スポーツ

PL学園野球部の廃部は既定路線 室内練習場取り壊しの情報も

 センバツ開幕を目前に、4月からも指揮を執るはずだった名門PL学園野球部の監督を務める校長・正井一真(67)が突然解任され、部員や保護者にも衝撃を与えているという。新監督には、PL教団職員で金沢北教会長などを務めた原加寿雄(53)が就任すると報じられている。

 初めて正井に話を聞いたのは、昨年夏に大阪大会決勝で敗れ、新チームが始動した直後のことだった。すでに「校長監督」として1年が過ぎていたが、まだ戸惑いを見せていた。

「野球部とのかかわりはKK(桑田真澄、清原和博)の時代に、ブラスバンドの曲の選定など応援指導を行なったぐらいです。まさか65歳を過ぎて、野球のユニフォームを着るとは思ってもいませんでした(笑い)」

 なぜ学園の責任者として正式な監督を決められないのかと質問すれば、母体である教団(パーフェクトリバティ教団)と、現場の部員や保護者との板挟みに遭う悩ましい心情を吐露していた。

「後任の監督にも信仰心が求められますし、教団の意をある程度、汲んでもらえる方でないといけません。生徒には申し訳ないですが、現在は適任者が見つかるまで“待ち”の状態です」(証言は本誌2014年9月5日号でレポートした)

 昨年10月に、来年度からの部員募集停止を発表すると、一転して正井はだんまりを決め込み取材を受け付けなくなった。

 状況を総合的に判断すれば、もはや野球部の廃部は既定路線だ。学園は新入部員を募集しないだけでなく、1959年に寄付されてグラウンドにした土地の返還を教団から求められ、隣接する室内練習場の取り壊しがすでに決まっているという情報もある。

 プロ野球のキャンプ取材に訪れていたOBに聞くと、「室内練習場が取り壊されることは聞いています」と明かした。

 しかし現役野球部員の保護者は「まったく知りません」という。やはり教団および学園と野球部との間には深い溝がある。

 正井は取材に応じず、代わって校長となる草野裕樹(現教頭、元野球部長)を自宅前で直撃したが、こちらもノーコメントだった。

(文中敬称略)

●柳川悠二氏(ノンフィクションライター)と本誌取材班

※週刊ポスト2015年4月3日号

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン