• TOP
  • 芸能
  • フジTV 「推し番組」にはカトパン他「めざまし4人娘」投入

芸能

2014.04.20 16:00  NEWSポストセブン

フジTV 「推し番組」にはカトパン他「めざまし4人娘」投入

 4月に入って、各局とも多くの新番組をスタートさせたが、番組に対する局の期待度をはかるには、出演している女子アナを見ればわかるのだという。フジテレビ関係者が話す。

「エース級の女子アナには、普段からオファーが殺到しています。でも、そんなには受けられない。必然的に、番組を選ぶ形になります。ただ、どの番組に出るかは本人というより、アナウンス部や制作の上層部が決める。

 つまり、局として力を入れたい番組には、エースを出すことになる。たとえば、フジテレビ『笑っていいとも!』の後番組として開始した『バイキング』には加藤綾子アナが出ています。『笑っていいとも増刊号』の後番組である『ワイドナショー』には山崎夕貴アナと三田友梨佳アナが週替わりで登場します。

 この2番組は、明らかにフジが局をあげて力を入れている番組といえます。加藤アナは今までの状態で目一杯のスケジュールなのに、『バイキング』の火曜、木曜を担当しなければならなくなったわけですからね。

 フジに関しては、前述2人に生野陽子アナを加えた4人のいずれかが出ている番組は、局全体の“推し番組”と捉えることができるでしょう」

 4人は、いずれも『めざましテレビ』を担当し、同番組は毎回のように2ケタの視聴率を獲得している。出勤前のサラリーマン層に絶大な人気を誇っている。

「『めざまし』だけでも十分なのに、彼女たちはさらにゴールデン帯の番組も持っています。生野アナは『教訓のススメ』、加藤アナは『ホンマでっか!?TV』『クイズ!それマジ!?ニッポン』、三田アナは『ペケ×ポン』。

 山崎アナは月曜から金曜の帯で午前中の『ノンストップ!』のMCも務めているうえに、3月までは『ジェネレーション天国』を担当していました。要するに、ゴールデンの大事な番組にはエース級を、そこまで力を入れられない番組にはエースではない女子アナがつくのです」

関連記事

トピックス