• TOP
  • グラビア
  • 震災から3年の気仙沼市 「第18共徳丸」も解体され復興進む

グラビア

2014.03.11 07:00  週刊ポスト

震災から3年の気仙沼市 「第18共徳丸」も解体され復興進む

宮城県気仙沼市(2011年6月5日撮影)


 震災によって1000名以上の死者を出した宮城県気仙沼市。津波によって港から750mも離れた鹿折地区まで流された総重量330トンの「第18共徳丸」は、当初遺構として残される予定だったが昨年10月に解体された。現在は道路も整備され、盛り土の工事も進む。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2014年3月21日号

関連記事

トピックス