国内

愛子さま 「不規則登校」の裏には皇太子さまの不在が影響か

 現在愛子さまの登校状況が注目されている。というのも、6月26日に発売された『週刊文春』(7月3日号)に<雅子さまと愛子さま「登校拒否」再発と「23時の食卓」>という記事が報じられたからだった。

 同誌によれば、桂宮さまの「斂葬の儀」(れんそうのぎ)が行われた6月17日に愛子さまは学校をお休みされた。4月に中学生になられてからは初めての欠席だった。この理由について、小町恭士東宮大夫は定例会見で「詳しくはうかがっていないが、新しい環境でお疲れが出たのではないかと思う」と語ったというが、この日を境にして、愛子さまの“遅刻”が相次ぐようになっていく。

『週刊文春』によれば、欠席した翌日の18、19日、そして23日はお昼を過ぎてからの登校だったという。また本誌の取材では、これらに加えて6月20日、そして27日にも午後からの登校が確認できた。つまりお休みされた17日以降の10日間のうち半分は午後からの登校ということになる。

「登校」こそされているものの、やはり愛子さまの登校状況が“不規則”になっているのは間違いない。こうなると思い返されるのが、初等科2年生時に起こった「いじめ」問題だ。「いじめ」によって、おひとりで登校できなくなってしまった愛子さまのために、以後、1年9か月にわたって雅子さまが同伴登校を続けられたのは記憶に新しい。

 この愛子さまの不規則な登校の原因のひとつは「皇太子さまの不在だ」と皇室記者は語る。

「皇太子さまは6月17日の斂葬の儀を終えられた後、公式訪問のため、スイスへと旅立たれました。帰国されたのは6月23日、愛子さまの遅刻のほとんどはこの期間に起こっていますから、少なからず影響があったのは否定できません」

 さらに『週刊文春』によれば、雅子さまの夜型の生活リズムに愛子さまが合わせられたことも問題だったとしている。

<登校拒否の始まった十七日の夜、雅子さまと愛子さまはお二人で夕食を召し上がっています。時間は深夜、二十三時です>

 同誌はこんな東宮関係者の証言を掲載している。教育評論家の深谷昌志氏はこう言う。

「愛子さまも成長され、雅子さまのご病気のことを理解できるようになったのではないでしょうか。ですから、皇太子さまが不在ということで、愛子さまは自分なりに“お母さまの役に立ちたい”という思いから、雅子さまに合わせたのかもしれませんね。遅刻にしても、朝が苦手と伝えられる雅子さまが起きてこられるのを待ってからのご登校だった可能性もありますよね」

“母子密着”といわれる母娘関係が生んだ不規則な登校といえよう。

 そして愛子さまの足が学校から遠のかれる理由が、校内にもあった。女子中等科には初等科からの持ち上がり組以外に多くの受験組の生徒が入学しているが、この新たなご学友たちとの距離に苦悩されているというのだ。学習院関係者はこう語る。

「愛子さまは初等科時代からの仲良しグループといつも一緒で、他の生徒たちが入り込む隙がないんです。愛子さまのほうも積極的に受験組にはかかわろうとしないようです…。他の生徒たちは部活動などを通じて受験組とも仲良くなっていくんですが、愛子さまは部活も入っていませんからね。

 そのためか、仲良しグループの子は愛子さまを“トシ”とか“トッシー”とか親しみを込めて呼ぶんですけど、受験組は“敬宮さん”って…。やはり他の生徒たちが友人関係の輪を広げているのを間近でご覧になって、愛子さまもジレンマをかかえていらっしゃるのではないでしょうか」

※女性セブン2014年7月17日

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン