芸能

民放ドラマ フジ、日テレ、テレ朝の熾烈な3強争いの勝者は

 今クールの民放連続ドラマは、3強の争いになりそうだ。初回視聴率では、杏主演のフジテレビの月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』が14.8%で首位に立った。3年前、視聴率40%越えで話題になった『家政婦のミタ』のスタッフ制作で話題の『○○妻』(日本テレビ系)は初回14.4%とわずかに劣ったが、2話では15.2%と数字を上げてきている。テレビ朝日得意の医療ドラマ『DOCTORS3~最強の名医』は、3話連続で14%台を獲得し、安定した力を見せている(視聴率はビデオリサーチ社調べ、関東地区。以下同)。

 局別に見ると、TBSの不調が目立つ。かつて“ドラマのTBS”と呼ばれた面影はなく、期待作『流星ワゴン』は1話11.1%、2話11.7%と伸び悩み、全5作中3作が視聴率1ケタ台に甘んじている。テレビ局関係者が話す。

「ドラマは、その局全体の勢いを現すひとつのバロメーターです。たとえば、TBSの不調は、『あさチャン!』や『いっぷく!』という帯番組が低視聴率なのも影響している。いまや朝の情報番組は、ドラマ宣伝の役割も兼ね備えていますからね。特に初回の視聴率は宣伝量の影響が少なくない。宣伝量とは、“宣伝で出演した番組の視聴率の合計”とも言い換えられるでしょう」

『美しき罠~残花繚乱~』の主演である田中麗奈と若村麻由美は、初回放送日の1月8日、TBSの帯番組に出ずっぱりでドラマの宣伝に励んだが、視聴率は6%に終わった。

「この日の視聴率は、『あさチャン!』が3.4%、『いっぷく!』が2.7%といつも通り良くなかった。『ひるおび!』は6.2%(午後の部)と民放同時間帯2位でしたが、『Nスタ』は放送開始直後の16時前に登場。この時間帯は4%(第0部)。帯番組が弱いTBSの場合、他局と比べると、どうしても宣伝力が落ちてしまいます」

 一方、フジテレビは、全5作中4作が初回2ケタ発進と好調なスタートを切っている。

「局全体としては、不調が伝えられているだけに意外とも言えますが、実はフジの帯番組は今、絶好調なんです。『めざましテレビ』は相変わらず視聴率2ケタだし、『とくダネ!』も常時8~9%近く獲っている。『ノンストップ!』も好調で、この午前中3番組はいずれも同時間帯1位。となれば、TBSとはドラマの宣伝力が断然違ってくる。

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン