スポーツ

巨人戦中継がフジテレビやTBSに偏り、テレ朝にはない理由

 巨人戦では視聴率が取れないと言われてから久しい。長嶋茂雄監督(当時)のもと、巨人が王貞治監督(当時)率いるダイエーを下して日本一に輝いた2000年の夏辺りから視聴率は下がり、2006年以降は巨人戦が地上波中継されないことも珍しくなくなった。そして、いまや中継されることのほうが稀である。

 4月はプロ野球が開幕したばかりということもあり、各局で巨人戦中継が放送されているが、ほとんど1ケタ。ゴールデン帯における合格点とは言えない。テレビ局関係者が話す。

「巨人のお膝元とも言える日本テレビは視聴率好調ですから、あえて1ケタの野球中継を放送するメリットがない。巨人に何十年もお世話になっておきながら……という意見もありますが、2ケタ確実の番組をやめて、あえて巨人戦を持ってくるメリットがない。背に腹はかえられない状態です」

 他局になると、話は少し変わってくるという。

「正直、フジやTBSの場合、通常番組があまり2ケタに乗らないので、クライマックスシリーズや日本シリーズなどを見据えて、あえて中継しておくのも悪くはない手です。視聴率の取れそうな重要なカードをどの局に中継させるかは、“実績”がモノを言いますからね。 

 事実、4月の地上波でのナイター中継は7試合(関東地区)ありましたが、4試合がフジテレビ、2試合がTBS。日テレは1試合のみです。

 かつて、フジテレビは我先にと巨人戦から撤退しましたが、あの頃は局全体の数字が良かったですからね。今の状態であれば、巨人戦も通常番組も大して変わらない。それならば……とナイター中継をしているのが本音でしょう。

 テレ朝は今ほど好調ではなかった数年前までは、巨人戦をゴールデン帯に放送していました。日本テレビが手放した東京ドームの試合を中継していた時期もありました。その甲斐があってか、日本シリーズの放映権も獲得できました。2008年は、東京ドームの巨人主催ゲームにもかかわらず、第2戦はテレ朝での放送になりましたからね。

 しかし、今はゴールデン帯の番組が好調なので、数字の落ちる巨人戦を中継する必要がなくなったわけです」(同前)

 かつては各局がしのぎを削った巨人戦の放映権。現在では、元気のない局が将来を見据えて、中継する傾向になっている。

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト