• TOP
  • ライフ
  • 宝くじの高額当選をもたらした富士山「幸運のスイーツ」とは

ライフ

2014.03.24 16:00  女性セブン

宝くじの高額当選をもたらした富士山「幸運のスイーツ」とは

 2013年6月、世界文化遺産に登録され、世界中から観光客が押し寄せている富士山。そのお膝元に“幸運のスイーツ”が存在した。

 山梨県富士河口湖町にある老舗和菓子店『金多留満(きんだるま)』が販売している『かねたまる餅』。明治44年に創業した同店は、天皇陛下にお菓子を献上したこともある由緒正しいお店だ。

 そんな『金多留満』が30年ほど前に“金運銘菓”として開発したのが『かねたまる餅』だ。

「『かねたまる餅』は、“食べた人にお金が貯まりますように”と、日本有数の金運神社として知られる『北口本宮冨士浅間神社』のご利益をお菓子に込めて作っているんですよ」

 そう語るのは、同社改革企画室室長の輿石愛隆さん。毎年『かねたまる餅』を北口本宮冨士浅間神社に持っていき、金運アップを祈願しているという。さらに、強力な風水パワーを得るため、毎年、日光東照宮にも『かねたまる餅』を献上しているという。

 数年前、千葉県在住の女性から、『かねたまる餅』のお陰で宝くじに当せんしたというお礼の手紙が届いた。

「12個入りの『かねたまる餅』に、それぞれ番号を振って、1、3、5、8の順番で4つ食べ、同じ番号で宝くじを買ったところ、高額当せんしたという内容でした。お手紙に、具体的な金額は書かれていませんでしたが、あの感じからすると、かなり高額だったんだと思いますよ」(前出・輿石さん)

『かねたまる餅』の効果は、身内からも出ているという。

「7年前、お参りをした後に『かねたまる餅』を食べた専務が、その年の年末ジャンボで100万円当てたんですよ。他にもミニロトで385万円を的中させたこともあるんです。本当に『かねたまる餅』に込めた富士山の力はすごいですね」(前出・輿石さん)

※女性セブン2014年4月3日号

関連記事

トピックス