国内

宗教本のまとめ買いに書店員喜ぶ 「幸福さん」と呼ぶ店も

 新刊が毎月数千点出るなかで、常にベストセラーとなる『人間革命』シリーズ(池田大作著、聖教新聞社)や、話題の人物が取り上げられている「公開霊言」シリーズ(大川隆法著、幸福の科学出版)など、どうしても目につく宗教本。“意外”な実情とは……?

 宗教本ベストセラーの秘密を、3人の書店員が座談会で暴露する。

●座談会参加者
Aさん/大手チェーン店本部担当(男性)
Bさん/大手チェーン店ビジネス街の店舗勤務(女性)
Cさん/中堅チェーン店郊外スーパー内店舗勤務(男性)

 * * *
Aさん:宗教法人系出版社の“宗教本”は数多いけれど、どの店舗でも、“売れる”のは新宗教系の本。『新・人間革命(25)』(池田大作著)は2013年の年間ベストセラー総合6位、『未来の法 新たなる地球世紀へ』(大川隆法著)は同11位(ともにトーハン調べ)と上位をキープしている。

Bさん:私はビジネス街にある店勤務だけれど、幸福の科学出版の単行本は、刊行スピードも速いし、たくさん入荷してきている印象。

Aさん:元衆議院議長の土井たか子さんが亡くなったとわかったすぐ後に、“ご霊言”シリーズ(幸福の科学出版)が出て驚いた。時事ネタへの対応スピードは、書店員として棚作りの参考にしたい(笑)。

Cさん:(創価)学会さん関係本は、郊外や地方のお店にも行き渡っている印象です。うちの小規模店舗でも、取り扱ってますから。

Aさん:選挙とのからみが大きいと思う。幸福実現党(幸福の科学が支持母体)は国政選挙メインでしょう。だから、大型書店で売れていることをアピールするためチェーン店の都市部店舗に置かれることが多い。

Bさん:公明党(創価学会が支持母体)の場合、市区町村の議員さんも多いから、地域に根付いた書店さんにも置かれている。

関連記事

トピックス

小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン