• TOP
  • 国際情報
  • オバマ大統領ミシェル夫人中国訪問 費用はいくらかかったか

国際情報

2014.04.12 07:00  NEWSポストセブン

オバマ大統領ミシェル夫人中国訪問 費用はいくらかかったか

 オバマ米大統領の妻、ミシェル・オバマさんが中国を訪問し、習近平中国国家主席の妻、彭麗媛さんと会うなどして話題になったが、これについて、米紙ウォールストリート・ジャーナルは「ファーストレディに限らず、大統領、副大統領の外遊費用が公式に発表されたことがなく、謎に包まれている」と報じた。とくに、2001年9月11日の米同時多発テロ事件以後はセキュリティ上の問題から「極秘」となっているようだ。

 ミシェル夫人は3月20日、娘2人と母とともに、北京に到着。米国のファーストレディの単独訪中は、米中国交樹立後の35年間でミシェル夫人が初めて。それだけに、オバマ大統領が対中関係を重視していることを示す狙いがある。

 このため、ファーストレディ外交としては、1週間という異例の長さとなったようだ。

 今回の中国訪問は彭麗媛さんの招待となっており、北京到着以降、ミシェル夫人や娘2人と母の計4人の中国滞在中の宿泊費などは中国持ちとなっている。

 とはいえ、行きと帰りの飛行機やシークレットサービスなど随行員の費用はもちろん米国政府持ち。ミシェル夫人らが搭乗する飛行機は民間機を使うわけにはいかず、大統領など要人専用機のエアフォースワン。これは軍用機なので、民間機とは比べものにならないほどのかなりの出費だ。

 また、移動に使う車輌なども、社内での会話が盗聴される可能性もあり、機密保持の点からも、中国側が提供した車に乗るわけにはいかず、米国大使館が用意したリムジンを使うことになった。ホテルにおけるセキュリティもあり、これも米国持ちとなる。結局、食事以外はほとんどが“持ち出し”となる計算だ。

関連記事

トピックス