• TOP
  • 国際情報
  • 済州島の韓国軍基地 中韓両国の対日最前線拠点化の可能性も

国際情報

2014.09.08 16:00  SAPIO

済州島の韓国軍基地 中韓両国の対日最前線拠点化の可能性も

 韓国の南端にある韓国随一の景勝地・済州島に、現在巨大海軍基地が建設されようとしている。完成すれば日本、韓国、そして中国も含めた東アジアの軍事バランスが大きく変わることになる。

 昨年6月、北京で中国人民解放軍の房峰輝総参謀長と韓国軍の鄭承兆合同参謀本部議長という双方の最高幹部が相対した。このとき中国側は、済州島の海軍基地に対して重大な関心を示した。

「韓国側にこの基地について詳しい情報の提供を求め、さらに完成後の中国艦船の寄港を打診したようです。今の韓国の中国傾斜を考えれば、将来的には中国海軍の艦船が済州島の基地を自由に使う日が来ることだってあり得なくない。そうなると済州島は、中韓両国の対日最前線拠点となってしまう」(防衛省関係者)

 中国にとって、東シナ海に睨みをきかせられる済州島は、喉から手が出るほどほしい軍事拠点である。時を同じくして、かつて血と血で結ばれた兄弟といわれた北朝鮮も金正恩体制後、綻びを見せつつある。だからこそ、中国は韓国政府に対し、時に優しく、時に高圧的に協力を迫る。

「今年7月の中韓首脳会談では、在韓米軍が検討していた新型ミサイル防衛システムのTHAADの配備を認めないよう中国側が求めています。さらに今年6月、フィリピン外務省が韓国から哨戒艦の供与を受けることを発表するや中国が供与の中止を韓国に求めたと韓国メディアが報じた。さすがに韓国はいずれの要求も認めないようですが、親中政策を進める朴槿恵政権が中国の言いなりになるのではないかと懸念しています」(前出・防衛省関係者)

関連記事

トピックス