• TOP
  • 国際情報
  • 【キャラビズム】ノーベル平和賞授賞式、警備される悲しさ!

国際情報

2014.12.27 16:01  NEWSポストセブン

【キャラビズム】ノーベル平和賞授賞式、警備される悲しさ!

 アンドレ・キャラビ(Andre Calabuig)氏は、1927年フランス生まれの87歳。同国ペンクラブの会員だ。日本では『目からウロコのヨーロッパ』や『知らないと恥かく世界のマナー』(電子書籍)などの著書がある。日本在住40年以上の親日家だが、どうも最近、このニッポンで目に余る出来事が多い。マナー、お金、日本語、女性、子供……。そのキャラビ氏が、いまの日本人に向けて、箴言集で発する痛烈な「キャラビズム=Calabuisme」。さて、あなたはどう受け止めるか?

 * * *
 D’aprés le professeur Jenkins la recherche des robots intelligents, amènerait à la fin de l’Humanité…!
ジェンキンス博士によれば、人工知能のロボットの開発によって、人類が全滅する…!

Les gens de notre époque sont devenus dépendants du portable!
現代人は携帯電話依存症状態!

La cérémonie du Prix Nobel de la Paix protégé par la police et l’armée, de nos jours, c’est triste!
ノーベル平和賞の受賞式は警察と軍隊に守られる。悲しい!

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス