芸能

加藤綾子が飲ませ上手なため上司の三宅アナは上機嫌ベロベロ

 生き馬の目を抜く女子アナ界で人気アナの座を射止めるには、生殺与奪の権を握るオヤジたちの心を掴むことが不可欠。当然ながら“エース級”とされる女子アナたちは日々腐心している。

 夜の席で“女性”をアピールする女子アナが多いなか、男女を問わず大絶賛されているのが、フリーになった高島彩アナからフジの女王の座を受け継いだ加藤綾子アナ(28)の振る舞いである。

「一緒に飲む男性が必ず、『ついつい酔っ払わされちゃうんです』と認めるほどカトパンは飲ませ方が上手い。特に日本酒の勧め方が絶妙で、上司の三宅正治アナはいつも上機嫌でベロベロになっています。

 高級割烹での個室デートが報じられた大リーグ・レンジャーズのダルビッシュ有投手も“そうとう飲まされたんじゃないか”と社内の人間は笑っています」(フジ社員)

 カトパンは酌上手という「攻撃力」だけでなく、『ホンマでっか!? TV』で明石家さんまに鍛えられているだけあって、どんな話題やギャグもすべて拾い切る「鉄壁の守備力」を誇る。局内では、「銀座のホステスでもナンバーワンになれる」と太鼓判を押す声がもっぱらだ。

「あるお偉いさんが寒いダジャレを飛ばしたところ、ひとりだけケタケタ笑うカトパンの声がその場に響き渡りました。周りがヒヤッとするオヤジギャグもすべて拾って転がせるのが彼女のスゴさ。“あざといヤツだ”と思われそうですが、“天然だから純粋に笑ってるんだろう”という同僚も多い。仮に計算だったとしても、それが計算じゃないように見えるところがカトパンのスゴさ。他の女子アナと数段レベルが違うことは間違いありません」(同前)

※週刊ポスト2014年4月25日号

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン