏はこう見ている。

「ジョン・ウー監督が手がけた過去の作品を観る限り、女優の濡れ場シーンよりも、男同士の友情や絆を描いた作品のほうが圧倒的に多い。しかし、だからこそ長澤さんは監督を信頼して脱いだのかもしれません」

※週刊ポスト2014年3月7日号

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン